名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マルタン・プロヴォの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルタン・プロヴォのプロフィール

マルタン・プロヴォ。フランスの俳優、映画監督、作家。俳優として舞台・映画で活動後、映画監督・作家として活躍。『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞を受賞。

マルタン・プロヴォの名言 一覧

私は以前から「創作の謎」に関心を寄せていました。作家になろうがなるまいが、書く行為は誰にとっても非常に重要な意味をもつ。自分が置かれた現状を乗り越えていくための手立てになりうると信じているわけですね。


実在した人物の世界を再現することは、フィクションとはまるでアプローチが異なります。脚本は20稿くらい書き直しましたが、ヴィオレットの著作からの引用をなるべくセリフに活かしました。彼女の小説には、人を惹きつけるインパクトのある言葉がたくさんありますから。


マルタン・プロヴォの経歴・略歴

マルタン・プロヴォ。フランスの俳優、映画監督、作家。俳優として舞台・映画で活動後、映画監督・作家として活躍。『セラフィーヌの庭』でセザール賞最優秀作品賞を受賞。

他の記事も読んでみる

折木良一

東日本大震災の統合任務部隊の指揮官に、陸自で東北6県の責任者を務める君塚栄治総監を充てました。陸自は、普段から地元の自治体や住民と接点があり、人情にも通じている。現場を最もよく知る彼らに、現場のことを任せました。


梅森浩一

いま、あちこちで仕事の仕方を指南する情報が流れています。もちろん、汎用性のある手法は大いに活用すべきでしょう。しかし評価という視点からいうと、必ずしもカリスマの手法があなたの環境で役立つとは限りません。それより、まず社内で結果を出している上司や、できる先輩のマネをする。それが、自分がいまいる場所で成長する最も効果的な方法だといえるでしょう。


堀内信之(経営者)

会長(父)から学んだことは経営というよりもその生き様、生き方と言う方がいいかもしれませんが、やはり「諦めない」というところに尽きると思います。困難にぶつかっても決してへこたれない。これは純粋にすごいなと。


鳥原隆志

上司には手間を持たせず、花を持たせる。行動を起こす前に「ちょこっと相談する」ことが大切。手間のかからない相談であれば、上司は嬉しいもの。このひと手間をかけられるかどうかが、上司に捨てられるか、かわいがられるかの分かれ道。


山田進太郎

とにかく世界を相手にできるサービスを作りたくて、写真共有サイトなど10以上のサービスを作りましたが、ほとんどうまくいかなかったですね。ただ、資金調達の環境がよかったり、作ったサービスを売却できたり、幸運が重なって何とか生き延びていました。


松本大

決断の5割もうまくいかないなら、その人はマネジメントをしてはいけない。すぐにマネジメントする側から退くべき。


野尻哲史

資産形成を考える時に大切なのが、いくらの金額で資産形成をするかです。言い換えれば、毎月2万円を資産形成に充てるのか、それとも3万円なのか、ということです。別の言い回しをすれば、「給料の何%を資産形成に回すか」ということでもあります。米国ではこの目標を15%にすべきだとの考え方も提示されています。比率で考えるのは所得が上がればその分、資産形成に回す資金も増やすことができるという考え方が背景にあります。若い人にはかえって分かりやすいのではないでしょうか。


田村潤

勝つためには1点に集中すること。ビールの消費は圧倒的に家庭のシェアが多いのですが、スーパードライに勝ち目がありませんでした。ならば、少しでも可能性のある料飲店から攻めることにしました。


篠原菊紀

損害回避型はスロースターターだけれど、基本的には時間が経ってもやる気はそれほど低下しない。しかし、仕事に手を付けず溜めていると、やらなきゃいけないというストレスも溜めることになり、コルチゾールなどストレス物質の分泌が増します。ストレスのダメージを受けやすい人たちですから、やる気が低下し、ますます手が付かないという悪循環が生まれる。なので、さっさと始めるのが正解。


南雲吉則

若返りを始めるのは35歳だね。若い時は暴飲暴食も何とかなるけど、35歳過ぎたら手を打たないとまずい。


鎌田實

私が諏訪中央病院に来た当時の長野県は全国で2番目に脳卒中が多く、中でもこの病院がある茅野市は県内で脳卒中の死亡率が最も高かった。脳外科を充実させ、運び込まれてくる患者さんの救命に医師もスタッフも一同必死に取り組みました。救命率は徐々に上がっていきました。医師として病院の評判をもっと上げるには、高額な医療機器を入れてさらに救命率を上げるという選択肢もあった。だが脳卒中の場合、救命できても障害が残る。「なんで俺を死なせてくれなかったんだ」と患者さんに泣かれることもありました。そうした中で、そもそも脳卒中で倒れないようにする方が住民の皆さんにはありがたいはず、と考えるようになりました。


パトリツィオ・ディ・マルコ

重要なのは、どの市場でもそこでリーダーとなった者が、自分は一番だと慢心していると、いつかは誰かが後ろからやってきて、その座を奪うということです。