名言DB

9412 人 / 110637 名言

マルセ太郎の名言

twitter Facebook はてブ

マルセ太郎のプロフィール

マルセ太郎、まるせ・たろう。日本のパントマイム芸人、俳優、劇作家。大阪出身。高校卒業後上京。俳優座養成所の試験に落ちたのち、パントマイムに出会う。パントマイマー「マルセル・マルソー」にちなみマルセル・タロー(のちにマルセ太郎)の芸名でパントマイム芸人として活躍を開始。多くのファンを得た。主な著書に『芸人魂』『奇病の人』など。

マルセ太郎の名言 一覧

日本はしょうもない競争をやっています。誰かと比較したうえでの競争をやらせる。このクラスで誰が一番かと。この競争の最もいやらしいところは、必ず隣り近所を相手に競争させることです。遥かに超えた人間とは競争させないのです。


マルセ太郎の経歴・略歴

マルセ太郎、まるせ・たろう。日本のパントマイム芸人、俳優、劇作家。大阪出身。高校卒業後上京。俳優座養成所の試験に落ちたのち、パントマイムに出会う。パントマイマー「マルセル・マルソー」にちなみマルセル・タロー(のちにマルセ太郎)の芸名でパントマイム芸人として活躍を開始。多くのファンを得た。主な著書に『芸人魂』『奇病の人』など。

他の記事も読んでみる

大島武(学者)

怒られたら、すぐに謝る。何度でも謝る。当たり前にやりがちなこの行動こそが、余計に相手の怒りを買うのです。ならば、どうしたらいいか。答えは、相手の怒りが収まるまで、神妙な面持ちでひたすら待つ。すると、相手がなかなか謝らないことに業を煮やし、「いいか、オレが言いたかったことはこうだ。わかったか!」と結論を言う。そのときに、はじめて深々と頭を下げながら「申し訳ございません」とひと言。この謝罪の言葉を使うタイミングが重要。


安岡正篤

どんな忙人にでも、寸陰というものはある。ちょっとした時間というものは必ずある。そのちょっとした時間をつかむのです。これに熟練をすれば、案外時間というものはあるものです。寸陰を惜しんでやっていると、その寸陰が、長い時間と同じ、あるいはそれ以上の値打ちを生じてくる。


黒田武志

トヨタを辞めたとき、ひとつの会社に定年まで勤め上げるという価値観の両親からは猛反対されましたが、「自分の人生だからチャレンジさせてほしい」と説得し、最終的には納得してもらいました。


生月誠

変な完璧主義を拾てることが大切。「片付けられない人」というのは、意外に完璧主義者だったりします。とにかく大雑把なところから始めてみましょう。細かいところまで全部きちっとしようなどと思わないこと。ちょっとやる、ちょっとやる、をくり返すことが大切。


澤田秀雄

会社というものは結局、人材次第。まずは上層部の人間をきちんと育て、それから一般の社員を育てる必要がある。


長嶋由紀子

女性にはもっともっと活躍してほしいです。能力において性差はないのですから。ただ女性のほうが自分に正直で仕事の中でアイデンティティを傷つけられると、職場を去ることに躊躇しなかったり、真面目すぎて予定通りいかないことをのみ込めなかったりする傾向が見られます。この2つが、会社のトップに女性が少ない原因だと私は考えます。良い意味での鈍感シールドをかぶらなくては、進んでいけない時があることを覚悟しましょう。


小笹芳央

「変わらなければいけない時」、つまり人事異動をいい機会だと考えてください。ここで「自分の棚卸し」をするのです。今までの自分を振り返り、強みと課題をリストアップしてみましょう。


中井政嗣

私は目標や志を積み重ねることで、少しずつ前に進んできたというのが実のところだ。


菅野宏三

定年後に安定した仕事に就く人のほとんどが、今いる会社からの誘いか、知人の紹介です。「○○さんには定年してもこの職場にいてほしい」と今の部下が上司にかけ合ってくれるか、他部署から「定年になったらうちの部署を手伝ってほしい」とお声がかかる。あるいは「辞めるなら、うちの会社に力を貸してほしい」と営業先や取引先から声がかかることで再就職先が決まっています。だから私はよく「自分の周りが求人票」だと言っているのです。


牛島信

大人になってからは、圧倒的に仕事をしている時間、会社で過ごす時間が長い。だから、自由時間のために嫌々仕事をするのは、不合理です。仕事に楽しさを求めるべきだと思っています。


田中角栄

政治家、リーダーというものは、最後は51%は公に奉ずるべき、私情は49%に止めておくべきだ。公六分で決断した場合、仮に失敗しても逆風をかわすことができる。私情優先では、同情の生まれる余地はない。


川野幸夫

経営者が偉すぎるのは良くない。「あの人の言うことを聞いていれば間違いない」「言うことを聞かなければならない」という観念に縛られ社員が考えなくなる。


井上礼之

決断力は、どんなポジションで仕事をしている人にも求められることです。そして今の時代は、そこにスピードも求められています。大切なのは、頭で考えるより、体を動かすことを優先させることです。走りながら考えることを意識するだけで、スピード感を持って仕事ができるようになります。


古賀信行

インターネット全盛のいまは、誰かに尋ねるよりも、クリック一つである程度の知識、データを比較的簡単に得ることができます。かつて、書物や資料を探して、目的項目を見つけるという作業では、かなりの時間が必要でしたが、インターネットの普及で時間の問題は解決しました。半面、人に聞くことの効用まで奪ってしまいました。私もインターネットを利用しますが、主に統計データなどを探す程度にしています。やはり、わからないことはできるだけ人に聞くようにしています。


西岡喬

自分一人が売ったところで、何の意味もないと思ってしまっては駄目です。社員全員が売ろうという気持ちで一丸になれば、目標をしっかりと達成することができるのです。