マルセル・ビジャールの名言

マルセル・ビジャールのプロフィール

マルセル・ビジャール。フランス陸軍大尉。最終階級は中将。第二次世界大戦、第一次インドシナ戦争、アルジェリア戦争に従軍し、パラシュート部隊の指揮を執った。敵地にパラシュートで潜入、攪乱する戦いを得意とした。何度も絶体絶命の状況に陥るも不屈の精神で生き残る。戦場から離れたのちは、フランスのジャンヌダルク海岸でパラシュート部隊の教育にあたった。士官学校を出ずに中将まで上り詰めた叩き上げの軍人

マルセル・ビジャールの名言 一覧

可能なら実行する。不可能でも断行する。


マルセル・ビジャールの経歴・略歴

マルセル・ビジャール。フランス陸軍大尉。最終階級は中将。第二次世界大戦、第一次インドシナ戦争、アルジェリア戦争に従軍し、パラシュート部隊の指揮を執った。敵地にパラシュートで潜入、攪乱する戦いを得意とした。何度も絶体絶命の状況に陥るも不屈の精神で生き残る。戦場から離れたのちは、フランスのジャンヌダルク海岸でパラシュート部隊の教育にあたった。士官学校を出ずに中将まで上り詰めた叩き上げの軍人

他の記事も読んでみる

樋口武男

伸び伸びと意欲的に働けるような環境作りや指導が大事。押さえつけて指示を出しても、それでモチベーションが上がるかといったら、そうではない。納得しないと人のモチベーションは上がらない。


豊田章一郎

ものの事実は手でつかむことだ。読むだけ、見るだけではわからない。


益本康男

世の中、何が起こるか分からない。「生きている限り頑張ろう!」としか言えません。


川野幸夫

お客様のことを考えれば考えるほど、謙虚になっていく。お客様からいつも鍛錬をされているのが小売業の良いところ。


矢野博丈

人は褒められて伸びるという声もあるけれど、それはウソだろう。たしかに褒められたときには嬉しくて一時的に頑張るかもしれない。でも継続はしない。ならば、もう一回褒めたらどうなるか。今度は頑張るんじゃなくて、調子に乗り始める。褒め続ければ人を堕落させてしまう。もちろん、本当に褒めたいときには素直に褒めたらいい。だけど、人を育てようとして褒めるのは逆効果。


石倉洋子

そもそも人は、同じ環境にいるとチャレンジを怠るという習性を持っています。ひとつの部署に3年間いると、仕事をすっかり覚え、決まったパターンで仕事をこなすようになってしまいます。世の変化はめまぐるしい。だからこそ、仕事のやり方を常に新しく変革していくべきなのです。


遠山正道

人に言われて始めたものは、うまくいかなくなった時に情けない気持ちになる。それよりも「それができたらうれしい」というものをやった方がいいと思います。


赤羽雄二

頭の中の漠然としたイメージをとにかく言語化する。そこから思考が始まります。メモはそれに最適の方法。


丹羽宇一郎

部下と信頼関係を築くことができなければ、上司としても失格。


村木厚子

仕事や育児で切羽詰まって、「もうダメだ!」とパニックになりかけたことが、それまでの人生で何度もありました。その問題を解決するために、何から手を着けていいか、分からない。そんな時、「今、何ができるのか」をリストアップしていくと、物事が整理されて、不思議と心が落ち着きます。


前田修司

私のデスクの前には20から30人のスタッフがいます。毎朝8時から定例会議をしますし、私が電話で話す内容も部屋にいる全員がきちんと聞いています。あるテーマについて私が話していれば、担当者が必死でメモを取ります。私は全員に聞こえるようにどんどん話し、大部屋の中ですべて共有するようにしているのです。


豊田圭一

部内や社内に手本になる上司や先輩がいれば、彼らと積極的に話をしたり、仕事の仕方を真似て見たりすることをお勧めします。真似をすることで仕事の基本を学び、そのうえで自分のカラーを出していくようにすればいいのです。


張瑞敏

人間は誰も、波澗万丈を自らは望みません。ですが、外部の環境変化は襲いかかります。


藤冨雅則

一件断られても引きずらないこと。次に会うのは断ったお客様とは別人ですから、心のリセットが大切です。


小山昇

自分の仕事や部署の数字を知っているだけでは駄目です。様々なデータと成績を分析して重要な成功要因を見つけてこそ、初めて数字を読んだといえます。因果関係を見つけ出すことが、数字を読むということなのです。


ページの先頭へ