名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マルシリオ・フィチーノの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルシリオ・フィチーノのプロフィール

マルシリオ・フィチーノ。ルネサンス期の人文主義者、哲学者、神学者。ルネサンス期に開かれたプラトン・アカデミーの中心的人物。プラトン全集の翻訳を行い、ネオプラトニズムのきっかけをつくった。

マルシリオ・フィチーノの名言 一覧

人間はあらゆる生物の生命を生きることによって、どんなものにもなれる。


第三の本質(霊魂)は、最高のものをつかみながら最低のものも放さない。なぜなら、どちらかを放してしまうと、どちらかに傾いてしまうからだ。そうなったらもう万物の真のつなぎ目ではなくなってしまう。


マルシリオ・フィチーノの経歴・略歴

マルシリオ・フィチーノ。ルネサンス期の人文主義者、哲学者、神学者。ルネサンス期に開かれたプラトン・アカデミーの中心的人物。プラトン全集の翻訳を行い、ネオプラトニズムのきっかけをつくった。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

勉強したことが身についたかどうかを確認する意味でアウト・プットすることも大事。これぞと思う本は、読んだ後で「まとめ」を自身で作ると、著者の考えに近づき、要点を見抜く力もつく。私は部下に読んだ本のことを話させることがあります。自分でわかったと思っていても、アウトプットすると理解しているかどうか一目瞭然です。わかったのではなく、自分の能力の範囲でわかったつもりになっていることも少なくないからです。


長沼毅

若い頃は、成果を求めてひたすらガムシャラに突き進むスタイルでした。成果がすべて。科学者にとって成果とは、論文が認められることと、より多くの研究費用を得ること。ビジネスマンと同じ。売上や結果を出して、給料アップするのが目的みたいな……。調査船をチャーターしたり、潜水船に乗り込む必要がある僕のような研究は、特に費用が必要。だから僕は、多くの資金を得られる研究者が偉い、値打ちがあるんだと勘違いしてた。根底にあったのは、焦りでした。無駄足を楽しめるようになったのは40歳を過ぎてからですね。


三浦孝之(職人)

何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。


神吉武司

よい社風をつくるには社長が率先垂範すること。また、「節約すれば、社員たちにどういう利益があるのか」が目に見えるかたちでわかる仕組みづくりが不可欠。


泉谷しげる

男は、宵越しの体力は持っちゃいけないよ。明日までとっとこうなんて考えんじゃねえぞ、このやろう。一個限界を超えると、自分でも知らなかった力が伸びてくるもんなんだよ。


ケリー・マクゴニガル

自分に対して思いやりの気持ちを持つことは、力強さの源泉であり、サービス精神を発揮するための源です。最も素晴らしいリーダーは、自分の幸福を大事にする人だと断言できます。自分の健康や幸せを犠牲にするリーダーは、メンバーも同様にそうすべきというメッセージを発信しているようなものです。


寺島進

なにもしないほうがいいですよ。僕も最初のころは、あれこれ考えていたりしてたんだけど、結局、緊張してなにもできないでいたら、それがいいって言われましたから。なにもしないで、自信なさ気にしていた方がいいですよ。


遠藤拓郎

平日は7時起床の人が土日に昼近くまで寝てしまうと、体内時計が遅れてしまい、月曜にいつも通り7時に起きるのが辛くなります。人間の体内時計はもともと遅れやすく、1日遅れると取り戻すのに2日かかります。もし土日に遅れが生じたら、取り戻すのに木曜日までかかる。休日明けの出勤をしんどく感じるのは、体内時計のズレも影響しています。


森田直行(経営者)

JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


中島孝志

借りを作ることを恥ずかしい、相手に弱みを見せると思う人もいますが、それは大きな間違い。貸す側からすると、相手を信用しているからできることで、ダメな人間にはびた一文出さない。だから、胸を張って借りればいい。


岡本満夫

アメリカに赴任したとき、日本の家を売って、ロサンゼルスで家を買いました。「そこまでしなくても」と周囲は驚きましたが、初の海外生産を成功させるため、なるべく現地に密着したかった。


堀之内九一郎

全力を尽くし、自分のすべてをかけたとき初めて、人は物事をなし遂げることができます。もしあなたが何かしらの逆境に身を置いているのだとしたら、それはまさにチャンスです。あながた抱く目標に一直線に突き進むことのできる絶好のチャンスだととらえて、野良犬のように脇目も振らず邁進してほしい