名言DB

9419 人 / 110788 名言

マルコ・カッシスの名言

twitter Facebook はてブ

マルコ・カッシスのプロフィール

マルコ・カッシス。イタリア人経営者。欧州の大手半導体メーカー「STマイクロエレクトロニクス」日本法人社長。イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ出身。ミラノ工科大学卒業。SGSトムソン・マイクロエレクトロニクス(のちのSTマイクロエレクトロニクス)に入社。日本法人オーディオ&オートモーティブ部門担当ディレクター、自動車・コンピュータ周辺機器・テレコム製品マーケティング部門担当副社長などを経て日本法人社長、本社副社長を務めた。

マルコ・カッシスの名言 一覧

生き残るには常に市場の成長エンジンを見つけて、他社よりも速く走らなければなりません。


よく「スピードが大事」と言いますが、他の人も走っていることを忘れがちです。『鏡の国のアリス』ではないですが、他社と同じスピードで、しかも業界全体と同じ方向に走っていては駄目なのです。


経営を持続可能にするために大切なことは2つあります。まず健全な財務状況をしっかり維持すること。そして、イノベーションを決して止めないことです。これら2つをバランスよく実行していくこと、どちらが欠けても駄目です。


これまで当社は、マイコン、センサー、通信IC、アナログICなど、幅広い製品ポートフォリオを展開してきました。以前は対象分野が広すぎると指摘されることもありましたが、IoTの時代になり、このポートフォリオの広さが、強みとして認められるようになりました。


マルコ・カッシスの経歴・略歴

マルコ・カッシス。イタリア人経営者。欧州の大手半導体メーカー「STマイクロエレクトロニクス」日本法人社長。イタリア共和国ヴェネト州トレヴィーゾ出身。ミラノ工科大学卒業。SGSトムソン・マイクロエレクトロニクス(のちのSTマイクロエレクトロニクス)に入社。日本法人オーディオ&オートモーティブ部門担当ディレクター、自動車・コンピュータ周辺機器・テレコム製品マーケティング部門担当副社長などを経て日本法人社長、本社副社長を務めた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

飛び込んで打球をキャッチして、ユニフォームを泥だらけにしている野球選手はたしかに頑張っているように見えますし、ファインプレーだと称賛を受けることもあるでしょう。一方、本当にうまい選手は最初から打球がきそうな位置に守備位置を取っている。そして簡単に捕球してヒョイと送球する。これはファインプレーには見えません。つまり、本当にできる選手にはファインプレーはないのです。


山下徹

3年間にわたり量と質を追求してきた結果、量の面では目標を達成できました。しかし売上が大きく伸びる一方で、プロジェクトごとの個別最適が優先され、規模の力が全体として質の向上に結びついていませんでした。質の面で遅れを取り戻すために、再度『お客様満足度ナンバーワン』を目標に掲げました。


深町秋生

私はろくに古典とか読んでいないんですけど、それでもシェイクスピアの悲劇が好きで、常にそうした人間の葛藤を描きたいと思っているんです。己の、欲望のままに突き進むか、それとも法律や掟を守って生きるか、そういう話に惹かれる。


羽生善治

この先どうなるか、どう行動するかということは、そんなに深くは考えていません。ただ、そのときそのときの情勢に合わせていこうとは思っています。将棋のスタイルにしても、将棋界の情勢に合わせて変えていこうと思っています。とくに、いまからこうしようという考えはありません。


坂本史郎

企業選びの一つの考え方として、「大企業」か「ベンチャー」か、というものがあるかと思います。両方経験している者からすると、大企業は「待ち」の姿勢にならざるを得ないことが多いです。若いうちからその「待ち」の姿勢に慣れてしまうと、年齢を重ねるほど能動的に動く習慣が身につきにくくなります。


山崎元

「自分が何を売っていて、誰が顧客であるのか」を真剣に考え、定義しよう。


落合信彦

これからいろんなトラブルに出会うだろう政治家に言いたいのは、醜い姿の己を直視して、困難な道を選択すること。逃げるも立ち向かうも、結局最後はそれで自分が許せるかという誇りの問題なんだよ。


吉田松陰

自分を正しくして、その後で人を教えるのであれば、どうして従わない人がいるであろうか。


岸見一郎

他人をタイプ分けしている人は、相手をよく見ていないことが多い。親に「あなたは○○な子だから」と決めつけられて嫌な思いをした経験はありませんか? こうした決めつけはよくありません。


内田恒二

なぜ、残業が日常化するのでしょうか。多くの場合、問題を解決してもすぐ別の問題が起きてモグラ叩き的に仕事に追われるからでしょう。キヤノンでは開発部門が多く、横の連携が取れないと仕事はスムーズに進みません。カメラの開発にしてもメカ、画像、電気、レンズなどの各担当に横串を通してプロジェクトを組み、さらに生産技術、製造などの連携の輪が広がっていきます。誰かに仕事の負荷が偏り、解決すべき課題が滞ると、関連部門の仕事も滞ります。それが連鎖的に起きると、みんながモグラ叩きに追われ、火消しに走り回らなければならなくなってしまうのです。