名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カール・マルクスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カール・マルクスのプロフィール

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

カール・マルクスの名言 一覧

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦を厭わない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがある。


すべては疑いうる。


自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある。


最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。


あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる。


不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない。


豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。


「何をするにも最初が肝心」という格言は、どんな学問にもあてはまる。


歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ。


汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。


人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。


労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう。


宗教は人民のアヘンである。


カール・マルクスの経歴・略歴

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

他の記事も読んでみる

渡邉幸義

雇用されないのではなく、雇用する側が忌避しているにすぎない 過去を問わない採用を続けていくうちに、あることに気づいたのです。それは、成果を出してくれている社員の中に、何らかの障がいを持っていたり、当社に来るまではきちんとした職につけていなかったりした人たちが、おおぜい含まれているということでした。(ニートやフリーター、障害者などの)就労困難者というのは、仕事ができないから雇用されないのではなく、雇用する側が忌避しているにすぎないということを知ったのです。


ジェイ・エイブラハム

顧客のことをカスタマーではなくて、クライアントとしてみるべきだと思っています。どんな会社にしてもそうみるほうがよいと考えています。ここには違いがあるのです。現代社会では、企業の存在意義さえコモディティ化(均質化)し、一般消費財のようになりました。私のミッションは、クライアント全員を卓越した存在にすることです。そのためには私がクライアントにとってだれよりも卓越して信頼される存在にならなければなりません。だからこそ私は顧客をカスタマーではなく、クライアントと考える必要があると思います。辞書を見ると、カスタマーが意味する顧客とは、製品あるいはサービスを買う人、それだけのことです。顧客をクライアントと呼ぶことで、顧客が自分によって守られ、ケアされる関係になるのです。


矢部輝夫

地道に当たり前のことを当たり前のようにやってくれるから会社が成立しています。だから、当たり前のことを褒める必要がないと言うのは違う。


守島基博

人事上の意思決定には、現在と未来のバランスはつきものだ。例えば、人材育成で重要だとされている「修羅場を経験させて人を伸ばす」というのは、端的に言えば、優秀な人に苦労をさせるということである。本人がどう思うかによるが、直近だけを見れば、ネガティブな処遇だと誤解されるかもしれない。


熊坂隆光

ネットに重点を置くことが新聞にとってマイナスになる、ネットは敵対する関係だなどとは考えていません。独自の特ダネでも新聞の場合は、ネットに先に流してもそんなに影響はないと考えています。東京本社は夕刊がないので、その分をネットでカバーすることも新聞にとってプラスになっています。


本田健

60歳を迎えたとき、お金はあるけど毎日がつまらないという状況は避けたいものです。人生の目的は何なのかをこの時期にもう一度問い直して、ハッピーな老後を迎えてください。


澤上篤人

長期投資家にとって大事な5年後10年後の投資価値の高まりとなると、やっぱりその企業が「いま現在そして将来も需要が伸び続けるであろう長寿商品をどれだけ持っているか」がポイントとなってくる。そういった自社の商品を大事に育て上げ、どんどん磨きをかけている企業はいつの時代でも強い。いってみれば、地道な商売に徹して顧客から厚い信頼を得ている企業は、我々長期投資家にとって5年先も10年先も安心して付き合える相手である。


永谷研一

自分の行動を振り返るときに気をつけていただきたいことは「できたこと」に意識を向けること。人の脳は、欠点や不足といったネガティブな部分を強く認識するようにできています。ですから、単に振り返りをするだけでは、「やろうと思ったのに、できなかった」という失敗体験ばかりが積み重なることになり、新しい習慣を身につけるのを諦めてしまう。


富田直美(経営者)

なんでも楽しむ。それが一番。


澤田秀雄

売り上げを出すのは人間ですから、社員のやる気向上と適材適所に懸かっています。やる気と能力のある人が適切なポストについていれば、何も案ずることはありません。


小池利和

プレッシャーに耐えて改良を重ねるだけの粘り腰があるか。我々経営陣は技術者に厳しく問います。技術者が少々の失敗でへこたれないかを試すため、新しいアイデアをあえて突っぱねる。当社にはそうした文化があるのです。


梅澤高明

プレゼン資料を作るときは、「相手は誰で、届けるべきメッセージは何か? 獲得したい目標は何か?」をまず考える。クライアントへの提案、一般聴衆向けの講演、テレビでの一分間のコメントと、シチュエーションが変われば目標も異なり、その結果、適切な伝え方も変わってきますから。