名言DB

9490 人 / 112001 名言

カール・マルクスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カール・マルクスのプロフィール

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

カール・マルクスの名言 一覧

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦を厭わない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがある。


すべては疑いうる。


自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある。


最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。


あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる。


不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない。


豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。


「何をするにも最初が肝心」という格言は、どんな学問にもあてはまる。


歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ。


汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。


人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。


労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう。


宗教は人民のアヘンである。


カール・マルクスの経歴・略歴

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

他の記事も読んでみる

菊地敬一

ヴィレッジヴァンガードは現在国内に400店舗弱を数えますが、その最大の特徴は、チェーン・オペレーションではないところですチェーン・オペレーターが考えることは、まずマーケットを1000億とかって見込んで、そこからドミナント方式で店舗を量産していくことです。それで、名古屋の商圏制覇、次は東京の商圏……、と面をおさえにかかります。でも僕らはチェーン・オペレーションじゃないから、店はどこにあってもいい。名古屋の次が釧路でもいいわけです。面をおさえるために競合と戦うこともないから、まさにブルーオーシャンだったんですよ。


キケロ

人生を支配するのは幸運であって、英知ではない。


吉村崇

「失われた20年」って言葉って大嫌いなんです。いま36歳だけど、「その中で20年も失われてんかよ」って。そんなわけないだろう。「こっちは36年生きてきたんだ、ふざけんじゃねえよ」って。だから、もうバブルが来るのを待ってるんじゃなくて、自分からつくってやろうと、一人バブルをやってるんですよ。


舛田光洋

カバンの中のアイテムは仕事の武器といえます。優秀な人は使える武器を厳選し、必要なモノしか入れません。成績が悪い人はその逆。


渡部卓

ストレスの時代では、誰もがパワハラと誤解されるリスクもある。


前川曜

農業では生産者の顔が見えるという価値が認められているが、プロダクトでも同様につくり手の顔が見えるものづくりをしたい。


水谷健彦

いいアイデアを出すには妥協しないことが大事。


菅野寛

ビジネスという競争の世界では「がんばれば報われる」と言うけれど、そもそも競争の土俵に上がりたくても上がれない人がいるということまで考えられる人になるよう、学生たちを徹底的に教育しています。


佐藤優

判断が遅い人は、仕事にもムダが多い。たとえば書類やものを探すのに異常に時間がかかったりする。机の上が整理されていないということは、頭の中が整理されていないということです。何が取ってあって、何を捨てたかということさえも、曖昧なわけです。


舘神龍彦

手帳は予定管理に使うだけでなく、「やったこと」を記録するログとしても活用できます。行動を振り返ることで、どの作業にどれだけの時間や労力を費やしたかというコストが算定できるからです。


安田隆夫

私の唯一の願いは、「わが子ドン・キホーテ」が30年先、50年先も隆々と繁栄し続けていること。そのためにも、ドンキは私から親離れを、私はドンキから子離れしなくてはならない。


諸井貫一

企業経営は、大量生産だ、オートメーションだといわれる時代になればなるほど、かえってモラルを必要とするのではあるまいか。いまはPRの時代だという。たしかに世をあげて広告宣伝の時代になったが、それだからこそ本当に責任のもてる商品をつくらなければならない。