名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マルクス・アウレリウス・アントニヌスのプロフィール

マルクス・アウレリウス・アントニヌス。第16代ローマ皇帝。ストア派を代表する哲学者。五賢帝時代最後の皇帝。学問を好みストア哲学を生涯実践したため「賢人皇帝」と讃えられた。著作は『自省録』という名で現在も出版されており、フリードリヒ2世、ジョン・スチュアート・ミル、ゲーテ、温家宝などに大きな影響を与え、今なお多くの人々に愛読されている。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの名言 一覧

他人の厚顔無恥に腹が立つとき、ただちに自問してみなさい。「世の中に恥知らずの人間が存在しないということがあり得ようか」と。そしてそれに「あり得ない」と答えるだろう。それならば、あり得ぬことを求めてはいけない。


未来を思い煩うな。必要あらば、現在役立ちうる知性の剣にて十分未来に立ち向かわん。


死は感覚の休息、衝動の糸の切断、心の満足、または非常招集中の休止、肉への奉仕の解放にすぎない。我々が死によって失うものは時間のわずかな一部、現在の一瞬のみ。


幸福は、その人が真の仕事をするところにある。


人生は闘争にして、仮の宿なり。


罪を犯す者は、己自身に対して犯すなり。不正の人は、自ら己を悪者にする意味において、己の不正の犠牲者なり。


最も完全な復讐は、侵略者の真似をせざることなり。


忍耐は正義の一種なり。


存在するものは、変化のためにのみ存在することを忘れるな。宇宙の大自然にとりて、旧秩序や姿を変えて旧秩序に似せて新しいものを作るほど楽しいものはない。


人生競争において、肉体がなお立場を守っているのに、魂が気絶するは魂の恥辱なり。


幸運がもたらす富や順境は素直に受け入れよ。ただし、それを手放すときは渋るべからず。


目的なしに行動するな。処世の立派な素晴らしき原則が命ずるよりほかの行為をするな。


いかなる自然も芸術に劣らず。芸術の仕事は、すべて自然の物事を真似ることなり。


巣箱の利益にならざることは、ミツバチの利益にもなり得ず。
【覚書き:社会・国家と個人との関係について語った言葉。巣は社会や国を、ミツバチは国民をあらわしている】


苦しみは、苦しむ者がその限界を知り、その恐怖に想像を加えさせざれば、耐えられぬこともなく、かつ永続するものにあらず。


名声を追う者は、他人の行動に己自身の善を置く。快楽を追う者は、善を己の官能に置く。賢者は己の行いに善を置く。


今日、私は自分の問題から抜け出した。いやむしろ、問題を自分の元から放り出したのだ。問題は私の外にあったのではない。私の中に、言ってみれば私の主観を原因とするものだったからだ。(マルクス・アウレリウス、パクスロマーナ期のローマ皇帝、ストア派の代表的哲学者、哲人皇帝、ローマ5賢帝のひとり)


幸福な人生を送るのに必要不可欠なものなどほとんどない。それはすべてあなたの内部、あなたのものの考え方の中にある。(マルクス・アウレリウス・アントニヌス、第16代ローマ帝国皇帝、ストア派学者)


マルクス・アウレリウス・アントニヌスの経歴・略歴

マルクス・アウレリウス・アントニヌス。第16代ローマ皇帝。ストア派を代表する哲学者。五賢帝時代最後の皇帝。学問を好みストア哲学を生涯実践したため「賢人皇帝」と讃えられた。著作は『自省録』という名で現在も出版されており、フリードリヒ2世、ジョン・スチュアート・ミル、ゲーテ、温家宝などに大きな影響を与え、今なお多くの人々に愛読されている。

他の記事も読んでみる

一川誠

仕事ができる人の共通点として、他人に物事を任せるのが上手いことが挙げられます。求められるのは、仕事を他人に頼むときの「あなたに任せた」という適当な広い度量。そして、他人の仕事への繊細な評価なのです。繊細さや適当さが、そのように上手くハマっている人こそ、できる人といえるでしょう。


三谷宏治

決断の精度とスピードは二律背反の関係にあると多くの人は思っているようです。しかし、決断のスピードと質は、同時に高め得るものなのです。というのも、なかなか決められないというのは、ほとんどの場合、必要なことをじっくりと考えているというより、思考の仕方が適切でないのが原因だからです。そうなると思考に無駄が多いから時間ばかりかかって、そのかわり答えの精度は低いということになってしまいます。


稲盛和夫

今の仕事が「嫌だ嫌だ」と思っていたら、それが原因となり、結果としてモチベーションなど上がるわけがありません。成績も悪くなり、いい評価などもらえないでしょう。人生は強く思ったことが現象となって表れる。だから、今の仕事を好きになることが大切。


永守重信

私は欲しい会社しか要りません。ただ単に儲かっているから、会社の規模が大きいからという理由だけでは買収先を選びません。


堀場厚

新工場には、会社のほぼ中央に位置する場所に、吹き抜けの階段と談話スペースを作りました。コミュニケーションを取りやすくしたのです。エレベーターでなく階段を使うと、健康にもいいですしね。


宗雪雅幸

我々のようにグローバルに投資する場合には一件で100億、200億すぐかかる。その意味では人間を含めた投資設備型の産業です。企業は成長と安定が大切です。そのためには次に必要なものが何かを常に考え、投資する必要がある。


伊佐山元

シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「現地のスタバヘ行けば、コーヒー1杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。


夏野剛

僕はね、日本はそんなに捨てたもんじゃないと思っています。日本が駄目なのは、適材・適所をしなかったこと。よく考えたら同じ会社に30年勤めるなんて99%の人は合わない仕事をしてるってことですよ。雇用環境は厳しくなっていますが、昔に戻ることはできないし、戻る必要もない。


亀山敬司

上場企業では社運を賭けた大プロジェクトなんて誰も望まない。無事、次の人にバトンを渡すのが良い経営者なわけです。「イノベーション」と言った途端に「そんな金があるなら配当しろ」と株主に怒られる。


白洲次郎

将来の日本が生きて行くに大切なことは、全部なら一番いいのだが、なるべく多くの人が、日本の国の行き方ということを、国際的に非常に鋭敏になって考えて行くことだ。今度は、自己中心の考え方をしたらいっぺんに潰されてしまう。


辻村深月

姉妹で育ったので、これまで私の生活には男子の感覚がなかったんですが、今は息子やその友達を通じて、男子のものの考え方やとらえ方みたいなものを吸収しているところがあって。男でも女でも10歳がむずかしい年頃であることには変わりありませんが、もし今作(『青空と逃げる』)で描いていたのが娘なら、もっと饒舌な物語になっていたでしょうし、逃避行中も始終、母親と喧嘩ばかりしていたでしょう。女の子って、心を閉ざすときも開くときも言葉が先に出がち。だけど男の子は、びっくりするほど自分の内面をしゃべらない。女の子に比べて成長がゆっくりに感じられる反面、言葉を必要としないところでいつのまにか成長していたりする。


北尾吉孝

自分に起きたことはみな天の配剤だと思って受け入れる。これは私の考え方の基本にあるものです。だからクヨクヨ悩んだりもしません。たとえば、ある会社を買収しようとして上手くいかなかった場合、「ああよかった。これはきっと天が買収しない方がいいからと、そう仕向けたんだ。買収したら何か問題が起こったに違いない。そんなことに資金を使わずに済んでよかった」と考えます。