カール・マルクスの名言

カール・マルクスのプロフィール

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

カール・マルクスの名言 一覧

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦を厭わない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがある。

すべては疑いうる。

自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある。

最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。

あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる。

不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない。

豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。

「何をするにも最初が肝心」という格言は、どんな学問にもあてはまる。

歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ。

汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。

人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。

労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう。

宗教は人民のアヘンである。

カール・マルクスの経歴・略歴

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

ページの先頭へ