カール・マルクスの名言

カール・マルクスのプロフィール

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

カール・マルクスの名言 一覧

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦を厭わない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがある。


すべては疑いうる。


自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある。


最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ。


あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる。


不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない。


豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。


「何をするにも最初が肝心」という格言は、どんな学問にもあてはまる。


歴史は繰り返す。最初は悲劇だが、二番目は茶番だ。


汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。


人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。


労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう。


宗教は人民のアヘンである。


カール・マルクスの経歴・略歴

カール・ハインリヒ・マルクス。ドイツの哲学者、思想家、経済学者。プロイセン王国統治下のトリーア出身。ボン大学、ベルリン大学で学んだのち、イエナ大学で哲学博士号を取得。『ライン新聞』編集長を務めていた24歳のとき、生涯の相棒となるエンゲルスと出会う。その後、ヨーロッパ各地を転々としたのちロンドンにて『資本論』の執筆を行った。

他の記事も読んでみる

兼本尚昌

日本人はつい「きちんと仕事をしていれば、必ず誤解は解ける」という甘い見通しを持ってしまいがち。しかし実際には、本人が釈明しないかぎり誤解は解けません。


松本大

十年ほど前に、ある有名なコンサルティング会社での講演を頼まれたことがあります。役員から新人まで、たしか約60人ものコンサルタントに向かって、なんでもいいから話をしてほしいということでした。これには困りました。みんな優秀な人たちですし、経験も豊富。新人は、経験は少ないとはいえ、かなりの勉強をしているでしょう。どんな話をすれば、彼らは耳を傾けてくれるのか? そこで私は、演台に立って最初に「どんな話が聞きたいですか?」と質問をすることにしました。そして、20ほど出てきた質問をいくつかのグループにまとめて、そのそれぞれについて話したのです。これは少しズルい方法かもしれませんが、満足していただける講演になったのではないかと思います。


坂戸健司

使えない名刺を持っていてもムダ。年末に年賀状を出し、返事が来なかった人の名刺は捨てましょう。ただ、名刺を捨てることには心理的な抵抗が強い。私も、すぐには捨てられません。いったん箱に入れて事務所の奥にしまい込み、「捨てたも同然」という扱いにします。1箱1000枚程度入る名刺ケースを使えば、大して場所は取りません。


高島徹治

資格の最大の効用とは「ハロー効果」です。ハローとは「後光」という意味で、その人にプラスの特徴が一つでもあると、全体的にプラスに見えてくるというもの。テレビに出てくるコメンテーターの肩書きに「弁護士」や「ファイナンシャルプランナー」などとあると、コメントに重みを感じるのも同じ原理です。


桃谷誠一郎

いくら品質の良い製品でも、実際に使ってもらわないと良さが分からない。だから、中身を開発するのと同じぐらいに、伝える力を大事にしている。


田中健二(経営者)

その場しのぎで本質的な議論をしないと信頼を失う。


サイモン・クーパー(経営者)

セクションの壁を越え、従業員がラテラル(水平)に連携し、最高のチームワークを発揮してこそ、お客様の心に残る特別なサービスを提供できるのです。


出口治明

僕は、保険の業界紙に載せる論文を部下に書かせていました。締め切りは奇数月。それで「何月締め切り分をやりたいか」と聞いてみる。とくに誰からも手が上がらなければ、あみだくじで何月分を担当するか決める。嫌がるかどうかは説得次第。楽しそうだなと思ってもらえるよう伝えます。たとえば「原稿用紙1枚1500円。20枚書けば、3万円がもらえる。そのお金で美味しいものを食べることができるうえに、賢くなるぞ」と。極めつけは「もし優秀賞を取れば、人事も評価してくれる」の後押し。やる気になったら、論文のテーマを10個ぐらい挙げて「この中から選んでごらん」と伝えます。部下たちは見事に毎期、優秀賞を取っていました。論文は手間がかかるので、競合相手が少ない。でも、仲間が優秀賞を取れば、闘争心が湧いてみんなが頑張ります。中には「もう一回書かせてくれ」という部下もいました。


水野操

これまでは、「優れたアイデアや技能はあるが、資金がなくて商品化やサービス化ができない」という中小企業やベンチャーは非常に多かった。ところが今は、3Dプリンターのように低価格でもの作りができる技術が次々と登場している。誰もが最新のテクノロジーに手が届くようになったことで、新規参入が進んだり、既存のメーカーとベンチャーが協業したりと、今までになかったビジネスを生み出すチャンスも増えるはず。


丹羽宇一郎

ナショナリズムを煽動する方向に舵を切って国が栄えた例は、歴史上ひとつもない。


奥井俊史

組織は人でできていますから、結局は1人の人間として社員との間の理解が深まらなければ、組織は思ったように動きません。


梶原しげる

会話の主人公は、自分ではなく相手。相手がいい気分になるための褒めどころを探りましょう。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

洋服を買うのはファッション業界でプロとして生きていくための自己投資だと思った。いろいろな店で飲み食いするのは、自分のセンスを磨き、仲間を増やすための授業料だと思った。若い時はお金があれば、とにかく使ったものだよ。貯めようなんて、あまり考えなかった。人間性は、そこに表れるんだ。


稲盛和夫

会社が大きくなってから(会計や社内)システムを作るのではなく、小さいころからしっかりしたシステムを作ったから京セラは大きくなれたし、大きくなっても大きな問題が起きなかった。


猪瀬直樹

横にプロジェクトチームをつくることが重要です。縦の組織に対して、どうやって横串を刺すかが重要な組織運営の在り方。


ページの先頭へ