名言DB

9429 人 / 110879 名言

マリー・ブライアントの名言

twitter Facebook はてブ

マリー・ブライアントのプロフィール

マリー・ブライアント、ミュージシャン

マリー・ブライアントの名言 一覧

勇気とは慣れ親しんだものを手放す力だ。


マリー・ブライアントの経歴・略歴

マリー・ブライアント、ミュージシャン

他の記事も読んでみる

杉山金太郎

高名な実業家の和田豊治さんが富士紡の社長を長年やって、いつも言っておられたのは、すべての工業は一に原料、二に製造、三に販売ということであった。工業の盛衰は原料の買い付けの巧拙が最も重要な要素であるといって、氏が富士紡に関係していた間は原綿の買い付けは常に自分で指図されていたと聞いている。私も和田さんの真似をしたわけではないけれども、原則には変わりがないわけだから、原料大豆の買い付けは常に陣頭に立ち指図して買っていた。


神田昌典

先日、「渋滞学」で著名な東京大学の西成活裕教授に、「仕事の渋滞」の話をうかがいました。車の渋滞が、適切な車間距離を取っていないために起こるように、仕事もあまりにギリギリで進めるとかえって渋滞してしまう。アポとアポとの間に少なくとも15分、理想は30分のゆとりタイムを置くべきだ、というお話でした。実際に多くの組織で、こうした渋滞が起きています。


貝沼由久

経営の目的は売り上げや利益を最大化することで、手段は利益を考えて何がいいかを決めればいい。


鈴木喬(経営者)

本当は発売されるまで、売れるかどうかなんて分かりません。そこでまず「これは絶対に売れる」と、自己暗示を掛けます。その上で、疑心暗鬼の営業部隊に「これは必ずヒットする」と信じ込ませるわけです。


松本幸夫

成功者は、感情をコントロールするのがうまい。ここぞという場面では自己暗示をかけるなどして、気持ちを前向きに持っていき、成功をつかんでいる。ダメだと思った時点でダメ。


海老原嗣生

自分がどんな分野の能力を持っているかという「能力の棚卸し」が重要。そして、その際に役立つのが、「OS」と「アプリケーション」に分けて因数分解する発想。OSとは、折衝力や企画力、マネージメント力など、職務に関係なく必要なビジネススキルのこと。一方、アプリケーションとは、特定の職務や業界に閉じた専門知識や技術のことです。自分のキャリアはどのようなOSとアプリケーションで成り立っているのかを棚卸しすることで、自分の本当の市場価値を知ることができるのです。


宮内義彦

世の中の嗜好は変わります。その変化を見極めて一歩または半歩先を進んでいく。まさに成長の条件でしょう。企業は野球のように試合終了がありませんから。


田中仁(経営者)

大きな決断の際、私は十人くらいの意見を聞くようにしています。できれば、私とは90度、あるいは180度違う視点を持つ人物が良い。また、できるだけ自分とは違う立場にある人や、年齢層の違う人のほうが良いと考えています。課題がボールで、意見が針のようなイメージだとするならば、あらゆる角度からボールに針を刺していく中で、どこがボールの中心か、つまり本質かがわかってくるのです。


小林喜光

企業には新陳代謝が絶対に必要で、その手段がM&A(合併・買収)です。外部から可能性を秘めたものを取り込み、グループ内で育てるのです。


荒俣宏

32歳のときにサラリーマンを辞めたのですが、それも仕事で身につけたコンピュータの知識があれば、会社を辞めてもなんとかやっていけるだろうと考えたためです。相変わらず、自分のやりたいことで生計を立てられるとは考えていませんでした。