名言DB

9425 人 / 110833 名言

マリリン・ファーガソンの名言

twitter Facebook はてブ

マリリン・ファーガソンのプロフィール

マリリン・ファーガソン。米国の社会心理学者、社会運動家。主な著書に『アクエリアン革命 80年代を変革する透明の知性』『マインドチェンジ 脳と心のトレーニングブック』『ライフチェンジ』など。

マリリン・ファーガソンの名言 一覧

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。


マリリン・ファーガソンの経歴・略歴

マリリン・ファーガソン。米国の社会心理学者、社会運動家。主な著書に『アクエリアン革命 80年代を変革する透明の知性』『マインドチェンジ 脳と心のトレーニングブック』『ライフチェンジ』など。

他の記事も読んでみる

フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

周りの人が中途半端な仕事しかしないのに、自分が徹底的に仕事をしたことで、大儲けした人は実際少なくない。ビジネスで成功するには強い野心とエネルギーと努力が欠かせない。


小泉文明

役立っているのが、「Slack(メッセージアプリ)」です。チャンネルのほとんどを社内でオープンにしているので、経営陣は現場で下される意思決定を把握できる。そして現場も経営陣が持つ情報にほとんどコンタクトできるので、オープンな場で大胆に経営判断していくことになる。情報の透明性が、会社全体を大胆な方向に導くのに一役買っているのです。


山口周

ビジネスの現場で使われる最先端のキーワードも、あっという間に使い古され、痛い言葉と化す。一方、たとえばビジネスの会食の場で「マキャヴェッリは『君主論』の中でこんなことを言っていますね」「カエサルは『内乱記』の中でこんな決断をしていました」という話なら、10年後でも20年後でもずっと使えるネタだ。


マイケル・ポーター

経営が高度化し洗練されていく中で、単純なことが見落とされています。おそらく、経営者の多くが従来型の経営の慣習にとらわれ、事業の根本的な目的や社会との結びつきといった観点を失いつつあるからでしょう。


桑原豊(経営者)

人は弱い生き物ですから、どんな決意も心構えも、時とともに薄らいでしまいます。私は今年の心構えをカードに書き、手帳に入れて毎朝見ています。繰り返し見ることで強く心に刻みたいからです。


鈴木正晴

日々の生活の中でメードインジャパンがある生活を提案する。作り手にきちんとお金が回る仕組み、作り手の思いがきちんと伝わる仕組み、一過性でなくずっと続いていく仕組み。うちは作り手、使い手、売り手の出会いの場だと思っています。


岩澤俊典

いま日本企業が「グローバル人材が足りない」と言っている理由は明確で、海外売上比率が経営者の思ったほど伸びていないからです。


益本康男

米国勢より値段が高くてもいいと言っています。米国の農家にとって、200馬力級のトラクターというのは、2台目のクルマを買うような感覚です。ブランドが浸透すれば、高くても売れるはずなのです。


北尾吉孝

企業は人間が集まってつくりあげている組織。だから、人間関係を保つことは不可欠の要素です。しかし、それは単に摩擦や軋轢を避けて事なかれ主義で表面的にうまくやっていけばいいということでは決してありません。言うべきことは言う。問題は言い方です。


笠原久芳

同業他社から言わせると、コンタクトプローブの業界って成熟産業らしいんですよ。根本的にね、商品の形はもうこれ以上変わらないだろうし、変えようがないと。形という意味では、そうかもしれません。しかし、ハイエンドなモデルについては、これからますます微細加工が難しい分野に入っていきますし、ローエンドなものについても、ちょっと手を加えるだけで性能がアップする、というか既にアップさせてますしね。一つは耐久性ですね。他社製だと10万回検査すると交換しなければならないんですが、うちのは100万回もちますからね。