名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マリリン・ファーガソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マリリン・ファーガソンのプロフィール

マリリン・ファーガソン。米国の社会心理学者、社会運動家。主な著書に『アクエリアン革命 80年代を変革する透明の知性』『マインドチェンジ 脳と心のトレーニングブック』『ライフチェンジ』など。

マリリン・ファーガソンの名言 一覧

誰も説得によって人を変えることはできない。すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は自分で中からしか開けられない。説得や感情に訴えることによっても、その扉を他人が外から開くことはできない。


マリリン・ファーガソンの経歴・略歴

マリリン・ファーガソン。米国の社会心理学者、社会運動家。主な著書に『アクエリアン革命 80年代を変革する透明の知性』『マインドチェンジ 脳と心のトレーニングブック』『ライフチェンジ』など。

他の記事も読んでみる

岡田圭右

何年か前、関西ローカルの番組にピンで出たときのこと。若手芸人が順番にボケて、ボケて、3番目で僕に回ってきたんです。いつものように何も思い浮かばず、そうかといって何も言わないわけにもいかずという状況に追い込まれ、そのときに発した声が「パァ、出たぁ、ワォ~!」でした。ギャグをいったつもりはなく、もがきながらヘンな声を出しただけ。ところが、それがウケた。岡田の芸ではなく、岡田の声がウケてしまった。そのあたりから「いじられキャラ」「すべり芸」と言われるようになりました。人間としての岡田を出すようになって、他の芸人とかぶらない独自のキャラが定着。結果的に、あの番組中に発した声が転機になりました。


鮎川義介

立身出世の教義は儒教の小乗である。それは今日では排他的利己主義としか受け取られないかもしれないが、あの時代の立身出世は国家や社会をよくするためには、まず一家から始めなければならないという美徳の代名詞となっていた。


樺島弘明

当社が昨年末に上場した際、社員に配ったストックオプションの数、従業員が持ち株会に入っている比率、上場セレモニー当日に鐘を叩いた人数など、様々なことが1位でした。鐘を鳴らすのは5回ですが、当社はそれを18人で行いました。VIPルームに入ることができるのは12人のところ、交渉して入れていただきました(笑)。優秀で、気持ちのいいメンバーが集まってくれて、様々なことを乗り越えて上場した時に、その日を創業者や役員だけが達成感を味わえるイベントにしては駄目だと考えました。それで鐘を叩く人数を増やし、関係者の家族も呼びました。また、パーティには創業時にお世話になったお客様や歴代の顧問陣など、多くの方々をお招きして、お礼を伝えました。


おちまさと

ただ奇をてらった企画書がいいわけではありません。大切なのは与えられた課題の枠内の中で「ふり幅」をできるだけ大きくすることです。「ありそうでなかった」企画を出すことが重要なのです。そこで市場調査をしたり、相手にヒアリングをして本当に望んでいる課題について考えます。その枠の中で、他が思いつかない解決策を盛り込んだ企画なら通るでしょう。


中曽根康弘

しばらく、時の流れを静かに見つめることだね。これは、天から与えられた試練の場だよ。


松尾豊

企業が年功序列をやっている限りは状況は打破できませんが、一方で若者ばかりでやればいいというわけではなく、能力によってピークが違うということだと思っています。例えば水泳選手は20代くらい、サッカー選手は25歳くらい、野球選手は30歳くらい、ゴルフではもっと上の年齢であるなど、スポーツを見ても競技によってピークが違います。それで言うとITはピークが来るのが速い。しかし、例えば人を使う、動かすような経営はピークがさらに後ろの方にあります。この分野はやはり経験値が必要です。ですから、どういう仕事を誰がするかによって、主役が誰か、意思決定をするのは誰かをきちんと変えることが大事です。


ジョセフ・ジューベル

あなたが貧しいなら、徳によって名を上げると良い。
あなたが裕福であるなら、慈善によって名を上げると良い。


塚田健雄

2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


井上直也(経営者)

中期経営計画では2年後に売上高500億円という目標を掲げています。現在の100億円というステージから飛躍するためにビジネスの質的な変革が求められます。


森田正光

自分が勘違いをし始めていないか、時々振り返った方がいい。もし、ヤバいなと思ったら、反省して終わりではなく、今、その瞬間から変えていく。それが僕の信条です。


越智常雄

痛みに耐えてでもやらなければならないことがある。


島本久美子

ロンドンでは、言葉には違和感はなかったのですが、文化には驚きました。彼らは新聞、テレビを見る時に、そこにバイアスがかかっているということを、ものすごくわかっているのです。これは大人だけではなく、子供もそうです。例えば、授業では複数の新聞を示して、誰がオーナーで、だからこそどういうバイアスがかかっている可能性があるかを、小学生にも教えているのです。メディアに対しては批判的に、バイアスを認識しながら消費していくという姿勢に驚き、私も勉強してみたいと思い、マンチェスター大学でメディア教育の修士をとりました。