名言DB

9419 人 / 110788 名言

マリッサ・メイヤーの名言

twitter Facebook はてブ

マリッサ・メイヤーのプロフィール

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

マリッサ・メイヤーの名言 一覧

リスクを取るという恐怖心を乗り越えれば、本当に素晴らしいことが起こる。


私はいつも一番頭が良くて面白い人たちと仕事をするようにしていた。そして、私はいつも自分にはまだちょっと早いかもしれないと思うことに挑戦した。


マリッサ・メイヤーの経歴・略歴

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

社員が当事者意識を持てないのはトップの責任でしょうね。企業のトップが社員に対して、経営哲学や経営の目的を明確に示せていないのが問題だと思うのです。どういうふうに経営することによって全社員が幸せで充実感のある会社人生を送っていけるのかといった哲学を説いていないからでしょうね。そういうリーダーが、あまりにも少なくなってしまいました。


トマス・エジソン

君は道理にかなったことばかりを試してきた。理屈通りのことなど役に立ったためしがない。幸い君はもう理屈にかなうことを思いつかないわけだろ、だったら今度は筋の通らないことを試してみることだ。そうすればすぐに解決法が見えてくる。


外尾悦郎

必要であれば異文化さえも、伝統の中に吹き込む新風として取り込む。自信を持って一歩踏み出す勇気があれば、日本はものづくりで世界を良い方向へと変えられるはずです。


盛田昭夫

会社というところは、一番簡単に言うと、潰れる可能性のある組織だということだ。入ったばかりのときから縁起でもないというかもしれないが、君が入った会社でも、いつ潰れるかわからないのだ。まさかと思うかもしれないが会社は潰れる可能性を例外なく持っている。もし君たちが、会社からもらう給料以上のことを会社のためにしなかったら、会社はだんだんやせ細ってついには潰れてしまうことになる。


寺澤芳男

マーケットエコノミーはすべて民が主導し、マーケットがすべてを決めていきます。したがってマーケットエコノミーには、どうしても次の二つのことが必要です。ひとつは自由競争です。競争がフェアで、ちゃんとした情報がディスクローズ(公開)されていて、誰もが同じような情報を手に入れることができて、はじめて自由な競争ができるということです。もうひとつは自己責任です。競争に勝っても負けてもその責任は個々の人にあることを知らなければならない。


松井道夫

コーポレート・ガバナンスというのは、リーダーに強い権限を与える一方、失敗した場合にはそのリーダーをパージ(追放)する仕組みです。「あいつの言っていることを信じてやらせてみよう」、「そのかわり、判断ミスが明らかとなった場合には辞めさせる」という 2つの仕組みが揃わなければ、リーダーの思い込みに組織を委ねることなどできません。


塚越寛

成長には終わりがない。終わりがないのだから、急がずゆっくりと、どうしたら安定飛行できるかにエネルギーを注ぐべき。


廣瀬禎彦

社長であればトップダウンで、いわば強権的に、論理的な判断に基づいた行動をさせることもできるでしょう。しかし、組織自体に論理的な行動を根付かせるのは難しい。社長ではない一般社員にとってはなおさらでしょう。そこで、私が有効だと思うのは、かつて日本企業で盛んにおこなわれていた「TQC活動」です。自分が所属する現場で、商品・サービスの品質や業務効率の向上のための改善策を考えるグループをつくるのです。社風を変えようなどと訴えても警戒されるだけでしょうけれども、現場の改善活動をしようと呼びかければ賛同が得られやすいでしょう。


高見盛

正直いって、怖かったんですよ、相撲を取っているときは。自分の身体を叩いたりしていたのも、弱い自分を奮い立たそうと思ってやっていた。恐怖心を飲み込むためのファイティング・スピリッツの表れ。


御立尚資

仕事の効率を上げるには目先の仕事量を減らすのではなく、仕事の本質的な部分を任せられるような人になればいいのです。言い換えれば、本質からズレた仕事を「とりあえずやっておいて」と頼まれる人ではなく、「あの人にはこの大事な仕事をやってもらおう」と頼まれる人になるということです。そうすることで、短期的に仕事が増えることがあっても、中長期的には仕事の質は高まり、仕事の効率が上がります。