名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マリッサ・メイヤーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マリッサ・メイヤーのプロフィール

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

マリッサ・メイヤーの名言 一覧

リスクを取るという恐怖心を乗り越えれば、本当に素晴らしいことが起こる。


私はいつも一番頭が良くて面白い人たちと仕事をするようにしていた。そして、私はいつも自分にはまだちょっと早いかもしれないと思うことに挑戦した。


マリッサ・メイヤーの経歴・略歴

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

他の記事も読んでみる

丸幸弘

新規事業を始めるのに社内の人材ではできないから外部から有能な人材を引っ張ってくればいいと考えるのは誤解です。20世紀的なリーダーの素質や経験はなくとも、知性や特徴を持った研究者たちがゴールを見定め、そこに向かうプロセスの中で関係性を強化し、感性を磨き、信頼し合い、それぞれがリーダーシップを発揮して、チームの集合知を使って新規事業を生み出していく。最も重要なのはこのプロセスです。


曽山哲人

人事施策は、何より経営成果にフォーカスするべき。


吉田たかよし

記憶する勉強は、むしろ細切れの時間の方が適しています。たとえば、英単語を暗記する場合、脳は記憶したあと、10分弱の時間をかけて記憶の定着を行います。ですから、60分間ずっと暗記を続けるよりも、「5分間暗記して、しばらく時間を置き、また暗記する」というやり方を12回繰り返す方が、記憶の定着率は高くなるのです。


鎌田由美子(経営者)

現在はトップとして、まず上期は会社の骨格を固めるなど、足腰を鍛え、体力をつけたいと思っています。いま、当社は新人が増え、ビジネスモデル的にも進化を求められています。そのようななか、社員一人一人が高いモチベーションを維持し続けられるような能力の研鑽や、統一化できる部分はするといった社内システムを考えたいのです。私個人の思いとしては、これからも、駅を訪れた人が笑顔になるような空間をつくっていきたいです。


江上治

人生において選択肢が多ければ多いほど、成功する確率は高まります。要するに人生とは確率論です。


加藤修一(経営者)

当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


中村好文

僕の最初の設計は両親の家でしたが、じつを言うとこれは僕の最大の失敗作でもありました。まだ22歳の若造で、建築のことを何も知らないくせに、自意識過剰の格好ばかりの家を建てちゃった。動線計画は悪いし、生活に対するキメ細かな配慮もぜんぜんなかった。両親は正真正銘の犠牲者です。相当住みにくいはずだけど、さいわい呑気な人たちで、さほど気にしてもいなかったようなのが救いでした。でもねえ、九十九里浜に建てたその家が、飛行機で成田空港を離着陸するときに窓からよく見えるんです。そのたびにサッと血の気が引いて、慙愧(ざんき)に身悶えした。「お父さん、お母さん、ごめんなさい!」って。その失敗でもう反省して、基本からやり直そうと、20世紀の住宅建築の傑作をじっくり勉強し直すことにしたんです。


大前研一

若手社員の研修を40代の社員がやっているような企業は多いが、この変化の激しい時代、上司や先輩の教えられる20年前の成功体験など、百害あって一利なしである。ビジネスパーソンが勉強するなら、やはり社外が一番だ。そして、最低でも10年に一度は最先端の経営などを学び直し、自分の持っている知識やスキルをアップデートすべきである。


一圓克彦

単なる開発・技術者ではなく、高いコミュニケーション能力を有し、あらゆる角度・視点からものごとを見据え、お客様とともに自発的にビジネスを生み出す力を持った人材を育成することに専念しています。知識武装ばかりでコミュニケーション能力が欠落していては意味がありません。現場でのリアルタイムな対応や、より理想に近いシステムを開発するためには、やはりコミュニケーション能力は不可欠です。


相原輝夫(経営者)

我々は既存のものを作るのではなく、2~3年先の世の中で当たり前になっているものを作ることが使命。だから、社員には脳に汗かくことが大事なんだと繰り返し言っています。


鷲田小彌太

どんなに売れた人でも普通は10年だよね。10年書き続けたら、種は尽きなくても、しんどくなるし、違うものを書きたくなる。担当の編集者も代わってしまう。普通にやっていたら、注文は来なくなるよね。だからせこくても、来る仕事をせっせとやっています。ほとんどお金にならないけど、まあいいよね。


森内俊之

最盛期にある若手との対戦から、彼らにしかない感覚を学び、自分たちの世代がもうひと頑張りする。そうすれば、若い世代がさらにレベルアップして、将棋界が盛り上がっていくはず。そのためにも精一杯、第一線で戦っていたい。