マリッサ・メイヤーの名言

マリッサ・メイヤーのプロフィール

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

マリッサ・メイヤーの名言 一覧

リスクを取るという恐怖心を乗り越えれば、本当に素晴らしいことが起こる。


私はいつも一番頭が良くて面白い人たちと仕事をするようにしていた。そして、私はいつも自分にはまだちょっと早いかもしれないと思うことに挑戦した。


マリッサ・メイヤーの経歴・略歴

マリッサ・メイヤー。アメリカの経営者、エンジニア。「米Yahoo」CEO(最高経営責任者)。ウィスコンシン州出身。スタンフォード大学卒業。UBS研究所、SRIインターナショナルを経て、創業間もないGoogleに入社。検索や各種サービスの開発に携わり、副社長を務めた。その後、YahooCEOに就任。

他の記事も読んでみる

竹田和平

身銭を切り、相手先と自分の運命は一蓮托生という状況にまで追い込まれてこそ、はじめて経営の立て直しも可能。


酒巻久

相手の中である程度、こちらと同じ意識が醸成されていなければ協力は得られない。


白洲次郎

私の知っている人々でも、皆がよい人だと褒め過ぎて悪口を言われない様な人々は、おしなべて馬鹿に限るようだ。オシャカ様やキリストの様な人物がおるのなら喜んで例外を認めるが。


エウリピデス

私に若い時代が2回、年老いた時代が2回あったならば、私の過ちを改められるだろう。


岡本太郎

何にもしないで、人生を無駄に過ごすなんて、つまらないじゃない。そういう生活を続けていると、世界全体を見失うし、また、自分自身を見失うことになる。


吉川廣和

よきリーダーとは「改革を続ける人」。これは自分にも言い聞かせています。常に変革者であることが強いリーダーシップを育むことになる。


亀田隆明

これは医師の世界だけではないかもしれませんが、これまでの日本のシステムは画一的で、ひとつのやり方、つまりお役所が決めたやり方しか認められない。そこから外れた人間には懲罰的なペナルティが科されてしまう。このスタイルは、これからは通用しないと思います。


島田久仁彦

まずどこで、どんな問題が起きているのか。依頼人の要求は何なのかを徹底して聞く。この段階で問題の本質を見極める。


大串亜由美

「なるべく早く」や「できるだけ多く」といった曖昧な言葉は、人によって物差しが違うのでトラブルの原因になります。「遅くても今月中、なるべく早いとありがたい」とか、「少なくても3枚のレポートが必要。できるだけ多いと相手も嬉しいと思う」などと、ミニマムラインと一緒に具体的に伝えましょう。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

社員がへこたれないのは、挑戦したことを評価する会社だから。売り上げを伸ばしたとしても、何の挑戦もしていなければ高く評価はしません。


室伏広治

メダル獲得を目指すだけではなく、よりよいものを追求したいという向上心が強かったと思います。ハンマー投げの技術にさらに磨きをかけたい。何か得るものがあるのではないかと思った私は、男子ハンマー投げの米国記録保持者ランス・ディールさんの紹介で、彼のコーチであるスチュワート・トーガーコーチの指導を受けました。通常、回転運動をする時の軸足は、左回りなら左足線上にあるのがいいとされていますが、トーガーコーチは「軸を右足線上に置く」方法を指導してくださいました。最初は驚くことばかりでしたが、数か月練習すると新しい動きができるようになった。正解は1つではなく、常識だけの中にあるものではないと学びました。


石渡美奈

嫌いな人とまで無理して仲良くする必要はありません。しかし、そういう人とも関わらなければならないこともあるでしょう。私の経営の師匠である武蔵野の小山昇社長は、パーティーで嫌いな人がいると、一番先にビールを注ぎに行くのだそうです。嫌なことは先に済ませてしまう。この場合は、そういう反応の仕方でいいんじゃないでしょうか。


藤冨雅則

人は称賛や承認によって幸福を感じ、褒めてくれた相手に自分を開示したくなります。話を深く聞き出すためにも、折に触れ「素晴らしいですね!」などの称賛の相づちを駆使しましょう。専門知識と抱き合わせで褒めるのも、内容に説得力を持たせることのできる良い方法です。


末川久幸

資生堂が大正12年に作り出した専門店向けのビジネスモデルを、そのまま中国に輸出して、化粧品専門店との契約もしています。契約したお店と資生堂の経営理念を一つにして、商品をただ店頭に置くのではなく、美容のノウハウや経営のノウハウもセットでお伝えするようにしています。手間暇はかかりますが、そうすることによって、いろんな意味で、資生堂という会社が、かけがえのない会社になると考えています。


浅野秀則

直営店でまず実行してノウハウを積み重ねることは、フランチャイザー(本部側)としての使命です。常に、まずうちをよく調べてください。うちもあなた達のことを調べます。それで、お互いに納得して、本当に共存共栄できるならやりましょう。という形で話しています。商売に対してウソをつきたくないからです。


ページの先頭へ