名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マティアス・ブレシャンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マティアス・ブレシャンのプロフィール

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

マティアス・ブレシャンの名言 一覧

我々は常に品質に妥協することなく、改良と開発を継続する。


革新とは画期的な技術に加えて、伝統を大切にしながら時計としてエモーショナルな進化させていくこと。そこに終わりはなく、それはまさにラドーの使命なのです。


「革新」というのはブランドを象徴するキーワードであり、これまでもこの先も変わることはありません。革新をストップした時点で、ラドーは終わってしまうと思いますし、ブランドを生かしてきた精神こそが革新なのです。


マティアス・ブレシャンの経歴・略歴

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

山内溥

任天堂はポケモンと心中するつもりはない。巨額の制作費をかけた映画なんか作らない。せいぜいアニメ映画である。ポケモンセンター構想は、いろいろな21世紀戦略のひとつに過ぎない。(覚書き|上記発言は任天堂の戦略だけでなく、現スクエアエニックスがファイナルファンタジーの映画化で大損害を受けたことも皮肉っている)


森平茂生

差別化できていれば市場に入り込める。ある特定の人がこれはいいと感じてもらえるまで、魅力を伝え続けることが重要。


小田豊(経営者)

残業ゼロを達成できたことよりも、みんなが早く仕事を終わらせるための方法を一生懸命に考えてくれたことがうれしかった。例えば工場で3つの荷物を1人で一気に運ぶといった工夫です。結果的に利益に貢献したので、「残業ゼロ手当」という名目で賞与を出しました。それ以来、残業をなくしています。


尾賀真城

さすがに20代は、読書をしなかったですね。20代は得意先を回るのが忙しかったのと、あと、最初は独身寮に入っていたものですから、土日は麻雀で忙しくて。ただ、30代になって新聞を読んでいると、お恥ずかしい話、自分の知らないことが出てくるんですよ。30代なのに、この程度のことを知らないとまずいな、というのがあって。読書は、そのときに触発されたものを読むという感じですね。戦争だったり、神社仏閣だったり。知らないものを知ろうとすると、新書系がいいですね。あと小説だと、やっぱり歴史ものが多いですね。


エズラ・ヴォーゲル

マイホームが快適なのはいいことです。でも、部屋の中でぬくぬく過ごすだけで、全世界での競争が激化する時代を生きていけるのでしょうか。日本人は、もっと外国に出るべきです。ファイトを持つべきです。


大橋正教

どれだけ勝ってきても、どうしても負ける瞬間がよぎる。いくらコンディションが良くても、先に1点取られ残り時間が少なくなれば、精神状態が変わってくる。逃げ切ろうと守りに入って、それが裏目に出ることもある。逃げたくなるような場面でも、勇気をもって前に出て欲しい。


鈴木明子

10分のコーナーのために、1時間かけて専門家に講義してもらっていたのですが、私はフィギュアスケートだけをやっていたので、知らないことだらけでした。でも、だからこそ逆に知ることが楽しかった。世界は1カ国だけで成り立っているわけではなくて、あちらが動けば、こちらも動く。お金の流れも一緒。それまで全く興味がなく、物事につながりを感じてなかったのが、点と点がつながって線になるというのを実感しました。番組が終わった後もそれは続いているので、どんなきっかけでも、まずは興味を持つことが大事だと感じています。

【覚え書き|NHKのウェブニュースでキャスターを務めた当時を振り返って】


和田一浩

自分を丸ごと受け入れられるようになったのは40歳を過ぎてから。それまでは、できない自分ばかりを見て無理していた気がします。


高橋政史

使うもの、使わないもの、大事なもの、大事でないものに分けると、捨てるべきものが見えてくる。


上野金太郎

新しいAクラス自体が、単にメルセデス・ベンツのエンブレムをつけただけの小型車ではない。しっかりとメルセデス・ベンツのテクノロジーが移植された本物です。ドイツ人は頑固ですから、そういう哲学は非常にしっかりしています。


中川清秀

人間は百歳までは生きぬぞ、いざかかりて討ち死にせよ。
【覚え書き|合戦で部下を鼓舞した言葉】


ルチアーノ・ベネトン

もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】