名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マティアス・ブレシャンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マティアス・ブレシャンのプロフィール

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

マティアス・ブレシャンの名言 一覧

我々は常に品質に妥協することなく、改良と開発を継続する。


革新とは画期的な技術に加えて、伝統を大切にしながら時計としてエモーショナルな進化させていくこと。そこに終わりはなく、それはまさにラドーの使命なのです。


「革新」というのはブランドを象徴するキーワードであり、これまでもこの先も変わることはありません。革新をストップした時点で、ラドーは終わってしまうと思いますし、ブランドを生かしてきた精神こそが革新なのです。


マティアス・ブレシャンの経歴・略歴

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

高橋克徳

社員同士が信頼し合えない、協力できない重苦しい職場を改革するにはどうしたらいいのか。必要なのは、従来は当たり前とされていた「組織のための人材づくり」ではなく、「人のための組織づくり」に発想を180度転換するということです。組織のために人を働かせるのではなく、人がよりよく生きるための組織に変える。社会課題と向き合い、多様な知恵と思いを持ち寄り、自分も含めて周囲の人たち、社会全体がよりよく生きるために何ができるかを真剣に考え、行動できる集団に変えていく。


石井淳蔵

野生の思考というと、未開の部族の非科学的な野蛮の思想と思われそうだ。だが、そうではない。それは、私たちが生きていくうえで持っている、最も基礎の部分にある知を指しているのだ。


林要(経営者)

コールセンターの女性の声がきれいだと、美人だと思ってしまうように、脳は勝手にファンタジーを生み出すもの。


大西洋

商品本来の価値と比べて、百貨店の販売価格は高いという印象を払拭しなくてはいけない。現状、SPA(製造小売業)では商品の原価率が5割というのも珍しくないが、百貨店は通常2~3割というような大きな差がある。百貨店は商品をアパレル企業に返品できる商慣習がある。この負担を吸収するため、アパレルは価格を高く設定せざるを得ない。これからは一定量の買い取りを約束したり、商品を独自開発したりといったリスクを百貨店が取っていく必要がある。アパレル企業と協力してサプライチェーンの無駄をなくす取り組みが大切だ。


大村禎史

確かに出店余地は少なくなってきています。市場規模も、半減とはいかないまでも小さくなっていくでしょう。その中でどう生き残るかと言えば、やはりシェア拡大なのでしょうね。


山田昭男

残業をすると、その分の残業代は25%割増にしなければならなくなる。おまけに残業は夜にするものだから、電気代もかかる。企業はコストダウンを徹底しなければいけないのに、残業なんかしてしまったら、かえってコストが高くなる。コストが高くなるということは、それだけ儲からなくなるということ。つまり残業ばかりしているから、日本の企業は儲からないんだな。


町田勝彦

トップには多少上手くいかなくとも強引に引っ張っていくリーダーシップが要求される。しかしもっと重要なのは、この制度しかないという強い信念と、何が何でもやり遂げるという本気の覚悟だ。継続することでしか会社の風土は作られないからだ。


大山健太郎

下請けが作る部品を組み立てる大手メーカーでは、ユーザーが買いたい価格の実現は難しい。まずは製造工程を見直し、ビス1本まで内製化することで低価格でも利益を出す仕組みを作り上げました。


井阪隆一

私の社長室のドアは常に開けています。誰でも、いつでも、話をしやすいようにしていないといけません。それが私の一番の仕事といっても過言ではない。コンコンとノックされたら、「どうぞ」と言って部屋に招き入れ、話を聞きます。「いつも外出ばかりでオフィスにいない人」と、「いつ行っても話を聞いてくれる人」。どっちがいいといったら、後者ですよね。


内藤由治

人望というものは人工的に創り上げるものではありません。これは、その人の「ぶれない経営哲学」とか会社にすべてをコミットしているという「その人の覚悟」というものが必然的に醸し出すものだと思っています。


柳井正

私は社員自身も消費者だと考えているので、その人たちがモノを買って経済を回していくようにしていかなくてはいけないと思っています。
【覚え書き|賃上げした理由についてのコメント】


ジェフリー・スマイゼック(ジェフ・スマイゼック)

(弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に移籍したことは)私が一番驚いています。以前は高給をもらい、大きな役員室で仕事をしていました。それなのに潰れかけの会社に移り、給与も減り、倒産寸前に直面したわけですから、めちゃくちゃです。しかし、合併を経験できたという意味でも、非常に価値があったと思います。どう人を扱うべきか、どうやってサービスに注力すべきか、多くの教訓を得ました。人生の中で味わうことのできない楽しみを得たと考えています。決して後悔はしていません。
【覚書き|現役弁護士から倒産寸前のコンチネンタル航空に転職した経緯について語った言葉】