名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

マティアス・ブレシャンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マティアス・ブレシャンのプロフィール

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

マティアス・ブレシャンの名言 一覧

我々は常に品質に妥協することなく、改良と開発を継続する。


革新とは画期的な技術に加えて、伝統を大切にしながら時計としてエモーショナルな進化させていくこと。そこに終わりはなく、それはまさにラドーの使命なのです。


「革新」というのはブランドを象徴するキーワードであり、これまでもこの先も変わることはありません。革新をストップした時点で、ラドーは終わってしまうと思いますし、ブランドを生かしてきた精神こそが革新なのです。


マティアス・ブレシャンの経歴・略歴

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

大河正明

Bリーグにもバスケットボール界をより発展させ、より良い未来を築くという使命がありますし、Bリーグは誰のためにあるのかという基本的な考え方はJリーグと同じだと思います。我々はもっともっとバスケットボールをメジャーにしたい。そして、スポーツを通じて、子供からお年寄りまですべての人々が楽しみ、元気になることで日本の活性化に貢献していきたいと考えています。


森川宏平

重要なことは、ストーリーを描くこと。それも複数用意して、条件が合致する時にスピーディに実行に移し商機を逃さないようにする。


喜多村円

大切なのは、とことん好きなことをやらせること。この業界で、売上高の約3%を研究開発費に使っている会社なんてほかに見当たりません。


森川亮

頑張って成果を出している人が評価される仕組みを作るには、会社のトップが決断しなければ、なかなか実現しません。政治家が自分の給料を下げるような法案を取り上げないのと同じで、今は頑張っていない古い人たちが自分の首を絞めるような仕組みは取り入れないでしょう。だから評価制度の仕組みは、トップの決断にかかっています。


豊田昌洋

合理化を進めているうちに様々な標語が社内から出てくるようになりました。ある時、「赤穂から名古屋まで」と書かれたものを目にしました。何かと聞くと、フォークリフトが工場内を1日に走る走行距離だということでした。コンサルタントというのは面白い表現でやる気を盛り上げるものだと思いましたね。「では次は赤穂から京都までに距離を縮めましょう」と鼓舞していました。それが達成できたら、みんな嬉しいですよね。一事が万事、そういう調子で合理化を進めました。


近藤宣之

企業成長の原動力は他でもない社員のモチベーション。モチベーションこそが、会社が伸び行く力の十割を占める。


西本智実

筋力という点ではやはり男性との差をよく感じさせられました。でも、女性ということでメディアに紹介される機会もありましたからね。女性でよかったか悪かったかという点では、五分五分ということでいいのではないでしょうか。


小川直也

プロレスに元気がないのは時代の変化に対応できていないからです。プロレスはいま、総合格闘技とは違う独自の魅力を生み出さなきゃいけない変革期にあるんです。それなのに、変わろうとしない奴が多すぎる。変わるということは、自分のこれまでのプロレス観を否定しなきゃいけないということですからね。


津谷祐司

1年間に約100本の映画やDVDを見て、書籍や雑誌なども読んで、インプットに努めています。こうして生まれたアイデアはすぐに書き留め、シナリオ執筆というアウトプットにつなげています。


伊藤長次郎(二代目)

幸せとは、勤勉さと辛抱によって手に入れるものである。それ以外に、幸せも幸運もない。


福沢諭吉

人望は、力量によって得られるものではありません。また、財産をたくさん持っているということで得られるものでもありません。その人の才能と知恵の活発な働きと正直な道徳心によって、徐々に得られるものなのです。


小川仁志

「中庸」とは「ほどほどな状態」のこと。私流に解釈すれば「60点主義」です。常に100点を目指していては疲れて長続きしないので、ギリギリの合格点を狙うのです。ベストを尽くさなくてもいいという意味ではなく、エネルギーの使い方、ペース配分のことで、思考も同じです。自分を奮い立たせるための他人との比較は最低限必要かもしれませんが、バランスよくニュートラルな状態を保つことが大切なのです。