マティアス・ブレシャンの名言

マティアス・ブレシャンのプロフィール

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

マティアス・ブレシャンの名言 一覧

我々は常に品質に妥協することなく、改良と開発を継続する。


革新とは画期的な技術に加えて、伝統を大切にしながら時計としてエモーショナルな進化させていくこと。そこに終わりはなく、それはまさにラドーの使命なのです。


「革新」というのはブランドを象徴するキーワードであり、これまでもこの先も変わることはありません。革新をストップした時点で、ラドーは終わってしまうと思いますし、ブランドを生かしてきた精神こそが革新なのです。


マティアス・ブレシャンの経歴・略歴

マティアス・ブレシャン。スイスの時計製造グループ「スウォッチ・グループ」傘下の時計ブランド「ハミルトン」と「ラドー」のCEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

二宮尊徳(二宮金次郎)

世間の人は、とかく小事を嫌って大事を望むけれども、本来、大は小を積んだものである。だから、小を積んで大をなすほかに方法はない。


麻生けんたろう

自慢ばかりする人に「なんだよ、こいつは」と腹を立ててしまうと、相手に対する嫌な感情がどんどん湧き上がってきて、会話は止まってしまいます。そんなときは、「何がこの人をこんな態度で接するような人にさせたんだろう?」と、相手の深い魂の部分に意識を向けてみてください。すると、「この人は、強そうに見えても、寂しい人なのかもしれない」と、別の観点から相手を見ることができます。方面だけでなく深い部分で理解し、相手を包み込むような感覚になってくれば、少しずつ苦手意識が消え、話せるようになってくるでしょう。


小松万希子

製造現場における社員教育はOJTが中心なので、現場で社員を成長させていく社風づくりを目指しています。


安藤文男

これまでのような経営の合理化を目的とした「守りのIT投資」ではなく、売上を伸ばすとか、事業を成長させるために「積極的なIT投資」を行っていく。今後はそういう企業がいわゆる勝ち組になってくる。


近藤太香巳

サービス業というのは、笑顔が大切。これは営業の基本だと思うんです。でも、100軒回って99軒帰れコールをされれば、誰でも落ち込みますよね。そこで、僕は右ポケットに鏡、左ポケットに欲しい車の写真を入れて、落ち込みそうになるとそれを見ました。「笑え、笑え、その顔じゃ契約は取れないぞ。この車が欲しいんだろ?」って。それでいつも笑顔を忘れなかったから結果的に一番になれたんだと思います。


税所篤快

夢とは生きる原動力です。私が活動しているのはバングラデシュですが、現地の仲間とは住む国や肌の色が違っても、ひとつの夢に向かって熱くなっているんですよ。楽しいとしか表現できませんね。


熊野御堂厚

社長をお引き受けする時には、一度頭を真っ白にして取り組むことにしました。「白紙」にしない限りは、そこから何も生まれない、既成概念を取り払わなければ新しいことができないと感じたからです。


野口敏(経営者)

この分野しかできませんでは、顧客の満足は実現できません。検査・承認はサービス産業であるという認識を、より明確に持つようになりました。お客様を取り囲むあらゆるリスク、具体的には「QHSE-SA(品質・健康・安全・環境・社会説明責任)」のすべてに関わるリスクを提言することが、当社のサービスであり、存在意義です。


谷井昭雄

理念という原理原則は、時代がどう変わろうと変化しない。それぞれの時代に合わせ、変わらない理念をどう具体化するのか。それこそが、経営者がなすべき仕事ではないかと思います。


伊東龍也

これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


田中健一(経営者)

誰がみても面白くない、業績が挙がっていない仕事のほうが、力がつきます。うまくいっていない仕事の現場に真剣に向き合っていると、自然と改善点に気がつきます。「なぜだろう?」と思うことが出てくるのです。気がついたら、どうやって改善するのかを考える。一人では何もできませんから、誰を味方につけるのかも考える。スケジュールも考える。そう考えるときに、自分の経験や知識が活きる。これが仕事の面白さです。一回、二回と結果が出てくると、仕事がどんどん面白くなってきます。


伊達公子

以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。


田中仁(経営者)

浮き沈みから学んだのは、起業して成功するには、「ビジョンや志がないとダメだ」ということです。「木」でたとえると、ビジョンや志は「根っこ」の部分になります。本当は商売を始める前に考えなければなりません。新しい戦略を生み出す際に必要なものがビジョン、つまり「根っこ」だからです。


黒鉄ヒロシ

僕らが大切にしている常識もまた、言葉でかけられた魔法に過ぎないのかもしれない。


清田瞭

お金の仕組みについて知っているのと知らないのとでは全然違う。


ページの先頭へ