名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マティアス・クラウディウスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マティアス・クラウディウスのプロフィール

マティアス・クラウディウス。18世紀末から19世紀初期のドイツの詩人、記者。シューベルトが作曲した歌曲『死と乙女』の歌詩を書いた人物。ドイツ初の国民新聞であるヴァンズベック通信に記事を寄稿したジャーナリストでもある

マティアス・クラウディウスの名言 一覧

ある人間を判断するには、その人の言葉によるよりは、むしろ行動によって判断するようにしたほうがよい。なぜなら、行動はよくないのに言葉は素晴らしい人間が多くいるからだ。


自分自身を支配できない人間は自由ではない。


知っていると思い込んでいる人が利口なのではなく、自分の知らないことを自覚した人が賢いのである。


マティアス・クラウディウスの経歴・略歴

マティアス・クラウディウス。18世紀末から19世紀初期のドイツの詩人、記者。シューベルトが作曲した歌曲『死と乙女』の歌詩を書いた人物。ドイツ初の国民新聞であるヴァンズベック通信に記事を寄稿したジャーナリストでもある

他の記事も読んでみる

箱田忠昭

人には向き不向きがあり、それを見極めることは大事ですが、心の底からやりたいと思えることに出会えたなら、思い切って挑戦してみるべきではないでしょうか。


宇佐美進典

当社の主力事業である価格比較サイト「ECナビ」が一度伸び悩んだ時期があります。利益も赤字ギリギリのところまで落ちたのです。自分たちの考えているトレンドとマーケットのトレンドがズレているんじゃないかと気づきました。当時はWEB2.0という言葉がスタンダードになりはじめ、GREEやはてなといった私より年下の、次世代の経営者が台頭しつつありました。そこで、私たちが気にしなくてはいけないのは上ではなく下であると思うようになったのです。


早川徳次

昭和24、5年の苦しさは私の骨身に徹した。こんなことは2度と繰り返したくない。普段からあらゆる場合に対処できるよう、石橋を叩いて渡る経営に踏み切ろうと固く誓った。【覚書き|戦後まもなくの頃、営業不振で銀行取引停止寸前まで経験した時を振り返った時の言葉。なんとか乗り切るも経営危機はつらい経験だったため、以後シャープは健全経営ひとすじで会社を切り盛りする体制が形作られた】


尾賀真城

なんでも自分でやろうとは思わないこと。それぞれの事業に優秀な担当者、社員がいます。彼らにやる気を持って働いてもらえるよう努力していきたい。


小宮山宏

若い人と付き合って、なるべく好きなことを言ってもらうと自分も進化できます。「小宮山さんは、若い人と付き合って何を言われても腹が立たないのがすごいですね」と言われたことがありますが、そんなことはないですよ。腹は立ちます。立つけど我慢する。これが日本の年寄には重要だと思う。我慢しないとね、若い人は自分の考えを言わなくなっちゃう。


亀井民治

「掃除をすることで、社員の人間性向上に顕著な変化が見られる」これは、「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)」に取り組んできたほとんどの会社から聞こえてくる感想である。掃除をすると、職場がきれいになるだけではなく、それと並行して、社員もまちがいなく心が磨かれ人間性が向上するのだという。


川島永嗣

語学習得に励むようになったきっかけは、忘れもしない、プロ1年目の悔しい体験でした。18歳でイタリアにサッカー留学し、憧れのセリエAでの練習に参加した時のこと。キーパーコーチの指示が理解できなくて練習にならず、ひたすら怒られ続け、練習試合でも良いプレーが1つもできなかった。本当はもっとチームメートと仲良くなりたかったし、サッカーを楽しみたかった。「こんな孤独感はもう二度と味わわない」。その思いをバネに、帰国後、すぐに語学の勉強を始めました。


神野元基

新しい職業を生み出すには、極める力が重要だと考えています。何かを極めたら、人々はそれに感謝して対価を払ってくれるかもしれない。


杉本宏之

欲をもって仕事している人は、ほとんど例外なく「もっと時間がほしい」と思うようになります。どうしてかというと、「もっと仕事ができるようになりたい」「もっと成長したい」と思うからです。でも、それには時間が足りない。すると、時間の使い方がどんどん密になっていって、その結果、仕事のスピードも上がっていきます。


新井田傳

他社が完全なコミッサリー(自動化された食品加工工場)をなかなか作れないのには理由があります。店舗のメニューと連動してくるからです。メニューがたくさんあればあるほど、コミッサリーでは多様な食品を作らなければなりません。ハンバーグのパテを作って、次は同じ設備でメンチカツを作る。これではライン化することはできません。我々の強みは店のメニューと連動している点にあります。これは他社に真似はできない。メニューまでさかのぼらなければならないためです。ほとんどの外食産業は多品種少量生産ですよね。セントラルキッチンで作ることはできても、コミッサリーができない理由はそこにあります。


村山滋

自由闊達で風通しの良い社風を作り、社員だけでなく協力会社も含めて上向きのベクトルを維持するのが、社長として重要な仕事でした。有事は先頭に立ちますが、平時は各カンパニーに権限を委譲して、社長は応援団に徹するのです。


三品和広

良かった時のソニーは大賀さん(大賀典雄社長)という1人の人間の思いを前面に出して、製品をつくっていました。だから官僚主義で老中、家老がいっぱい控えている日本の一般的な企業とはまったく違うことができたわけです。