名言DB

9413 人 / 110706 名言

マツダミヒロの名言

twitter Facebook はてブ

マツダミヒロのプロフィール

マツダミヒロ。日本の質問家。しつもん経営研究所代表、一般財団法人しつもん財団代表理事、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。著書に『起きてから寝るまでの魔法の質問』『しつもん仕事術』『子どもが「やる気」になる質問』『しつもん会話術』ほか。

マツダミヒロの名言 一覧

頑張らなくていいので、手は抜かずに力を抜きましょう。力んでも、いい結果は出ません。


基本的に、人は自分の話をしたい生き物だから。自分が話したいことを、しっかりと聞いてくれる人が望まれるということですから、話にうなずき、あいづちを打ち、相手の方向に体を向けて、「あなたのことを知りたいのです」という姿勢で話を聞くことを意識しましょう。


反論や否定をする時は、「こうしなきゃダメだよ」と決めつけて選択肢を奪うのではなく、「私ならこうする」もしくは「私はこう思う」と言い換えると、相手を傷つけることもなく印象もソフトです。


相手にどんな質問をして会話を広げたらいいでしょうか。まずは、相手と自分の共通項を見つけることに焦点を絞りましょう。これは初対面でも有効です。趣味や出身地、二人の間に紹介者がいるなら、その第三者に関して。いろいろな切り口で共通項を探していけば、見つかるはずです。


先に会話の台本を用意したとしても、自分以外の人が入れば思いどおりになる可能性は限りなくゼロに等しくなります。予想外の展開も生まれますから、台本にこだわり相手の反応を気にしすぎると、会話に集中できなくなります。


会話では話を理解する必要もありません。理解しようとすると、相手の話を否定したくなったり、自分の意見を伝えたくなったりします。そうなると話を遮ることになります。相手に同意、共感、納得して理解して受け入れるのではなく、「そうなんだ」と受け止めるぐらいがいいのです。


相手の選択肢を奪わないことが大切です。たとえばセールスマンに、「これ買っておかないとダメですよ」と言われるより、「(買うかどうかは)どちらでもいいですが、私が力になれることはありますか?」と選択肢を与えられたほうが相手に安心感を持てますよね?


話し上手になるために「しなくていい7つのこと」

  1. 話をしなくていい
  2. 理解しようとしなくていい
  3. 全部聞こうとしなくていい
  4. ネタを集めなくていい
  5. 台本にとらわれない
  6. 頑張らなくていい
  7. 相手の反応を気にしすぎない

マツダミヒロの経歴・略歴

マツダミヒロ。日本の質問家。しつもん経営研究所代表、一般財団法人しつもん財団代表理事、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。著書に『起きてから寝るまでの魔法の質問』『しつもん仕事術』『子どもが「やる気」になる質問』『しつもん会話術』ほか。

他の記事も読んでみる

平井伯昌

基本的な理論を大切にしながら、新たなチャレンジを続けてきました。しかし、それも成果が出るといつしか一般的になってしまうものです。素人のような疑問を大切にし、いつまでも冒険し続けたい。世界には私より多くのメダリストを育てたコーチだっているのですから。


黒鉄ヒロシ

自分のためにかっこよくありたい。男という生き物は、そんなもの。アホなことを言い、その場その場を楽しがり、ええかっこしいして時折、ぱっと振り返って「オレ、かっこよかった?」くらいのみっともない生き方が、いい頃合いだということです。


細井一雄(経営者)

社員一人ひとりの動きとしては、「一匹狼であれ」と言っています。狼自体は、非常に家族を大事にする、集団行動が基本の生き物です。これを参考に「専門家が集団行動をする」ことを目指しています。


奥正之

仕事であれこれ考えるときは、視野が狭くならないように配慮しています。私はよく「世界地図の中で考えよう」と言っています。いまやリテール(小口)業務といっても、外貨預金もあれば、外国債を組み込んだ投信もあり、世界各地のマーケットの動きと無縁ではいられません。


桜井博志

「いい酒」は希少だから価値があるのではなく、おいしいから価値があるのだと思います。


小池龍之介(小池龍照)

子育てにおいて親は、子供を叱ったり、口うるさくいったりするのは「子供のため」だと思っています。しかし、それは偽善であり、自分でも気づかないうちに「思い通りに育てたい」という支配欲にとらわれているのです。つまり「子供のため」ではなく、「自分のため、自分の力を実感するため」に叱ったりガミガミ言ったりの命令を下していることが大半だと思われます。子どもとの関係をよくするには、偽善の仮面の内側にある真の気持ち=「自分のため」を自覚すること。そうすれば、「こうしてほしい」「こうなってほしい」といった、子どもへの過剰な「期待」が薄れます。そして子どもには、「部屋が散らかっていると私が落ち着かないから、片づけてほしい」などと言うようにしたほうが、より伝わりやすいでしょう。


野中郁次郎

衆知は勝手に集まってくるものではありません。「衆知を集めたい」という強い気持ちがあり、それがその人の態度や物腰に現れて、ようやく衆知が集まってきます。


中鉢良治

大学院を卒業するとき、アカデミズムの世界に残るべきか、ビジネスの世界に進むべきかを悩んだ末、ソニーに入社する道を選択しました。入ってみると、大学で指導を受けた教授に勝るとも劣らない、その分野のスター技術者たちが社内にゴロゴロいました。当時のソニーの社員たちは、とにかくみんなとんがっていて、めちゃくちゃにプライドが高かったものです。並みの会社では許せない。商品開発をするにしても世界ナンバーワン、オンリーワンでなければ挑戦する価値がないという企業風土がありました。そうした思いに支えられた技術者の個性が、それぞれにつながっていたのです。


武藤正幸

僕らがやっていることは、バカとしか言いようがありません。いい年をした大人が、学ラン着て、頭をテカテカのオールバックにして、大声を張り上げて……。でも、大の大人がこんなことを懸命にやっているのを見て、笑って、「ああ、こんな生き方もありなんだ」と思い、「自分にもまだまだ可能性がある」という気持ちになってもらえたら、それが応援になるんじゃないですかね。


橋本秋人

将来に向けての対策はこれから、という人がとても多い。理由の一つとして、不安はあっても、何が不安なのか、具体的につかめていないということがあります。例えば、毎年「ねんきん定期便」が送られてきていても、自分の年金額を把握している人は案外少ない。また月々の家計の収支についても同様で、あまり意識されていない。具体的な数字が頭に入っていないため、不安が漠然としたレベルでとどまってしまうのです。


横山光昭

仕事のスキルアップに役立ちそうな書籍やセミナーなどへの自己投資をケチることは、収入を上げるチャンスを自ら潰しているようなものです。


山田隆持

現場の人にも何度も本社に足を運んでもらい、いったい何が問題なのか、何度も何度もミーティングを重ねました。結果、3000項目もの問題点があがってきたわけです。それらすべてをカテゴライズして約300項目に絞り込み、25のプロジェクトをスタートさせました。


田中一弘(経営学者)

最も基本的なところでいえば、日々の業務を通じて良心を涵養すること。自分の一つひとつの行動の動機が、良心なのか、自利心なのかを弁別し、良心による行動と、そこから得られる「歓び」を大切にしていくのです。こうした取り組みを自らのキャリアを通じて積み重ねていくことが、良心を育てる一つの方法ではないかと思います。


野原幸二

特に座右の銘というわけではないのですが、今振り返ってみれば仕事をする際に、この言葉の意識で取り組んできたなと感じるのは「着眼大局、着手小局」という言葉です。中国の戦国時代末の思想家であり儒学者であった荀子の言葉ですが、物事を長く広い見地から見ながら、目の前の小さなことから実践するという意味です。


丹羽宇一郎

最も大事なことは、自然科学と社会科学の違いを考えることです。自然科学は帰納法で考えます。1つの公式があり、その前提に則って物事を組み立てる。一方、社会科学は演繹法で、正解は1つではない。百点満点もないかわりに0点もない。