名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マット・デイモンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マット・デイモンのプロフィール

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

マット・デイモンの名言 一覧

僕らはこの映画(『プロミスト・ランド』)で、(賛成・反対)どちらが正しいかという答えを出そうとは思っていない。会話のきっかけを作りたいと思っているんだ。映画の終わりに偏ったメッセージを示されるような作品を誰も観たいとは思わないだろ?


シェールガス開発を題材にした理由は、「問題の複雑さ」かな。それぞれの思惑が絡む、複雑な問題なんだ。そんなシェールガス開発の実情は、アメリカ人のアイデンティティーや、アメリカがどこから来て、どこへ向かおうとしているのかを描くのにピッタリだった。ある人にとっては一時的な救世主になるけど、恐ろしい損失の可能性もある。エネルギー業界にとって、想像もつかないような地政学的な利益があると同時に、大きな賭けであったりもするからね。

【覚え書き|映画『プロミスト・ランド』について】


マット・デイモンの経歴・略歴

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

他の記事も読んでみる

小松真実

地元では知られていても、全国的な知名度が低いために、新事業にチャレンジする資金が集まらない。そんな事業者が地方にはとても多いんです。ファンドを組成することで、資金調達だけでなく、その活動内容や存在についても発信ができます。マーケティング的な効果も大きいですね。


マーク・ガーゾン

一番大切な言語は「心の言葉」です。日本人同士が日本語でしゃべっていても、対立することはある。そう、分かり合うためには、明らかに「日本語以上の何か」が必要なのです。


丹羽宇一郎

人を生かすことをしない経営者は失格。


藤野英人

自分の頭の中の情報を整理したり、周りの考えを知るために、SNSやブログで発信することも大切。当たり障りのないことを書くと、当たり障りのないコメントしか返ってこないので、その辺を丁寧に考えましょう。


澤上篤人

これからはどんな大企業でも、経営がまずければバタバタ倒れていく。逆に無名でも、頑張り次第で一気にのし上がれる。だから株を買うにしても、もうブランド買いはやめた方がいい。きちんと経営内容を見ないと何が起こるかわかりません。逆にきちんと見極められれば大きなリターンになる。


小笹芳央

信頼とは約束と実行。それができる人にお金は集まります。しかし一方で、約束を守らない人にはその逆もある。


角野卓造

ひとりで飲み歩きするようになったのは、50代ぐらいからですね。年齢を重ねてくるうちに、「頼むから俺のことは放っておいてくれ」という気持ちが強くなってきたんですよ(笑)。仲間と連れ立って飲みに行くのは決して嫌いではありません。でも今はせっかく一人になれる時間ができたんだから、なぜわざわざつるんで飲みに行かなくてはいけないんだ、という気持ちの方が強いですね。


吉田直人(経営者)

(イオレ設立に投資してくれたのは)ゲームメーカー時代から、うまくいって駄目になる過程をずっと見ていてくれた方たちです。何もないところからのスタートでしたが、皆さんのそういう気持ちを粋に感じましたし、その気持ちが自信にもつながったので、こうして復活できた気がしています。


岡藤正広

社員3~4人をお客さんのところに連れていくでしょう。そこでの話を、ぱっとビジネスに結び付ける人がいるんですよ。一方で、ぼけーっとしている人もいるのね。これは、出身大学とか関係ない。勘のいい人は、同じ話からいろいろなきっかけをつかむのよ。


石川康晴

CMを検討していたとき、他社事例も分析しました。国鉄からJRになったときのCMを分析したときに、大量のCM投下によって社員が人から見られているという意識が高まり、みどりの窓口のサービスが著しく上がったという話を聞きました。最終的に「間違いなく社員のモチベーションが上がるだろう」と、CM制作への投資を決断思案した。


岩崎高治

提携の発表直後から、上手く行くと言う人もいる一方で、破談になるという声も聞こえていました。お互いが協力してメリットを享受しましょうということですから、資本云々の話は全くの別問題です。皆さん、資本提携から合併というストーリーを作りたがる。それが念頭にあったから、そういう表現になるんですよ(笑)。
【覚え書き|ヤオコーとの提携について】


大倉忠司

「烏貴族」の関東進出を決めた際、中途半端ではうまくいかないと思いましたので、週の半分を東京、残りの半分を大阪という二重生活を始めました。