名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マット・デイモンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マット・デイモンのプロフィール

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

マット・デイモンの名言 一覧

僕らはこの映画(『プロミスト・ランド』)で、(賛成・反対)どちらが正しいかという答えを出そうとは思っていない。会話のきっかけを作りたいと思っているんだ。映画の終わりに偏ったメッセージを示されるような作品を誰も観たいとは思わないだろ?


シェールガス開発を題材にした理由は、「問題の複雑さ」かな。それぞれの思惑が絡む、複雑な問題なんだ。そんなシェールガス開発の実情は、アメリカ人のアイデンティティーや、アメリカがどこから来て、どこへ向かおうとしているのかを描くのにピッタリだった。ある人にとっては一時的な救世主になるけど、恐ろしい損失の可能性もある。エネルギー業界にとって、想像もつかないような地政学的な利益があると同時に、大きな賭けであったりもするからね。

【覚え書き|映画『プロミスト・ランド』について】


マット・デイモンの経歴・略歴

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

他の記事も読んでみる

松橋良紀

心を開いてくれない相手には、まず波長を合わせます。たとえば声のトーンや話すテンポや話と話の間などを相手に合わせれば、心理的に親近感を感じ、だんだん心が開いてきます。ここを合わせるのが、まず第一歩です。若くて元気な部下なら自分も元気に、優しい性格の部下なら、穏やかに話しかければ、だんだん本音を話してくれるようになります。


鎌田實

この3年間、私は東に西に旅をして、被災地や難民キャンプや病院で、たくさんの素敵な人たちと出会いました。有名人も、凄い人もいたけれど、どこにでもいる普通の青年や、おじさん、おばさん。みんな、いい笑顔で笑います。絶望のどん底にあっても、くじけっぱなしなんかでいない。


鷲田小彌太

学力という面では、大学を出ていても出ていなくともたいした差がないよね。それなのに、社会的な評価では一線を画されることになるからつらい。しかし一方で、学歴なんかそれだけのことだとも言える。どんな大学を出ていようと、学ぶ人はものすごく学ぶし、学ばない人は学ばない。東大生だって23、24歳ぐらいで大半が勉強をやめるんだから。社会人になって仕事を始めたら、もう学歴なんて関係がなくなる。実力の勝負だよ。


横山美弥子

40歳以上のビジネスマンの若手時代は、人並みに働けば豊かになれる時代でした。だから仕事第一優先で走り続けることができた。ところがいまは一生懸命働いても、必ずしも収入や将来の安定に直結しない。若手社員にとって仕事は最優先ではなく、プライベートや趣味と同列。だから、急な休日出勤や残業への抵抗感も、上司が想像する以上に大きいのです。


堺美保

理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


板東英二

芸能界に入ってみるとこの世界はまさに模倣が大事やった。いまだったら、さんまであり、紳助であり、真似すべき人がいる。あとは自分らしくこなしていれば、居場所ができてくる。僕の場合で言えば、司会、役者もやりましたが、全部「野球選手にしては……」と褒めてもらえた。助けになったのは「常に大きな声でしゃべりなさい」という上岡(龍太郎)さんの言葉。「道を歩いておっても、「おい」と言って振り向くのは2、3人やけど、「おーい!」と言ったらみんながこっちを向く。それで引っ張っていけばある程度はもつ」と。彼の名言ですわ。


佐々木大輔(経営者)

全ての業務がクラウドで完結すると考えている人と、結局、紙はなくならないと思っている人とでは、視点が全く異なります。何を当然だと考えるかによって、思いつくサービスの質や新規性も変わる。極端なことを言うと、「世界のどちら側」に立っているのかというレベルで差が出ると思います。


佐藤可士和

以前僕が手がけた、銀色の未塗装の缶に青一色で直接プリントを施した「キリン極生」。あれも「そもそも発泡酒とは何だ?」という愚直な疑問から導いたデザインでした。当時、発泡酒は「本当はビールが飲みたいけど……」というネガティブなイメージで飲まれるような代替品でした。だったら「その価値を変えよう!」と考えました。ファッションでいえば、高そうなスーツで決めるのではなく「好きだからTシャツにジーンズのスタイル」という感じ。そこから、コスト減とスタイリッシュさを両立させる、シンプルな一色印刷の缶が生まれたわけです。「売れる発泡酒を……」という視点から思考を始めたら、きっとたどり着けなかった解だと思います。


橘玲

私たちは人的資本、金融資本、社会資本という3つの資本を持っています。人的資本は労働市場でお金を稼ぐ力のことで、スキルやキャリアがあるほど高くなります。金融資本は貯蓄や不動産を運用することで利益が得られます。社会資本は人間関係で、家族やパートナー、友人など親しい人間関係が協力や助け合いによって安心を生み出します。私たちはこの3つの資本を組み合わせて人生を送っているのですが、大切なのは自分がいま持っている資本を把握した上で、それを将来どのようにしていくのかを真剣に考えることです。


速水もこみち

初めのころに比べたら、気持ちの面で余裕は出てきたと思いますが、だからといって慣れてはいけない気がするんです。


カンニング竹山

公園、よく来ますよ。仕事の合間に一息ついたり、ツイッターに投稿したり。わざわざ店に入るまでもないような短い時間とか、公園で友達と缶ビールを飲んだりもしますね。


梁瀬行雄

年齢という秩序によって、人を整然と統治していくやり方に受け入れやすい点はありますが、年功序列が徹底しているのは日本くらいなものだし、その日本にしても戦後から近年に至るまでのごく一時期に徹底されていただけで、古往今来、年功序列がスタンダードだったわけではありません。