名言DB

9413 人 / 110706 名言

マット・デイモンの名言

twitter Facebook はてブ

マット・デイモンのプロフィール

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

マット・デイモンの名言 一覧

僕らはこの映画(『プロミスト・ランド』)で、(賛成・反対)どちらが正しいかという答えを出そうとは思っていない。会話のきっかけを作りたいと思っているんだ。映画の終わりに偏ったメッセージを示されるような作品を誰も観たいとは思わないだろ?


シェールガス開発を題材にした理由は、「問題の複雑さ」かな。それぞれの思惑が絡む、複雑な問題なんだ。そんなシェールガス開発の実情は、アメリカ人のアイデンティティーや、アメリカがどこから来て、どこへ向かおうとしているのかを描くのにピッタリだった。ある人にとっては一時的な救世主になるけど、恐ろしい損失の可能性もある。エネルギー業界にとって、想像もつかないような地政学的な利益があると同時に、大きな賭けであったりもするからね。

【覚え書き|映画『プロミスト・ランド』について】


マット・デイモンの経歴・略歴

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

他の記事も読んでみる

ヴォルテール

自分のしたいことをできたとき、そこに自由がある。この世の中で成功するには、力づくでも、死ぬまで剣を腕より離さないことだ。思考はひげのようなものである。成長するまでは生えない。


澤田秀雄

ハウステンボス内へのベンチャー企業の誘致というのも新しい試みです。フリーゾーンで展開している「イングリッシュスクウェア」には、我々も少し出資していますが、基本はアイデアを出してくださったジャイロスコープという東京の会社が運営しています。経費をかけずにお客を増やす仕組みのひとつです。


鵜澤静

社長業とは因果な商売で、自分が買った会社がすぐに利益に貢献してくれるというわけにはいかない。お互いが歴史や文化の違いを乗り越え、経営面でインテグレート(統合)され、「1+1=3」になったりするようになるまで、少なくとも持ち出し(赤字)にならない程度に経営しながら、一定の時間をかけて、相手先および対外的に買収の意義を説明し、成果をあげていく必要がある。5年後、10年後には必ず、それをやってきてよかったと言われるようなことを、いま必死で成し遂げようと努力している。


飯野謙次

人間は「気持ちの波」によってスピードとクオリティにブレが出るものです。期限や精度には、常に少し「ゆとり」を持たせることも忘れないようにしましょう。


梅森浩一

社内で最も結果を出している上司や先輩のマネをすることが、私はできるビジネスパーソンになる一番の近道だと考えています。


新浪剛史

買収して業績の数字だけを追っていても相乗効果は出ません。大事なのは価値観を統一させること。


ロベルト佃

うちは契約選手を20人程度に抑えています。100人も200人も抱えていたら選手の試合をすべて見れない。選手20人でも年間約400試合ですからね。もちろん、「試合中の走行距離」「パス成功率」「得点率」などのデータは試合を見ずとも手に入ります。しかし、数字だけでは見えてこないプロセスがサッカーの勝敗を分ける。ボールを持っていないときにどう判断し、どんな走り方をしたか。ときに数字には表れないプレーでもチームを勝利に導いた要素が潜んでいる。それを知っておくことが交渉の場で武器になります。


本田宗一郎

いまが不景気だといったって、高度成長の消費が最高に伸びた時代のイメージを早く取り除いて、新しいスタートだと考えればいいんで、その意味でもとくに若い人の活躍に僕は期待したい。


津賀一宏

テレビはお客様からの要求が少ない商品になってしまいました。どこの製品でも映ればいいんだと言われてしまうと厳しい。要求の低い商品は我々は不得手ですから。


谷田千里

フリーアドレス制を導入したのは、「将来、在宅勤務をストレスなくできる環境」を整えたかったから、という目的もありました。子育てや介護を理由に、会社に来て仕事をするのが難しくなった社員でも、辞めずに働ける環境を作りたい。そう考えてのことです。整理は、「モノを減らすことで、どこでも仕事ができる」という新しいワークスタイルも生み出す可能性があるのです。


富岡賢治

合議制のもとでは突破力がない。突破力をつけるためには、トップが責任を持ってやるしかない。


柴田トヨ

年を重ねると人の優しさに敏感になり、わかってくる。もらった思いやりは身に染みこませ、大事にしまっておく。すると、自分がいかに生かされてきたかが感じられる。


吉田幸弘(コンサルタント)

言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


大平信孝

いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。


坂本孝

これまでは、料理人は店の売上げには関与しないのが一般的でした。損益には責任を持たない代わりに、メニューを自由に組み立てる権限もなかったのです。しかも、効率を重視する経営側からは、「新たなメニューは作らずに現状維持でいい」と指示される。また、原価率は20%と決められており、これを超えると料理人の給料から補てんする高級店もあったようです。このような環境では、料理人の腕を発揮できないばかりか、原価や味に妥協しなくてはならないことも多く、料理人の不満は募る一方だったようです。そんな彼らが当社でメニュー作成の裁量を与えられ、店の売上げに責任を持つようになったのです。彼らにとってはこの状態がおもしろいらしく、ミシュランの星つきクラスの料理人が大勢当社に集まってきました。これまで料理の提供に専念していた料理長が、「俺の~」では閉店後に自分のつくったメニューの売行きをチェックし、売行きによっては翌日からメニューを変えるなど対応しています。