マット・デイモンの名言

マット・デイモンのプロフィール

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

マット・デイモンの名言 一覧

僕らはこの映画(『プロミスト・ランド』)で、(賛成・反対)どちらが正しいかという答えを出そうとは思っていない。会話のきっかけを作りたいと思っているんだ。映画の終わりに偏ったメッセージを示されるような作品を誰も観たいとは思わないだろ?


シェールガス開発を題材にした理由は、「問題の複雑さ」かな。それぞれの思惑が絡む、複雑な問題なんだ。そんなシェールガス開発の実情は、アメリカ人のアイデンティティーや、アメリカがどこから来て、どこへ向かおうとしているのかを描くのにピッタリだった。ある人にとっては一時的な救世主になるけど、恐ろしい損失の可能性もある。エネルギー業界にとって、想像もつかないような地政学的な利益があると同時に、大きな賭けであったりもするからね。

【覚え書き|映画『プロミスト・ランド』について】


マット・デイモンの経歴・略歴

マット・デイモン。アメリカの俳優、脚本家、映画プロデューサー。マサチューセッツ州出身。ハーバード大学中退。大学在学中から俳優活動を開始。数多くの映画に出演。アカデミー脚本賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)、放送映画批評家協会賞脚本賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、同脚本賞を獲得。

ページの先頭へ