名言DB

9419 人 / 110788 名言

マックス桐島の名言

twitter Facebook はてブ

マックス桐島のプロフィール

マックス桐島、まっくす・きりしま。日本人映画プロデューサー、俳優。映画制作会社「Den Pictuures」社長。神奈川県出身。高校生時代に単身渡米。UCLA映画学科で学び、ハリウッドで俳優、映画プロデューサーを務めた。著書に『ハリウッドで成功する方法』『ハリウッドの懲りない面々』『仕事は演出力』。

マックス桐島の名言 一覧

「生きる」とは、毎日少しずつ生を受けること。単に死ぬのを待つのとは違います。


何歳になっても「人生これから」と思い続ければ、「今さら……」的発想で人生を歩むことはなくなる。


人生、まさに競争相手は「今の自分」のみ。昔はこれができたという栄華にしがみつかず、今の自分ができることに焦点を合わせることが大切。


「~をしなければ」という考え方は、「意思に反して無理矢理取り組む」というメッセージを自己に与える。
「~をやれる」という姿勢は、自発的に「やることを楽しむ」という雰囲気を自らに与える。


会話とは、まさに話が出会うことですから、すれ違いの感情を芽生えさせた時点で滞ってしまうのは当然の成り行きでしょう。半面、うまく出会った会話に活気と色つやがあるのは、話し手の双方が、面白みと趣を感じるからではないでしょうか。


自分の知識の範囲でしか会話ができないのは、守備範囲の狭い野球選手のようなもの。決して重宝がられず、新しい可能性に挑戦することもなく消えてゆきます。


会議や打ち合わせの場で、「つまり……」「結局……」で始まる「まとめ言葉」を連発するのは、中年特有の会話癖です。その背景には、会話はキャッチボールであるという鉄則を無視した忍耐力の欠如と、会話の内容自体を把握できない自信のなさが、潜んでいるように思います。


心技体を連動させて魂を磨けば、自分の中に潜む「偉大な存在」に目覚める瞬間を感じられるはず。それが「この世に生を受けた目的の一つ」かもしれません。


悩みを打ち明けている相手に、その悩みなんかどうでもいいと思わせるほど聴き上手になる鍛錬が、あなたをより一層しなやかな大人に仕立てる。


マックス桐島の経歴・略歴

マックス桐島、まっくす・きりしま。日本人映画プロデューサー、俳優。映画制作会社「Den Pictuures」社長。神奈川県出身。高校生時代に単身渡米。UCLA映画学科で学び、ハリウッドで俳優、映画プロデューサーを務めた。著書に『ハリウッドで成功する方法』『ハリウッドの懲りない面々』『仕事は演出力』。

他の記事も読んでみる

永持孝之進

理研ビタミン創業時からの課題は事業の多角化でした。お金のない終戦後、捨てられていた魚のはらわたから肝油をとってアメリカに売っていましたが、これがいつまでも続くとは思えません。なぜなら、天然ビタミンは合成ビタミンには商品として価格と性能の点で勝てないという事実があったからです。


稲葉裕幸

せこいと思われるかもしれませんが、1円でも落ちていたら無視できません。マネーゲームみたいな感じでお金をとらえられたらカッコイイと思いますが、僕らは日銭商売なんで、お客様が差し出すシワシワになったお札を、両手を差し出して受け取るのが商売の基本なんです。


佐野浩司

「人生を明るく懸命に、日々生活を生き生きと」が、私の好きな言葉です。これは当社「佐野」の社訓でもあります。会社という組織がひとつになって前に進むために不可欠な要素が詰まっているのです。


安西祐一郎

世界はグローバル化というより、「多極化」の方向に進んでいます。日本のこれからの経済的・外交的・政治的な発言力と立場をしっかり持っていくためには、教育や科学技術という足腰のところから本当に一新していかないと大変なことになる。


渡邉幸義

自分の幸せも不幸も自分自身の価値観がつくり出している。


イヴァン・バルベラ・トラスプエスト

会社ではなく、商品やお客様との関係が全面に出なければならない。


水野和敏

私がエンジニアとしてずっと考えてきたのは「人のために自動車はどうあるべきか」ということ。たとえば、GT-Rは一部のマニアが格好よさや速さを誇るような自動車ではない。はっきり言って、そんな低次元のクルマは誰にでも造れます(笑)。時速300kmでタイヤがバーストしてもディーラーまで普通に走れて、時速200kmで激突しても乗っている人が死なないのがGT-Rです。


谷原章介

自分の選択によって後悔はしたくないので、じっくりと考えます。でも、一人の役者として、あるいは一人の男として。そのときどきの自分の立場によって、最善策はそれぞれ微妙に違うと思います。だからこそ、頭だけではなく、気持ちで納得できることを大切にしたい。


辻野晃一郎

もし、自分のやる気を奪う悪いストレスを受けていると感じたら、部署異動を願い出たり、職場を変えるなどして、一刻も早くそこから抜け出すのが賢明です。無理にその場所に留まって、頑張る必要はありません。一方で、自分を成長させるよいストレスのなかにいると感じたら、逃げずに前向きに取り組むべきだと思います。まずはこれらのストレスの種類を見極め、ストレスと正しく向き合うことが大切でしょうね。


涌井良幸

数字に惑わされずに、裏を読み取ることが大事。