名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マックス桐島の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス桐島のプロフィール

マックス桐島、まっくす・きりしま。日本人映画プロデューサー、俳優。映画制作会社「Den Pictuures」社長。神奈川県出身。高校生時代に単身渡米。UCLA映画学科で学び、ハリウッドで俳優、映画プロデューサーを務めた。著書に『ハリウッドで成功する方法』『ハリウッドの懲りない面々』『仕事は演出力』。

マックス桐島の名言 一覧

「生きる」とは、毎日少しずつ生を受けること。単に死ぬのを待つのとは違います。


何歳になっても「人生これから」と思い続ければ、「今さら……」的発想で人生を歩むことはなくなる。


人生、まさに競争相手は「今の自分」のみ。昔はこれができたという栄華にしがみつかず、今の自分ができることに焦点を合わせることが大切。


「~をしなければ」という考え方は、「意思に反して無理矢理取り組む」というメッセージを自己に与える。
「~をやれる」という姿勢は、自発的に「やることを楽しむ」という雰囲気を自らに与える。


会話とは、まさに話が出会うことですから、すれ違いの感情を芽生えさせた時点で滞ってしまうのは当然の成り行きでしょう。半面、うまく出会った会話に活気と色つやがあるのは、話し手の双方が、面白みと趣を感じるからではないでしょうか。


自分の知識の範囲でしか会話ができないのは、守備範囲の狭い野球選手のようなもの。決して重宝がられず、新しい可能性に挑戦することもなく消えてゆきます。


会議や打ち合わせの場で、「つまり……」「結局……」で始まる「まとめ言葉」を連発するのは、中年特有の会話癖です。その背景には、会話はキャッチボールであるという鉄則を無視した忍耐力の欠如と、会話の内容自体を把握できない自信のなさが、潜んでいるように思います。


心技体を連動させて魂を磨けば、自分の中に潜む「偉大な存在」に目覚める瞬間を感じられるはず。それが「この世に生を受けた目的の一つ」かもしれません。


悩みを打ち明けている相手に、その悩みなんかどうでもいいと思わせるほど聴き上手になる鍛錬が、あなたをより一層しなやかな大人に仕立てる。


マックス桐島の経歴・略歴

マックス桐島、まっくす・きりしま。日本人映画プロデューサー、俳優。映画制作会社「Den Pictuures」社長。神奈川県出身。高校生時代に単身渡米。UCLA映画学科で学び、ハリウッドで俳優、映画プロデューサーを務めた。著書に『ハリウッドで成功する方法』『ハリウッドの懲りない面々』『仕事は演出力』。

他の記事も読んでみる

長岐隆弘

多くの投資は「利ザヤ」を稼ぐことを目的としています。すなわち、安く買って高く売るのが基本。ただ、そのためには相場を常にチェックしなくてはならず、気が休まる暇がありません。そもそも、時間的制約のある会社員には不利です。もちろん、不動産も価格上昇後に売り抜けることで利ザヤを稼ぐことは可能ですが、それはあくまで副次的な要素であり、基本的には毎月の現金収入を得ることが目的です。しかも不動産投資は究極のリピートビジネスです。一度入居者がつけば、数年間は安定的に収入が入ってくる。こんなビジネスは他にあまりありません。


森正文(経営者)

楽天やJTBという競合がいる中で、よく生き残ってきたと思います。特にネットでの差別化は大変です。実店舗の場合、うちの店が銀座にあって、ほかの店が上野のアメ横にあれば、移動するのに30分程度かかります。でも、ネットだと移動にかかる時間は1秒です。一瞬ですから。実店舗の場合、ほかの店に行くのに30分かかるのだったらこのデパートで買い物を済まそうという気にもなりますが、1秒で移動できる世界で、差異を守り抜いて勝つのは大変ですよ。


小倉昌男

消費者の知恵とバイタリティが新しい需要を生み出し、市場が育っていく。そこで市場の変化についていけない会社はつぶれてしまっても仕方がない。会社を潰したくなければ、消費者の動向に常に敏感にならなければいけないし、逆にそうした行為が会社を成長させ、さらには日本経済の活性化につながっていく。そこにはもはや、護送船団方式などといった役所の論理が不要であるということはいうまでもありません。


仙田満

クライアントや仕事仲間から「あなたともう一度仕事したい」と言ってもらえるような姿勢で何事にも真摯に取り組み、期待以上の成果を残すべき。


柳井正

日本人のダメなところは前もって準備しようとするところですね。はじめは失敗するかもしれないけれども、試行錯誤してこそ現場感覚や異文化を身につけられるのです。


堤剛

国内外で本格的な演奏活動をするようになって半世紀、昨秋には文化功労者にも選んでいただきました。しかし、それはむしろ私の将来への功労であると受け止め、ますます努力、精進せねばと自戒する日々です。


宇野康秀

世の中に対して意義のあることだと感じればやりますし、感じなければやりません。我々の提供するサービスが社会から必要とされることが、私の理想です。


小笹芳央

私は20年以上、日曜日の夜に1週間の仕事の優先順位づけをしています。その週の仕事をすべて書き出し、俯瞰する。そしてそれぞれの仕事に優先順位をつける。こうすることで月曜日の朝、出社してすぐに全力で仕事に取り組めるのです。


岩崎裕美子

「長時間労働という未来の無い働き方を変えなければいけない」。そんな想いから、ランクアップでは、仕事を新しく覚える新卒社員以外は定時で帰ります。集中して濃く働くことで、業績も右肩上がりに出来るのです。


原田保

社内で足を引っ張られないためには、部長メーカー、役員メーカーになることです。日本人は下剋上を嫌いますから、上司を押しのけて出世するのではなく、上司をその上の役職まで押し出してしまえばいい。「あいつが下についた奴は必ず偉くなれる」という評判を立てることです。


竹中労

人は無力だから群れるのではなく、群れるから無力になる。


安田隆夫

創業者はよほどのことがない限り、「辞めろ」とは言われない。だからこそ、元気なうちに引導を渡した方が後輩たちにもいい。気力、体力のあるうちに下山した方がいい。