名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マックス・ヴェーバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス・ヴェーバーのプロフィール

マックス・ウェーバー、カール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー。ドイツの社会学者、経済学者。ハイデルベルク大学、ベルリン大学で法律学、経済史を学ぶ。ベルリン大学ローマ法と商法講師を経て、フライブルク大学経済学教授となる。『職業としての学問』『職業としての政治』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』『支配の社会学』そのほか多数の著作を残した

マックス・ヴェーバーの名言 一覧

歴史的に重要な合理性ほど、非目的で非合理的なものに支えられて誕生している。


金銭は君主の中の君主である。


政治の本質は権力である。政治、すなわち手段としての権力と強制力に関係する人間は、悪魔の力と契約を結ぶものである。


生きることは病であり、眠りは緩和剤、死は根治療法である。


最初の教育者は空腹である。


資本主義の精神の生みの親は、どの時代にも見られる命知らずの厚顔な投機家や冒険者たち、あるいは端的に大富豪などではなく、むしろ厳格なしつけのもとで成長し、厳格に市民的なものの見方を身につけて熟慮と断行を兼ね備え、とりわけ冷めた目で、またたゆみなくものごとに打ち込んでいくような人々である。


マックス・ヴェーバーの経歴・略歴

マックス・ウェーバー、カール・エミール・マクスィミリアン・ヴェーバー。ドイツの社会学者、経済学者。ハイデルベルク大学、ベルリン大学で法律学、経済史を学ぶ。ベルリン大学ローマ法と商法講師を経て、フライブルク大学経済学教授となる。『職業としての学問』『職業としての政治』『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』『支配の社会学』そのほか多数の著作を残した

他の記事も読んでみる

有本隆浩

バブル崩壊後、「次はこれでいこう」と発想したのが人材紹介、それも「管理部門特化型の人材紹介」。世間では景気後退で、大手企業が大規模なリストラに踏み切っていました。真っ先に対象になったのが管理部門。総務、人事、経理、法務などの人材です。普通ならそこに特化しても需要がないと思うでしょう。しかし、私は絶対にビジネスチャンスがくると読んでいました。


和田毅

思うようにいかない日々がないと、きっと楽しい明日もないはず。


塩崎均

文系ほど世間に評価してもらうことが難しい学部はなく、この点については関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)に負けている。近大の教員を紹介するガイドブックを作成し、教員のメディア露出を増やして研究内容への世間の認知度を高める。


楠木新

一部の出世した同期と自分を比べても何も得られない。役職定年後はセカンドライフの生き方を考える準備期間だと考え、自分がやりたいことは何かを探していると毎日の生活が楽しくなる。


西成活裕

ある程度意見を集めたら、あとはキッパリ遮断すること。信頼できる人物や情報源、書籍などを数件あたり、「賛成or反対」「推奨or批判」など、相反する意見を両方確認したら、あとは自分で考える時間となります。自身の価値観や基準に応じて決断しましょう。


神戸守一

たい焼きを一匹ずつ焼くから、数ができないんだよ。たくさんの人が並んでくれても待たせちゃう。でもうちがここまで続いた理由は、この一丁焼きを通したから。味はもちろんだけど、誰もマネができない技があったことが大きいね。


杉浦誠司

仕事というのは楽しんでいたら、楽しませてもらえるようなことが、次から次へとやってくる。


ONE(漫画家)

18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


宮本勝文

ワイルドナイツ監督就任当初、我がチームの選手たちは、口では「勝ちたい」と言いながらも、本心では「どうせ日本一は無理だ。こんなもんだろう」と考えているように見えました。「絶対に勝ってやる」という強い気持ちが薄く、すぐ諦めるような空気がありました。そこで、目標を「日本一あるのみ」へと一気に引き上げました。三洋は一度も日本一になったことがありませんでした。でもそれは言い訳にはなりません。選手たちには「先発メンバー全員が日本代表になれるチームを目指したい。お前たちにはそれができる」と檄を飛ばしました。


星野佳路

ばらばらな施設をチェーン展開すると普通はマイナスになります。ただ、そもそも日本の地方の魅力ってばらばらで、それこそ旅の楽しさなんですね。ですからどこに行っても地域らしさがあるという安心感が我々のブランドの強さになっていると思っています。


佐々木圭一

コミュニケーションは、自分と相手との共同作業。その発想が伝える力の基本になる。たとえ非の打ち所がない正論であっても、相手の共感が得られなければ受け入れてはもらえない。


山海嘉之

科学技術は人の役に立ってこそ価値がある。