名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マックス・ピカートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス・ピカートのプロフィール

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

マックス・ピカートの名言 一覧

人間が人間として生存しうるのは、言葉によるものであって、沈黙によるのではないのである。しかし言葉は、沈黙との連関を失えば萎縮してしまう。沈黙とは単に「語らざること」ではない。沈黙はひとつの積極的なもの、ひとつの充実した世界として独立自存しているものなのである。


マックス・ピカートの経歴・略歴

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

他の記事も読んでみる

山本梁介

20代半ばで継いだ家業を数年で手放すことになってしまった反省から、仕事に成功している人は何が違うのかを探ることにしました。同じことをしているのに、成功している人もいれば、失敗する人もいる。単純にいえば、ツキがあるかないかの違いなのでしょうが、よくよく見てみると、成功する人というのは感性が豊かで、人間力にもあふれている。それを見て、事業に成功するだけではなく、人間的にも成功する人を目指さなければならないと気づきました。


姜尚中

先の見えにくい時代ですが、どうか自分の生き方を大局的に見て欲しい。人生に、仕事に、会社に何を求めるのか。迷っている人が多いようです。仕事が第一の人でも、オフの部分をきっちり分けて、そのなかにもうひとつの自分をしっかり作ってほしい。オフを豊かにできれば、オンの部分も豊かにできるはずです。それができないと、自分を見失いかねません。真剣に考えて、悩むだけ悩んだらあとは腹をくくっていきましょう。


奥田陽一

システムを提供する会社のトップの意見として驚かれるかもしれませんが、メールは決して万能のコミュニケーションツールではないと考えています。会議の日時など、シンプルな情報の連絡には、メールが大いに効果を発揮します。一方、複雑な問題でやり取りをすると、途端に誤解が生まれやすくなります。トラブルに発展すれば火消しに時間がとられます。誤解を防ぐために長い文章で説明しようとすると、メール本来の簡便さが失われてしまいます。効率化のためのツールであるはずなのに、使い方を間違えるとかえって仕事が遅くなるのです。


二宮雅也

保険会社にとって人材は経営の柱です。社員が持てる力を発揮し、さらに伸ばしていくことができれば会社の成長につながります。


パンカジ・クマール・ガルグ

自分に感動がないと、他人に感動は与えられない。そこに国家や人といったような垣根はない。


佐藤綾子(心理学者)

最初の発言がどうであれ、実績を人は信じる。人は後の実績を見て、最初の自分のイメージ修正をするのです。「あの時ああ見えたのは、実はこのせいだ」という理由を、後から考えるわけです。「あの彼が弱そうに見えたのは、内心の自信を隠していたからで、本当は強いリーダーだったのだ」と自分の最初の間違った判断に論理的言い訳を加えるのです。


鈴木純(経営者)

自分たちの強み同士をかけ合わせようと社内では言っているんですが、そうすると社内にあるものだけでビジネスをしようと間違える人もいます。そうではなくて、稼ぐ絵図を考えたときに欠けているパーツが必ずあるわけです。そこは外から取ってくる。


津村記久子

小説を書くことは、私にとってはまず忍耐です。ほかには何も要らないのではないかと思えるほど、うまく書けないことに耐えなければなりません。


ダライ・ラマ14世

私はいつも、70億人の人類みんなを兄弟姉妹だと思っています。私は行った先々で出会う人たちを「彼らは私たち人類の兄弟だ」と思うのです。私は、簡単に人に対して親密な感情を抱けます。いとも容易に、何の問題もなく。そう、みんな同じ人類だからです。ところが、「この人たちとは文化も違う、言語も違う、信仰も違う」と考えてしまうと、壁をつくってしまいます。すると、頻繁に孤独を感じるようになります。


倉本聰

僕らの仕事を創作という。創も作もつくるという意味だが、本当の意味は違うと思う。僕の定義では「知識と金で前例に倣ってつくるのが作」「金も知識もないが、前例にないものを智恵で零から生み出すのが創」。零から考え直し、もう一度、創から始めようではないか。


マーク・ベニオフ

日本の経営者と話すとよく、日本には起業家のカルチャーがないという話を聞く。しかし、私はそれが真実ではないと思っている。楽天の三木谷浩史社長は起業家ではないのだろうか。グリーの田中良和社長は、ファーストリテイリングの柳井正社長はどうだろう。盛田昭夫氏は、最も偉大な起業家の1人だった。日本には起業家精神がないと言うよりは、起業家たちが高い評価を受けていないとする方が正確かもしれない。では、それはなぜだろう。答えはシンプルだ。彼らは既成概念を覆すからだ。


桂望実

女子の突破力は、いざとなったらかなり強力。