名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マックス・ピカートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス・ピカートのプロフィール

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

マックス・ピカートの名言 一覧

人間が人間として生存しうるのは、言葉によるものであって、沈黙によるのではないのである。しかし言葉は、沈黙との連関を失えば萎縮してしまう。沈黙とは単に「語らざること」ではない。沈黙はひとつの積極的なもの、ひとつの充実した世界として独立自存しているものなのである。


マックス・ピカートの経歴・略歴

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

他の記事も読んでみる

宮本武蔵

脅えるということは何ごとにもあるものである。思いもよらないものに脅えるものである。合戦の場合も、敵を脅やかすことは当然のことである。あるいは鳴り物の音でも脅やかし、あるいは小勢を大軍にみせて脅やかし、また脇から不意を突いて脅やかすこと、これで敵は脅えるものである。その脅える拍子をとらえ、その有利さによって勝つのである。


永山治

2000年6月、米大統領のビル・クリントンと英首相のトニー・ブレアが、ヒトゲノムの概要解読を終了したと発表しました。「生命の世紀」などという言い方も生まれました。病気の原因と遺伝子の関係について、毎日のように発見がある中で薬を作るには、膨大な費用がかかります。中外は化学合成による創薬が主流の国内製薬企業の中で、いち早くバイオ分野に注力してきました。(腎性貧血治療に用いられる)エリスロポエチン(EPO)など成功例もあります。でも、宇宙のように限度がない世界で、当社だけが単独でリスクのあるバイオ分野の新製品開発を必ずやっていけるというのは、もう全くイリュージョンです。時期が来たら動かねばならないということで、新年の挨拶や中期計画などを通じて、社員に対しては問題意識を投げかけ続けていました。
【覚書き|スイスのロシュに自社株式の50.1%を売って傘下に入った理由について語った言葉】


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

僕にとっての天賦は落語です。天賦だからこそ苦しいと思うことでも楽しめる。


黒鉄ヒロシ

誰もいない雨の日、孤独など感じている暇があるのなら、本を開いてみるといい。そこには先人たちの知恵がある。


岡田裕介(東映)

映画館が残るかはわからない。でも映像は残る。映像がどういう形でユーザーに届くかを見極めていくことが、これからの大きな課題。


稲盛和夫

セラミック分野での研究成果や技術を世界で試してみたいという思いを持ち、京セラを創業したのは27歳のときです。それからは、ただひたむきに、一生懸命、仕事に打ち込んできたつもりです。京セラは幸運にも発展を続け、私は経営者として称賛されるようになりました。


小笹芳央

これからの企業は社員から選ばれる企業にならなければなりません。働く個人から選ばれる企業、つまり、どれだけ素晴らしいビジネスモデルや経営戦略があったとしても、それらはすぐに陳腐化・模倣化されてしまいますので、社員のモチベーションを高めたり、人を惹きつける魅力のない企業はどんどん衰退していくと思うのです。


中井源左衛門

「始末(倹約)」と「吝嗇(りんしょく)」とは違う。無智な者は同じと思うだろうが、「吝嗇」だと光は消えうせてしまう。一方、「始末」を心掛けるならば、十万億土を照らすほどの光に溢れるだろう。


野中正人

店長の約7割はパート出身の主婦です。地域で最も優秀な人材を活用できるように、閉店時間を19時として、主婦でも働きやすい環境を整えてきました。店長の発注権限がないのも、働きやすさにつながっています。店長が負う責任は売上と労務管理のみ。商品発注と在庫のコントロールは、すべて本部で行うため、店長であっても他の社員と一緒に19時15分には店を出られます。


志賀俊之

最も大切なのは、産業の新陳代謝を高めること。日本には良い技術を持った企業がたくさんあるのに、企業の中でノンコアとして眠ったまま。それを早く外に出して他社と再編すれば、まだまだ世界と戦えるんです。


川村隆

取締役会の強化は、事業面でも緊張感を生みます。社外取締役からは、「何でこんな低い利益率で喜んでいるのか」「アフリカ市場を開拓するための準備はできているのか」など、社内の人からは飛んでこないような厳しい質問が出て議論が盛り上がります。


古賀伸明

何度も対話を重ね、様々な課題について論じ合ううちに、次第に変化が生じました。「あなたの組織ではなく、あなたが言っているのだから信じよう」と話す人が出はじめ、お互いの間に信頼関係が芽生えたことで、物事の歯車が回り出した。