マックス・ピカートの名言

マックス・ピカートのプロフィール

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

マックス・ピカートの名言 一覧

人間が人間として生存しうるのは、言葉によるものであって、沈黙によるのではないのである。しかし言葉は、沈黙との連関を失えば萎縮してしまう。沈黙とは単に「語らざること」ではない。沈黙はひとつの積極的なもの、ひとつの充実した世界として独立自存しているものなのである。


マックス・ピカートの経歴・略歴

マックス・ピカート。ドイツ出身の思想家、医師。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ショップフハイム出身。フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学で医学を学び、ハイデルベルク大学で研修医を務めたのち医師免許を取得。その後、イタリアに住み、著述活動を行った。

他の記事も読んでみる

隈研吾

会議やプレゼンを楽しい場にする。僕は会議で、しょっちゅう冗談を言っています。会議は、正しい目的、あるいはソリューションに到達するための場と思いがちですよね。特に日本人はそう。ですが、会議を1時間するんだったら、つまらない会議になんてしたくない。時に冗談を交えながら、1時間を楽しく過ごせた方がいいわけです。欧米人、中国人は、会議を楽しくしようとします。ここは、日本人が不得意とするところですね。


田中ウルヴェ京

状況をよく見て、手を変え品を変え、突破を試みることが真の意味での「粘り」なのです。この意味での「粘る力」を持つ人は、組織に必要な人材として一目置かれるようになるでしょう。


伊藤博之(経営者)

オープンカルチャーというか、こういう考え方はビジネスの新しいイノベーション、プロモーションの方向でもあると思います。僕は「密結合」と「疎結合」と言うんですが、自然界って「疎」ですよね。花が咲き、ハチが飛んできて蜜を吸い、体に花粉がついて別の花に運ぶ。両者はとくに契約書を交わしているわけではない。反対に銀行と銀行の統合のような人為的な「密」な結合は、必ずといっていいほどトラブルが発生するじゃないですか。労使関係や企業の契約関係もそう。不自然で非効率的な「密」のリスクを減らしていくのが合理的だと思う。


工藤公康

僕の場合、ランニングをしながら「今日何をやらなければいけないか」を考え、キャッチボールをしているときも実戦を想定しながら一球一球の感触をチェックし、どうすればいいかを考え、その都度修正しながら汗を流します。もう一度、一軍のマウンドで投げたいという気持ちがそうさせるのです。


澤田秀雄

自分で興した企業については、働く姿を通して、一般の社員にも理念などがある程度は浸透しています。でも、買収した企業は別です。買収した企業の文化を変えるためには少なくとも3~5年、規模が大きい企業であればもっと、長い時間をかけなければいけません。


佐々木正悟

仕事を覚えているということは、脳が緊張下にあるということです。緊張状態が限界を超えてストレスのエネルギーが強くなりすぎると、不安や焦り、苦痛となります。夏休みの宿題のように締切近くまでやらなければいけないことに手を付けない人が多いのですが、仕事の締め切りを前に設定することです。「何時までにやる」とまわりにも宣言し、仕事をギリギリまで引っ張らないようにするといいでしょう。


古森重隆

自分たちが生き抜き、競争を勝ち抜いていくために「あるべき姿」について徹底して考え、その事業ポートフォリオを形成していくために、いま、何が足りないか、あるいは何が加わることで新しい価値が生み出せるかについて考えることが重要。


新浪剛史

若い人にはファイナンスのほかに、歴史も勉強してほしい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉通りですよ。


工藤公康

僕がいけるところまでいってみようという気持ちでいるのも、まだやり残していることがあるから。開き直りは、こうした可能性を追求している人にしか訪れない心境だと思う。開き直れずに立ち止まっている人がいたら、僕はこう言いたい。あなたは開き直れるほど、人生を一生懸命生きてますかと。やれることがあるなら、とにかくトライし続けてみればいい。その先に、きっと答えはあるんだよ。


松澤昭(工学博士)

東工大でも博士課程の学生には3カ月のインターンシップを義務づけています。私の研究室は留学生が多いということもありますが、インターンシップは自分のステップアップにとってとても重要なので、できるだけ海外の先端的な企業に行くように勧めています。


夏原武

不景気になると詐欺が増えるのは、将来に不安を感じる人が増えるためです。手元の虎の子を何とか手を付けずに、なんとか手を付けずに増やしていきたいと切実になり、「元本保証、高利回り」という常識で考えればありえない手段で運用しようと考えます。中途半端な知識を持っていることもかえって危険を招きます。


高田純次

「魔がさした」というのは、それくらい自分が弾けたというか、憧れていたクリエイティブな世界に身を投じることに熱くなっていたということだ。結果的にそのとき魔がさしたことが僕の人生を大きく変え、その後曲がりなりにも芸能人として飯を食うことにつながっている。
【覚書き|サラリーマンを辞めて劇団員になった当時を振り返っての発言】


筒井義信

もともと日本生命には、若い人がモノを言えて、そこから積み上げる社風が根付いています。私自身、宣伝課長をしていたころに、いろいろご批判を受けたコマーシャルをつくったことがあったのですが、経営陣は寛大に受け止めて、積極的にチャレンジさせてくれました。そうした闊達は社風を若い人たちに引き継いでいくこともトップの仕事です。


西田一見

勝ち癖をつけるには、必要なのは、達成した時のイメージを描く練習です。最初に「楽しいと思えること」を想像しておくと、目標を達成した後の光景も描きやすくなります。絵や写真を使って、目標達成後にどんな気持ちか、どんなメリットがあるかを想像して書いてみましょう。


守安功

私は常に興味の対象が変わっていくタイプです。技術者になったときも、プログラムがすごく好きだったというわけではなく、それを使って新しいサービスをやっていくことに興味がありました。ひとつのことを続けているとつまらなくなるし、色々なことをやってみたいのです。


ページの先頭へ