名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マックス・ドゥプリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス・ドゥプリーのプロフィール

マックス・ドゥプリー、マックス・デプリー。アメリカの経営者。家具メーカー「ハーマンミラー」のCEO(最高経営責任者)。同社を20年以上経営し、フォーチュン誌の「米国でもっとも称賛される企業」に何度も選ばれた。著書に『響き合うリーダーシップ』『リーダーシップは君子のように 超優良企業を創りあげた新指導者論』ほか。

マックス・ドゥプリーの名言 一覧

今日の自分にとどまったままで、なりたい自分になることはできない。


マックス・ドゥプリーの経歴・略歴

マックス・ドゥプリー、マックス・デプリー。アメリカの経営者。家具メーカー「ハーマンミラー」のCEO(最高経営責任者)。同社を20年以上経営し、フォーチュン誌の「米国でもっとも称賛される企業」に何度も選ばれた。著書に『響き合うリーダーシップ』『リーダーシップは君子のように 超優良企業を創りあげた新指導者論』ほか。

他の記事も読んでみる

小田與之彦

お客様へのもてなしを支えるのは社員です。だからこそ、当社では社員が幸せだと感じてもらうことが大切だと考えて体制を作ってきました。例えば、女性社員が子供を育てながら安心して働けるよう、母子寮を併設した企業内保育園「カンガルーハウス」を86年に設置しています。また、料理搬送システムも省人化を実現すると同時に、客室係の負担を減らすことで、お客様へのもてなしを手厚くすることを可能にしました。


東山彰良

キューバのレイナルド・アレナスという作家が本の中で「書くことは呪いのようなものだ」と書いているんですが、書くことに呪われてしまった人間は、書くことでしか心の平穏を取り戻すことができないと思います。だから若い人たちに作家になることをオススメできるかというと、微妙です(笑)。ただ、もしもなりたいという人がいるのであれば、「才能があるかないかは関係ない。とにかく書け!」と言いたいですね。


糸井重里

大げさな言い方かもしれませんが、(ほぼ日の事業で)共通するのは肯定感でしょうか。同じものを見て面白いと肯定するか、悲しいと否定するかは人それぞれです。僕自身は否定感を抱えている人間なんですが、振り返って「生まれてよかった」と言える人がいる社会の方が、少なくとも他人を幸せにしますよね。だから、その肯定感につながるものを提供するというのが、ベースにある気がします。


大野直竹

会社の商品の知識を勉強し、それをベースとするのは必要だけども、我々が望むのは、とにかく人間を磨く事だ。


川越達也

お客様がいらっしゃる前も、銀行の手続きや取引業者さんへの支払い手続きなども自分でやるようにしています。店の経営状態を肌感覚でつかむには、お金の出し入れに関する手続きを自分でやるのが一番いいんです。いまのように忙しくなる前からずっと自分でやってきたことですし、スタッフに対しても「自分はちゃんとお店の経営に意識を向けているよ」というメッセージにもなります。うちぐらいの小規模の組織だからできることだとは思いますが。


小林哲也(帝国ホテル)

私が総合企画室長だった頃、「さすが帝国ホテル推進会議」という活動を始めました。帝国ホテルはやはり、「さすが」と言われなければならない。その対極が「帝国ホテルともあろうものが」という叱責です。お客様の我々への評価は、極端に言えばこの2つだけ。常に「さすが」と評価されるためにはどうすべきか。「挨拶、清潔、身だしなみ」「誠実、謙虚、感謝」といった地道な行動テーマを設け、接客のさらなる向上に取り組みました。


小林陽太郎

当社は物事を合理的に考え、人の能力を最大限に引き出す経営を会社の柱に据えてきました。それはいま、当社の不変の遺伝子とも言える理念になっています。


柿木厚司

私は(次期中計以降も)コスト競争力も含めた基盤整備は、まだまだ終わったとは思っていない。新技術開発にも積極的に取り組んでいきたい。一方で、引き続き基盤整備にも取り組んでいく。この両輪の取り組みは6次中期経営計画以降も継続していくことになる。


エドワード・ファイゲンバウム

厳しい言い方になりますが、現状のままで日本企業がアップルやグーグルなどに追いつくのは不可能でしょう。ソフトウェアは蒸気のようなもので目に見えない。日本のビジネス文化は目に見えないソフトウェアの重要性を理解してこなかった。理科系の大学を卒業した学生は、電気エンジニアとして働くことが良しとされ、プログラマーには活躍の場もなく、正当な評価もされなかった。この認識はいまなお日本の文化に根深く残っており、その認識こそが大学や企業、デザイン分野にまで影響を及ぼしている。状況を正しく理解するためには、Siriが開発され、iPhoneに統合され、我々が使うようになるまでの過程に目を向けるべきだろう。


宇佐美進典

働きがいのある会社の構築を最大目標としている訳ではありません。ただ、「いかに一人ひとりの力を引き出せる組織にするか」は重要視しています。そのためには個々人が自分の力を信じ、やりたいことを認識し、次に向かうために何をすればいいのかを日々意識して行動することが必要です。その一歩を進めやすいよう会社としてサポートすることを大切にしています。


西室泰三

株主価値だけが増大して、社会的に何の価値もないという企業であったら、それこそ存在価値がない。


井上弘

ネットの拡大は地方局にとってチャンスだと考えている。地方は東京に比べて人件費が低い。どこからでも発信できるネットをうまく使うことができのではないか。私が何か提案できればいいが、残念ながらそんな知恵はない。次の時代の人たちに頑張ってもらいたい。