名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マックス・シュティルナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マックス・シュティルナーのプロフィール

マックス・シュティルナー。19世紀ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の一人。個人主義を軸とする哲学を展開。個々の人間の独自性、自立性を重視したエゴイズム思想を提唱した。同じ青年ヘーゲル派に属していたマルクスやエンゲルスに大きな影響を与えている。著書に『唯一者とその所有』

マックス・シュティルナーの名言 一覧

孤独は知恵の最善の母乳である。


私は人を愛するが、それは利己心からの自覚があって愛するのだ。つまり、人を愛することが気持ちよく、自分を幸福にするからだ。


マックス・シュティルナーの経歴・略歴

マックス・シュティルナー。19世紀ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の一人。個人主義を軸とする哲学を展開。個々の人間の独自性、自立性を重視したエゴイズム思想を提唱した。同じ青年ヘーゲル派に属していたマルクスやエンゲルスに大きな影響を与えている。著書に『唯一者とその所有』

他の記事も読んでみる

東山紀之

敏感であればあるほど自己発見は増えます。仕事が速い人というのも、仕事に対して絶えず敏感で自己発見の多い人だと思います。


川崎秀一

どうしても組織が大きくなると、官僚的というか、縦割りの弊害が出てきます。しかし、それではいけない。通信の人間も金融の人間も、もっといえば総務や人事の人間の誰もが事業全体のことを考えて、新しい商品やサービスを作っていく必要がある。だから、横断的な組織を作る必要がありました。


永守重信

70歳になって、家の中に新しいトレーニングセンターを作った。家内は無駄な投資はやめておけと反対したけど(笑)。体を動かすのは、毎日朝5時から30分、夜は10時半から11時半くらいまで。時間がもったいないから、手ぶらで電話できる装置を全部のマシンに付けて、話をしながらトレーニングしてるよ。今72歳だけど、この間の体力テストの結果は48歳。67歳の頃から体力は56歳ぐらいのレベルからは若返らなかったのに、トレーニングセンターを作って2年で8歳も若返った。ストレッチ中心のメニューに変えて体が柔らかくなったし、瞬発力なんか25歳。車がぱっと飛び出してきてもさっと避けられる(笑)。


木村宏

1999年、米たばこ大手RJRナビスコの海外たばこ部門を9400億円で買収する大型案件を決断した。その際も1から2か月ほどテンションが高い状態が続いた。2006年は英国のたばこ大手ガラハーの買収を決めた。総額は2兆2500億円以上と、RJR買収を上回る国内最大級の買収案件である。この案件では、最終交渉を始めるころから2・3か月にわたり、フル回転の状態だった。こうした長丁場の緊張状態に耐えられるのは、20代後半から30代初めにかけて火事場を経験させてもらったのが大きい。


田中良和(GREE)

会社とは業態を転換していくものです。グーグルは検索の会社ですが、今や世界最大のOSメーカー。アップルはPCメーカーから携帯メーカーになりました。昔はソニーというラジオの会社がやがてゲームや映画を手がけるとは誰も思わなかったでしょう。


原田泳幸

日本NCRでエンジニアとして働いたことで本当に鍛えられました。たとえば人間は理不尽なことを周りから求められない限り、イノベーションを起こせない。「できないことをやる」「非常識を常識にする」。これらを徹底的に叩き込まれました。同時に、すべてのビジネスチャンスは現場にある、と学びました。


森川陽太郎

よくモチベーションを上げたいと聞きますが、無理やり上げられるものではありません。モチベーションは時間をかけて育てるものです。行動を起こすきっかけに必要な短期的なやる気はテンションです。テンションをモチベーションに育てればいい。そのためには自分が確実にできることをこなして成功体験を重ね、モチベーションを高めていけば効果的です。


松下幸之助

人間の心は孫悟空の如意棒のように伸縮自在で、大きくも小さくもなる。要は各人の心の持ち方次第。


植木義晴

JALグループ企業理念をもう一度考え直しました。以前も企業理念はありましたが、心の底まで染みこんだものではなく、理念が存在することすら忘れていました。日本航空は誰のためにあって何を目標にするのか。シンプルな文章をつくりました。今、どの社員に聞いてもそれを答えられるはずです。


村岡恵理

まだ書き込みのない、真っ白なカレンダーを前にすると、必ず思い出される句がひとつ。「初暦(はつごよみ) 知らぬ月日は美しく」。女性作家、吉屋信子氏が残された句です。新しい年の未知の日々は、例えて言えば清らかな新雪のイメージでしょうか。私たちはその道をザクザクと進んで行くわけですが、願わくば、目標に向かって確かな足跡を刻んで行きたいものです。


森川亮

「仕事=人生」の人は、仕事で自己実現したい人でしょう。そういう人は、自分が選んだ分野でナンバーワンを目指し、他の人ができない価値を生むためにとことん頑張ればいい。


山下和美

チャレンジっていうよりも、なんかいつも崖っぷちに身を置いている。いつも(崖に)ぶら下がるので必死なんです、私も。