マックス・シュティルナーの名言

マックス・シュティルナーのプロフィール

マックス・シュティルナー。19世紀ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の一人。個人主義を軸とする哲学を展開。個々の人間の独自性、自立性を重視したエゴイズム思想を提唱した。同じ青年ヘーゲル派に属していたマルクスやエンゲルスに大きな影響を与えている。著書に『唯一者とその所有』

マックス・シュティルナーの名言 一覧

孤独は知恵の最善の母乳である。


私は人を愛するが、それは利己心からの自覚があって愛するのだ。つまり、人を愛することが気持ちよく、自分を幸福にするからだ。


マックス・シュティルナーの経歴・略歴

マックス・シュティルナー。19世紀ドイツの哲学者。青年ヘーゲル派(ヘーゲル左派)の一人。個人主義を軸とする哲学を展開。個々の人間の独自性、自立性を重視したエゴイズム思想を提唱した。同じ青年ヘーゲル派に属していたマルクスやエンゲルスに大きな影響を与えている。著書に『唯一者とその所有』

他の記事も読んでみる

臼井由妃

断るための前提は、断らないこと。私はこう逆説的に表現しています。最初からできませんと突き放すのではなく、まずは相手の話をしっかりと聞き、条件を詰めていく中で妥協点を探っていくのです。それでも無理とわかったとき「今回はできません」となるのです。


南部靖之

私はM&Aには積極的ではありません。事業規模の拡大だけをめざすのは、私の創業精神とは外れますから。


上西京一郎

クレームのお手紙やお電話をいただいたら、しっかり受け止めて現場にすぐ下ろし、直すところを直すのは当然です。見落としがちなのはサイレントの部分です。声になって出てこないゲスト(お客様)のネガティブな心理、黙って去るゲストの泣き声です。


鈴木喬(経営者)

元々、私は生命保険会社で営業マンをしていました。企業相手に法人向けの保険を売るのですが、とにかく契約が取れない。一生懸命、勉強し、そのノウハウを実践しても最初の2~3年は売上ゼロ。そこでトップ営業マンに同行させてもらったら、マニュアル通りだからダメだったんだとわかりました。相手はマニュアル通りに話す営業マンに、何百人も会うわけですからね。印象に残らなくて当然です。そこで私は商品より、自分を売り込むことにしました。顔と名前を覚えてもらってから、相手の企業に役立つ提案をしました。その結果、契約高1兆円という記録が作れたのです。


田上節朗

私どものチェーンでも、加盟店の成長を促すために取り組みの一環としてオーナー会を組織しています。全国規模の総会や東西2つのブロックに分けて行う研修会もあれば、地域単位で行われる個別活動もあります。


山崎元

退社後にやりたいことがある場合は、「火曜と木曜は英語の学校に通いたいので、早く帰らせてほしい」と上司に話せばいいのです。もし上司から「しばらくは難しいよ」と言われたら、そのときは引き下がるという手もあります。でも、打ち明ければ上司も部下の事情が分かるわけだから、上司のうちの何割かは、その後は部下の事情に配慮してくれるようになるものです。


杉山博孝

街というものは、時代を映して変わり、成長していくものです。最初の丸の内開発は明治・大正期。丸ビルが開業したのは1923年(大正12年)です。2回目の開発を行った当時は、日本が高度成長に向かい、オフィススペースの確保が最優先に求められた時代でしたが、20世紀の終わりごろから経済の状況が変わりました。人びとのライフスタイルも変わり、丸の内にも、ただ働くだけでなく、アメニティ(快適さ)や文化的なものが求められるようになりました。


齋藤孝(教育学者)

文章で使う事例は主に雑誌から拾います。インターネットでも収集できるかもしれませんが、総じて雑誌のほうが情報の精度が高く、取材や編集に手をかけてあるので内容も掘り下げられています。気になった記事には付箋を貼ってコピーし、まとめておきます。ある程度の量が集まれば、それがそのままネタ帳になります。


梶原しげる

糸井重里さんは、「どうでもいいことが実はその人」との名言をおっしゃっていましたが、仕事や業界の話などのオフィシャルな会話には、その人らしさはなかなか現われません。ビジネスの目的から外れた、アンオフィシャルの会話にこそ打ち解けた人間関係を築くカギがあるのです。


高橋フミアキ

失礼な文章では相手の心証を害するのは当然ですし、形として残るぶん、メールの文章はより気をつけなくてはなりません。


奥島孝康

21世紀は「法を知らないと、何が起こるか分からない」ではなく、「法を知らないと、どんな悲劇に襲われるかわからない」時代である。


大坪清

段ボールは100年前も今も、その基本的な構造は全く変わっていない。JISに規定される規格も3つしかない。それで十分ニーズに対応できていたし、皆変える必要はないと思い込んでいたからだが、消費の多様化、高度化、物流の発達、環境意識の高まりなど、世の中は刻々と変化しており、段ボールもそれに合わせて進化しなくてはいけない。


奥正之

振り返ってみますと、銀行で働くことで、多くの人たちとつながりができたことが、何より一番嬉しいことですし、私の財産になっています。


木山剛史

単価の高い商品を売るリアル店舗が生き残っていくためには商品力、ディスプレー、そして接客力が大事。ここがうちの強みです。


酒井眞一郎

当社の人事制度は自分がなぜこのような評価なのか、何をやれば昇格するのかなど、全部公開しています。


ページの先頭へ