名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マダム・ホーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マダム・ホーのプロフィール

マダム・グレース・ホー。アメリカ在住のベストセラー作家、講演家、メンタルコーチ。南カリフォルニア大学大学院作業医療学部修了、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院公衆衛生学部修了。同校の顧問なども務めている。主な著書に『世界一愚かなお金持ち、日本人』『世界の成功者から学んだこの世で一番大切な勉強法』『カリスマ華僑夫人が教える! 世界の富める男たちのお金と愛情の法則』など。

マダム・ホーの名言 一覧

人との触れ合いを大切にしましょう。IT時代の現在こそハイテクよりハイタッチ(コミュニケーション)が必要です。


ビジネスと日常、どちらの場においてもマナーとは、相手に対するリスペクトの気持ちの表れ。


遅刻しないことは、相手の方の時間をリスペクトすることでもある。


日本では、社員とトイレ掃除をするような経営者が尊敬されますが、海外では掃除にお金も人もついてきません。


私も夫も若いころは貧しかった。お金以外のところでつながっているからこそ、ずっと一緒に頑張ってこられたのです。


命あってこそお金儲けができることを、華僑はわかっているのです。危機感が薄い日本人には、どこで誰かが何とかしてくれるという甘さがあるのではないでしょうか。


日本人が貯蓄から投資の流れを意識し始めたのはよいのですが、おかしな拝金主義がはびこっているようです。ハングリー精神を失い、ただ一攫千金を狙い、お金そのものを目的にする人が増えています。


本当に大切なのは、マナーを杓子定規に守るよりも、ゲストの状況を察して、フレキシブルに対応することであり、それが本当の意味でのおもてなしです。


誰しも自分の話を途中で遮られたらいい気持ちはしません。「この人は、私の話は聞きたくないのだな。だったら、もうお付き合いはやめにしよう」と思われてしまうことだって十分にありえます。ユダヤの格言は「なぜ、耳が二つなのに、口が一つなのか? それは、自分のことを話すより、人の話を聞くほうがもっと大切だからだ」と戒めています。


お金持ちが嫌う人には3つのタイプがあります。「時間にルーズで遅刻する人」「相手の方のお話の腰を折る人」「フレキシブルな対応が取れない人」。


今年に入って若者のための奨学金をつくりました。でも、まだ道半ばです。学部をつくるには35億円が必要。長期目標のホスピス建設には、もっとお金がかかります。人は私たちを見て十分に稼いだというけれど、まだ不十分です。お金は目標を達成するためのツールに過ぎませんが、あればあるほどいい。


仕事には、来るものは拒まずという考え方で取り組んでいます。仕事をクビになって途方に暮れていたとき、医療勤務者のエージェンシーに登録したのは知人に誘われたからだし、その後に社長秘書になったのも、日本の駐在員の奥様にスカウトされたから。いまでは自分の天職だと思っている同時通訳も、最初は日本の大学教授に頼まれてやっただけです。どの仕事も未経験でしたが、やってみたら楽しくできた。食わず嫌いでいるのはもったいない。大阪人らしく「やってみなはれ」でトライして、その後にどうするか決めています。


日本に滞在中は、つねに帝国ホテルに宿泊しています。帝国ホテルに泊まっていると言うと仕事相手から信用を得られますし、ここはサービスのレベルが高くてコンフォータブル。快適に過ごせないと仕事にも支障が出るので、そこはお金を惜しみません。それから、車は必ずベンツです。アメリカは車社会なのでドイツ車に乗っていることはステータスの証しになり信用が増すのです。そして何よりベンツは頑丈で、たとえ事故に遭っても命を落とす危険がほかより少ない。信用と安全にはお金をかけるべきです。


財布は壊れたからといってすぐに新しいものに買い替えたりしません。壊れたら修理して長年、大事に使うべきです。親からはそう教わりました。


財団をつくることが夢なので、贄沢に暮らすよりも、夢に向けてお金を上手に使っていきたい。


お金を増やすコツは、信頼できる人とビジネスをすることでしょうか。私たち夫婦の投資パートナーは、夫の幼なじみである3人の男性です。「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、子供のときに嘘をつかなかった幼馴染みとは、大人になってからもお互いに信じあえる。だから重要な投資案件は彼らとしかやりません。


仕事をクビになる経験をしたことで、収入には労働収入と不労収入があり、不労収入を確保しなければならないと痛感しました。頑張って働いて労働収入を得る一方で、いかに不労収入を増やしていくか。25歳以降はそれをテーマに収入源を増やしてきました。


親の介護で一時帰国したことをきっかけに勤めていた病院をクビになり、収入が激減しました。当時は結婚したばかりで、初めて迎えた夫の誕生日もレストランでお祝いができず、おにぎりをつくってサンタバーバラのビーチにピクニックにいくしかありませんでした。初めて経験した貧乏に、私はみじめな気持ちでいっぱいでした。でも、そのとき夫がおにぎりを頬張りながら言った一言に救われました。「日本のお米は冷めてもおいしいね!」。夫がこう言うのを聞いて、クヨクヨしている自分が馬鹿らしくなりました。仕事はないけれど、おにぎりはおいしいし、海は青くてきれい。それでいいじゃないかと、ふと思えたのです。不思議なもので、ケセラセラの心境になって肩の力が抜けた途端、運も向いてきました。知人の紹介ですぐに仕事も見つかったし、さらに社長秘書や同時通訳といった仕事をするチャンスが訪れ、収入はどんどんと増えていきました。


商売をやっている家庭で生まれたせいか、自分がお金に困るという想像をしたことがありませんでした。ただ、それは実家に資産があるからではありません。自営業は毎月のお給料が決まっている会社員と違って、働けば働くほど収入が増えます。そのような環境で育ったので、「自分が努力すれば、いつでもお金はついてくる」という意識が自然と身についたのです。


マダム・ホーの経歴・略歴

マダム・グレース・ホー。アメリカ在住のベストセラー作家、講演家、メンタルコーチ。南カリフォルニア大学大学院作業医療学部修了、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院公衆衛生学部修了。同校の顧問なども務めている。主な著書に『世界一愚かなお金持ち、日本人』『世界の成功者から学んだこの世で一番大切な勉強法』『カリスマ華僑夫人が教える! 世界の富める男たちのお金と愛情の法則』など。

他の記事も読んでみる

上山信一

業界の解決すべき問題をスピーディーに把握したいときには、業界紙や過去の新聞記事が役に立ちます。記事になるというのは、そこに何か問題か工夫があるということですから。逆に、学術論文、専門書をいくら読んでも、改革すべき点は見えてきません。


平林岳

1度目は途中で諦めて帰ったわけですが、それは一人だったからではないかと思うんです。自分だけのことだったから、何でもできたわけですし、逃げ出すこともできた。でも今は、家族という一番大切な存在を日本に残しているから、励みにもなるし、ここで強く踏ん張らなくてはいけないとも思う。家族がいるからこそ、挑戦できているんです。


アレックス・カー

残念ながら今の日本からは、世界中の人の心をつかむような商品やサービスが登場していない。これはビジネスパーソンの多くが、すぐに通用する仕事のスキルを身につけることばかりに熱心で、真の教養を身につける努力を怠ってきたからではないでしょうか。


茂木友三郎

企業は社会の公器であるという自覚を持たなければいけない。企業もある一定の規模になると、社会の公器になる。経営者は、その企業が社会の公器になったら、株主のことだけ考えているのではいけない。従業員や取引先、顧客などすべてのステークホルダーのことを十分考慮に入れて仕事をしなければならない。「良き企業市民たれ」ということ。


森下篤史

不良在庫を減らしても、粗利予算を達成しても、誉めてもらえない時がある。上司は認めていない訳ではない。誉めてくれないとか、認めてくれないと言って「いじけて」どうする。君が人を使う立場に立った時、全ての部下の行動をつかめるか?自分が忙しい時、クレームがあった時、健康を害している時、いろんな事があってつい部下の誉め時を逃がす時がある。研修審査で学んだ「再挑戦」の意味を思い出せ。限界に近い力を出して、何度も何度も挑戦した結果、最後には必ず合格したではないか。これでもか、これでもかと続ければ認めてくれるに決まっている。安心して取り組め。


池上遼一

リアルな絵で荒唐無稽な話をやりたいんです。「こんなことがあるわけねえだろう」って、「こんな主人公いるわけないじゃん」ってなるんだけど、絵をリアルに、演出をリアルにすることによって「ひょっとしたら」って思わせる。それが僕の仕事だと思っている。


前田晃伸

帰宅時間が夜の12時とか1時になっても、起床時間は常に朝4時と決めています。つまり、朝4時に起床し、7時に出社して、始業までの2時間ほどを自分の時間にあてるのを日課としています。その時間には、頭の中を整理するとか、田舎の同窓会の会長の仕事や原稿執筆など、舞い込んでくる個人的な仕事を片っ端から整理しています。


廣田尚子

プロダクト・デザインの一番の魅力は、生活の中に新しさ、楽しさを提供できることでしょう。自分好みの魅力的なモノに囲まれて快適な生活を送る。老若男女を問わず、それは幸せなことだし、生きていくうえでも大切なことではないでしょうか。


黒田如水(黒田官兵衛)

お前たち家来の間にも、気が合うか気が合わないかによって、仕置をする上に過ちができることがあろう。気の合う者に対して贔屓して、悪いことも善く思い、あるいは悪いと知りながら、自然とそれに親しむようになるものである。気の合わない者に対しては、善人をも悪人と思い、道理をも無理のように思い誤ることがある。気が合う家来、会わない家来とでは、仕置の上にもこのような私心ができてくるものであるから、みな、よく注意せねばならぬ。


星野佳路

再建先のスタッフは上意下達の文化に染まりきっていることがほとんどです。星野リゾートによる支援が決まり、初めてその施設へ出向く。すると幹部らをはじめ、スタッフ全員が出迎えてくれます。気持ちはありがたいが、その裏には「あなたが責任者なのだから、好きに決めてくれ」という当事者意識の希薄さが透けて見えます。まずはこの意識を変えなくてはいけません。


太田彩子

私自身の体験、そして多くの営業パーソンを見てきた結果から、電話営業でアポが取れる人の共通点をひとつだけ挙げるなら、「営業電話とは思えないほどお客様と楽しそうに会話をしている」ということです。


島津義秀

ある方によく言われるのは、島津さんは求道者だよねと。自分ではそんなつもりはないんですが、何か回答のない世界に入り込んでしまうと。だから、永遠に悩み続けて、考え続け、走りながら、私もその答えを考え続けるんだと思います。