名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)のプロフィール

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言 一覧

高慢な相手には、服従すれば勝てると考えるのは誤りである。


変化は変化することなく起こる。


良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。


自分の身を守ろうとする君主は、よくない人間にもなれることを、習い覚える必要がある。


天気の良い日に風のことなど考えてもみないのは人間共通の弱点である。


天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。


運命は我々の行為の半分を支配し、後の半分を我々自身にゆだねている。


他人を傷つけねばならぬ場合には、その復讐を恐れる必要のないほど、痛烈にやっつけておかねばならない。


人間というものは、危害を加えられると思っていた人から、恩恵をあずかると普通に受ける場合よりはるかに恩義を感じて、その人に深い好意を抱くものである。


新秩序の導入は難しい。これによって利益を失う者は必死で抵抗し、利益を得るものは消極的だからである。


由来運命の神は女神である。だからこれを支配するためには、殴ったり、突いたりする必要がある。冷静に事を処する人よりも、どうも、女神はこうした人に最も良く従うものであるらしい。


加害行為は人々がそれをあまり味わわず、したがってあまり傷つけられないように一気に行われなければならず、これに対して恩恵は人々がそれより良く味わうように少しずつ与えられるべきである。


民衆というものは、やさしく扱ってやるか、徹底的に叩きつぶすかのいずれかである。


偉大な事業をなし、比類のない模範を自ら示すことほど君主に対する尊敬をもたらすものはない。


平時の状態に基づき人間を信用してはならない。それというのも人は死ぬ危険がほとんどない場合には馳せ参じ、支持を約束し、君主のために死ぬ覚悟があると述べるが、君主が市民たちを必要とする時節が到来すると少数の人間しか彼のもとには見いだされない。


自らの地位の存亡に関わらない悪評でも、可能な限りそれを避けうるほどに賢明である必要がある。もっとも、それが不可能であれば、あまり気にすることなくそのままにしておいてよい。


君主は憎まれたりさげすまれたりするような成り行きを避ける方法を考えなければならない。憎悪や侮蔑を首尾よく免れれば、もうそれだけで君位の大役を果たしたに等しく、ほかの非難を浴びたとしても危険はない。


君主は自己の地位を保つためには、不善を行う道を知り、しかも必要に応じて、善を用いたり用いなかったりできる道を学ぶことが必要である。


マキャベリ(マキャヴェッリ)の経歴・略歴

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

嫌な思いをするたびに、小伝馬町の小さな公園に行っていました。そこは江戸時代に牢獄があった場所で、安政の大獄で処刑された吉田松陰の辞世の句が石碑に刻まれています。「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」。たとえ、武蔵の地で朽ちようとも、この国を思う心は留めおくぞという気概に溢れています。昔は改革をしようとすると亡き者にされてしまったのです。今はどんな悪口を言われても、殺される事はありません。「なんと有難い時代ではないか」と決心がつきました。


前川孝雄

場合によっては、どうしても上司と戦わなければならない場面があるかもしれません。最後の手段として戦うからには、勝ちにいくべきです。そのためには、自分が動かず、周りに動いてもらうこと。上司の上司、斜め上の上司などを動員するのです。目的が会社のためになることなら、協力してくれるはずです。直属の上司だけではなく、上司の上司や斜め上の上司とも、日頃から出良好な人間関係を築いておくべきです。


卯木肇

サムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)がセールスの第一義なのです。これは、今流にいえばニッチです。ただ、トランジスタラジオのように最初はニッチ商品であっても、次第に大きく成長し、ニッチではなくなる商品もあります。


ジョン・A・ソルハイム

作り手として、常にユーザー目線での商品提供を心掛けているため、カスタムフィッティングを当初から取り入れたのもPINGの特長ですし、アイアンの1本ずつの販売もそのこだわりです。つまり、お客様一人ひとりにとって最適なクラブが手元に届くため、初めて使うその日から最高のパフォーマンスが発揮されるのです。


朝倉千恵子

人というのは、「自分の話をよく聞いてくれる人」を好きになるものです。営業だからといって、商品の売込みばかりをするのではなく、お客様に話をしてもらう。そうすると、様々なキャッチボールの中で相手の表情がパッとほころぶ瞬間があるはずです。そのときこそが、相手が興味を示し心を開いてくれた合図なのです。


吉山勇樹

週の終わりに手帳を開いて一週間の仕事を振り返りましょう。フォローできていない顧客はいないか、提出した資料はどうなったか、などとひとつひとつチェックすることで、仕事の精度・完成度が高まります。終わった仕事を振り返るというのは手間だと思う人も多いかもしれませんが、この人手間をかけることで、時間のロスを見つけるのにも役立ちます。それが、将来的な時間短縮にもつながります。


セルジオ越後

年も立場も関係なく、言うべきことを言う姿勢は解説者になったいまも変わらない。なぜなら、このままでは何年経っても、日本のサッカーは強くならないと感じているから。毎回そうだけど、日本はワールドカップで負けて帰ってきた際に、空港では1000人くらいファンが集まって、選手を拍手で迎えますよね。プロは結果がすべて。ミスして「ドンマイ、ドンマイ」はアマチュアでしょう。そういう意味で、日本のサッカーはまだプロじゃないんですよ。


兼本尚昌

若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といったニンジンをぶら下げます。なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。


横峯吉文

男性と女性は全く別です。女性は皆、母性という素晴らしい性質を備えているので、私はとにかく褒めます。褒めれば褒めるほどよく働いてくれるので感謝してもしきれない。一方、男は放っておくとすぐダメになる。だから突き放すことが多い。けなして突き放して、たまに褒める。それくらいでいいんです。


出雲充

あれもこれもというわけではなく、我々がやろうとしているのは「人と地球を健康にする」ということ。そこに絞っていきたいと思います。今取り組んでいる研究で成果を出さないと、次の話が来なくなりますから。


小林栄三

どのような社会でも企業であっても、人間が一人でできることには限界がある。そこで大切なのがネットワークを持つこと。「1+1」「1+2」と集まることで可能性も大きく広げることができる。


城谷直彦

会社を立ち上げるなら不景気の方がいい。だって、後は伸びていくだけですから。