名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)のプロフィール

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言 一覧

高慢な相手には、服従すれば勝てると考えるのは誤りである。


変化は変化することなく起こる。


良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。


自分の身を守ろうとする君主は、よくない人間にもなれることを、習い覚える必要がある。


天気の良い日に風のことなど考えてもみないのは人間共通の弱点である。


天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。


運命は我々の行為の半分を支配し、後の半分を我々自身にゆだねている。


他人を傷つけねばならぬ場合には、その復讐を恐れる必要のないほど、痛烈にやっつけておかねばならない。


人間というものは、危害を加えられると思っていた人から、恩恵をあずかると普通に受ける場合よりはるかに恩義を感じて、その人に深い好意を抱くものである。


新秩序の導入は難しい。これによって利益を失う者は必死で抵抗し、利益を得るものは消極的だからである。


由来運命の神は女神である。だからこれを支配するためには、殴ったり、突いたりする必要がある。冷静に事を処する人よりも、どうも、女神はこうした人に最も良く従うものであるらしい。


加害行為は人々がそれをあまり味わわず、したがってあまり傷つけられないように一気に行われなければならず、これに対して恩恵は人々がそれより良く味わうように少しずつ与えられるべきである。


民衆というものは、やさしく扱ってやるか、徹底的に叩きつぶすかのいずれかである。


偉大な事業をなし、比類のない模範を自ら示すことほど君主に対する尊敬をもたらすものはない。


平時の状態に基づき人間を信用してはならない。それというのも人は死ぬ危険がほとんどない場合には馳せ参じ、支持を約束し、君主のために死ぬ覚悟があると述べるが、君主が市民たちを必要とする時節が到来すると少数の人間しか彼のもとには見いだされない。


自らの地位の存亡に関わらない悪評でも、可能な限りそれを避けうるほどに賢明である必要がある。もっとも、それが不可能であれば、あまり気にすることなくそのままにしておいてよい。


君主は憎まれたりさげすまれたりするような成り行きを避ける方法を考えなければならない。憎悪や侮蔑を首尾よく免れれば、もうそれだけで君位の大役を果たしたに等しく、ほかの非難を浴びたとしても危険はない。


君主は自己の地位を保つためには、不善を行う道を知り、しかも必要に応じて、善を用いたり用いなかったりできる道を学ぶことが必要である。


マキャベリ(マキャヴェッリ)の経歴・略歴

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

他の記事も読んでみる

橋本秋人

貯めたり、増やしたりするのと同時に、いかに使うかも大事。お金の使い方には、「消費」「浪費」「投資」の三つがあります。消費は普段の生活で使うお金。浪費は無駄遣い。大切なのは、やはり投資でしょう。これは広い意味で、将来の自分や家族に返ってくるお金の使い方と解釈できます。運用もそうですし、暮らしを豊かにするための支出も含まれます。


遠藤宏治

男性の方々はカミソリをご愛用していただいている方が多いと思いますが、1~2週間は刃をご利用いただける「軽便カミソリ」の良質な量産品を世に出したのは当社が初めてですし、世界で初めて「3枚刃カミソリ」を出しました。今、世界の大手と比較しても品質、価格優位性で競争力があると自負しています。


田中ウルヴェ京

体に刺激を与え、やる気を引き出すためにおすすめなのはストレッチです。ストレッチであれば、布団の中でも、通勤中でも、日常のふとした瞬間に数秒間からできます。ストレッチは、プロのスポーツ選手だけでなく、一流のビジネスマンが心のバランスを整えて、素晴らしい結果を出すのにも役立っているんですよ。人間の心と体は、陽が昇ってから沈むまで、同じ一日の問でも大きく変化します。こうした心身の状態に合わせて、ストレッチを行うようにしてください。


岡倉天心

孔子は言っている、「人は隠したりするものだろうか」と。私たちには隠さねばならないような偉大なものなどないので、些細な事柄にも自分をあらわにしがちになるのだろう。


木暮康雄

周りから何と言われようとも、「これだ」と思ったことを始めても遅いことはない。人生、どこを区切ってもスタートライン。


羽生善治

無難な判断ができるようになってきたと思ったら、安全運転ではなく、意識してアクセルを踏み込むようにすべきです。そうやってアクセルの踏み加減とリスクの按配を覚えていくのが本当の成長であり、正しい判断ができるということにもつながるのだと思います。


伊藤明(伊東屋)

言葉で到達点やイメージを共有しようと思っても、上手く伝わらないことは多い。たとえ意味的には正しい言葉を使ったところで、一つの言葉が受け手によっていろんな意味に変換され、齟齬か生じることもあります。この前も、成田空港にオープンした新店舗を説明する資料に、「愚直にアナログに」と書かれていたので、資料の担当者に「愚直」はいらないと注意しました。本人は「ザ・日本の文房具」という新店舗のコンセプトを言い表すために、「真面目に取り組んでいる」という意味で「愚直」を使ったようです。でも私にとっての「愚直」は、「愚か」という言葉にあるように、「前に進んでいない」マイナスの意味に感じられました。


ロバート・キヨサキ

自分の考え方を向上させるには、まず、自分の中に巣くっている「古い考え方」や「古いやり方」を鋳溶かさなければならない。時代遅れのポンコツ車を鋳溶かすほうが、「時代遅れのビジネス」や「時代遅れの考え方」を鋳溶かすより、はるかにやさしい。


泉谷直木

少子高齢化や景気低迷という平均値で物事を語ってはダメで、もっとメッシュを小さくして市場をつぶさに見ていけば、ものすごいチャンスが出てくる。


牛場靖彦

危機管理の目標は、次の3点。

  1. プロアクティブ(先手必勝)に対応する。
  2. 局面を打開して、プラスの方向にもっていく。
  3. 危機からの悪影響を少なくし、しかも出来うる限り短縮する。

笹氣健治

とくに若い人に多いのですが、自分探しタイプの人は成功するために、自分に合ったことをしたいと考えています。自分に合わないことをやるのは、お金と時間の無駄。何かひとつを選択するということは、他を選択しないこととイコールですが、このタイプの人は、自分に合うことを探し出したいという気持ちが強すぎて、何かひとつに決めてしまうことを恐れます。だから、何かを始めようとするとすぐに目移りしてしまい、結局、何も始めることができないのです。


久米豊(経営者)

若者の心をつかむには、やはり若者に仕事をしてもらうことじゃないでしょうか。何かあった時の責任は私に全部あることは言うまでもありませんが。