名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マキャベリ(マキャヴェッリ)のプロフィール

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

マキャベリ(マキャヴェッリ)の名言 一覧

高慢な相手には、服従すれば勝てると考えるのは誤りである。


変化は変化することなく起こる。


良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。


自分の身を守ろうとする君主は、よくない人間にもなれることを、習い覚える必要がある。


天気の良い日に風のことなど考えてもみないのは人間共通の弱点である。


天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。


運命は我々の行為の半分を支配し、後の半分を我々自身にゆだねている。


他人を傷つけねばならぬ場合には、その復讐を恐れる必要のないほど、痛烈にやっつけておかねばならない。


人間というものは、危害を加えられると思っていた人から、恩恵をあずかると普通に受ける場合よりはるかに恩義を感じて、その人に深い好意を抱くものである。


新秩序の導入は難しい。これによって利益を失う者は必死で抵抗し、利益を得るものは消極的だからである。


由来運命の神は女神である。だからこれを支配するためには、殴ったり、突いたりする必要がある。冷静に事を処する人よりも、どうも、女神はこうした人に最も良く従うものであるらしい。


加害行為は人々がそれをあまり味わわず、したがってあまり傷つけられないように一気に行われなければならず、これに対して恩恵は人々がそれより良く味わうように少しずつ与えられるべきである。


民衆というものは、やさしく扱ってやるか、徹底的に叩きつぶすかのいずれかである。


偉大な事業をなし、比類のない模範を自ら示すことほど君主に対する尊敬をもたらすものはない。


平時の状態に基づき人間を信用してはならない。それというのも人は死ぬ危険がほとんどない場合には馳せ参じ、支持を約束し、君主のために死ぬ覚悟があると述べるが、君主が市民たちを必要とする時節が到来すると少数の人間しか彼のもとには見いだされない。


自らの地位の存亡に関わらない悪評でも、可能な限りそれを避けうるほどに賢明である必要がある。もっとも、それが不可能であれば、あまり気にすることなくそのままにしておいてよい。


君主は憎まれたりさげすまれたりするような成り行きを避ける方法を考えなければならない。憎悪や侮蔑を首尾よく免れれば、もうそれだけで君位の大役を果たしたに等しく、ほかの非難を浴びたとしても危険はない。


君主は自己の地位を保つためには、不善を行う道を知り、しかも必要に応じて、善を用いたり用いなかったりできる道を学ぶことが必要である。


マキャベリ(マキャヴェッリ)の経歴・略歴

ニッコロ・マキャヴェッリ、ニッコロ・マキャベリ。イタリアルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国外交官。『君主論』などの著作で知られている。フィレンツェ出身。共和国政府の第二書記局長、自由と平和のための十人委員会秘書官、大統領秘書官、フィレンツェ軍顧問副官、市民兵軍部秘書などを務めた。主な著書に『君主論』『戦術論』『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考』など。

他の記事も読んでみる

佐藤浩市

予定調和にしたくないから本気でぶつかってこい。中途半端な演技だったら受け付けねえぞ。
【覚え書き|撮影前に共演者に語った言葉】


イェンス・ブテナント

ときとして口うるさい嫌われ者になりながら、それでもお客様との緊密なパートナーシップを築いていかなければならない。これは正直申し上げて、決して容易なことではありません。しかし、このようにお互いオープンにして深く話し合える関係を築くことが私どものビジネスにおいて一番大切なのです。


嶋浩一郎

話をきちんと伝えるための5つのステップ。

  1. 相手に会う前に準備をする。
  2. 話す時は最初に、伝えたいことの「テーマ」を伝える。
  3. 本題に入る前に相手に「YES」を言わせ、プレゼンを「自分ごと」にさせる。
  4. 説明している時は、言葉の選び方に気を配る。
  5. 最後まで、丁寧に説明する。

伊藤潤二

まだまだちょっといいものを、まだいままで描いたもので、まだ足りないですね。もうちょっと、もうちょっと描きたいですね。


大宮英明

うちは事業部の独立性が強いのですが、事業部の仕事の間にアナロジー(類比)はないかという視点も常に持っていました。ここでやっていることは、こっちに応用できるのではないかというふうに。私は、そういうものの見方が得意なんです。
【覚書き|様々な部署を回ってきた経験について語った言葉】


武宮正樹

相手の力み具合を見て、攻めを受けたり、かわしたり一瞬で判断しなければならない。そのため、どんな些細な情報でも入ってくるように心をオープンにしておくことが重要だ。


山本徳次

今回、お菓子のパッケージを季節ごとに統一されたイメージに一新して、個装も箱も、紙まで全部変えた。これは大きな投資です。無駄がたくさん出ることを考えると私らの頃はできなかった。ただ現状を大きく変えていくことは私らもやってきましたから、今、新しい流儀でやってるのを見てて感じたんです。ああそうやな、常に変わっていなければお菓子も店も後退していくのやと。


岩田松雄

つき合う友人を選ぶということが大切です。非情なように聞こえるかもしれませんが、「敬して遠ざける」という言葉のように、つき合いたくない人とはそれとなく距離を置いた方がいい。一緒にいて文句ばかり言う人や、自分の元気がなくなる人とは、無理につき合わない方がいいでしょう。その代わり、パワーをもらえるような人とはしっかりと向き合うべきです。ほかの部署でも構わないので、尊敬できる上司や先輩を見つけて、その人のようになることを目指して頑張るというのも有効です。


ジャック・ドーシー

ゴールデンゲートブリッジは驚くほど美しい橋だろう。だが、美しいのは見た目だけではない。波が高く、橋を架けるには極めて困難な海峡を前に数多くの技術者が集まり、少しずつ少しずつ作業を進めて作り上げた橋だから美しいのだ。


日野晃博

家賃は安いし、通勤は快適。福岡に会社があると発注元の会社もいちいち細かい指示は出せません。だからこそ、うちを信頼して任せてくれます。東京に移転したら、いまのようなパフォーマンスは発揮できないでしょう。


土合朋宏

事実や数字は不動です。だから「誰とでも」共有できる。「自分」と「相手」の認識を一致させるための「土台」にできる。自分が何かを主張する場合は、その土台になる「事実」を積み上げて説明しないと、「根拠がない」と判断されてしまう。


米山久

外部の人と会うことは、自分自身の感性を磨くためにも重要です。私はなるべく同業者ではなく、ジャンルの違う経営者の方と会食する機会を設けるようにしていますし、時には仕事をまったく離れた人との交流も大事にしています。