マウリキウスの名言

マウリキウスのプロフィール

マウリキウス。東ローマ帝国ユスティニアヌス朝の第五代皇帝。軍人としてもすぐれた人物。最後は軍部からの反発を受け、処刑された

マウリキウスの名言 一覧

予期しないことと、予期したくないことが起こると、予期するようにせよ。
【覚書き|部下に今後予期すべきことはあるでしょうかと問われた時の返答。起こりうるケース、そして最悪のケースもすべて想定せよという言葉】


将軍は決して「まさか」と言ってはならない。
【覚書き|上に立つ者はすべてのことを想定し、最悪のケースすらも事前に対処法を検討しておけという意味の発言。また、まさかのケースが発生しても、部下の士気を下げないために悪態をつかず、冷静に対処せよという発言】


マウリキウスの経歴・略歴

マウリキウス。東ローマ帝国ユスティニアヌス朝の第五代皇帝。軍人としてもすぐれた人物。最後は軍部からの反発を受け、処刑された

他の記事も読んでみる


松下正幸

創業者というのは、元々ゼロから自分がつくりあげたので、失敗してゼロになったところで、それで元々だと思えるところがあります。だから思い切って、会社が潰れるか、急成長するかといつた大きな決断が躊躇なくできます。二代目以後のオーナー経営者は、長期の判断はできても、守りに入りやすい。また逆に、創業者を超えなければいけないというプレッシャーから、実力以上のことにチャレンジしてしまって失敗する場合もある。


宇佐美進典

結局、自分の失敗で強く記憶に残っているものは、「これが上手くいかなかった」という類ではありません。「なぜあのタイミングであの事業にもっと力を入れなかったのか」という、「やらなかった失敗」の方なんですよね。


武藤潤(経営者)

社風は生物のDNAのように変えられないものではない。社風も企業文化も自分たちで必要なものをデザインして、それに向かって進んでいくことができるはず。様々な意見を持つ人が議論を戦わせて、自分たちの進む方向を共有することが大事。


山下俊彦

人間をつくるということは、仕事を任せるということ。


杉田敏

英語の教材は、書店へ行くと様々なものが売られています。一番売れているのは「やさしそう」「すぐにできそう」と思えるものだそうです。しかし、自分にやさしそうなテキストは、いくらやってもそのレベルどまりです。レベルアップは望めません。英語の教材は、ちょっと難しいかなと思えるもの、自分の実力より少し上のものを選ぶことをお勧めします。


吉川廣和

我が社は、戦略なき多角化と資産効率の悪さからアナリストや投資家にそっぽを向かれた。いつM&Aされて事業解体されてもおかしくない状況だった。そんなとき、専務として管理・企画部門を統括するようになった私は、これはチャンスだととらえていました。危機感が漂い始めた時なら改革に対するコンセンサスが得やすいからね。


久夛良木健

昔のソニーはその製品を使ってどんな体験ができるかということを提示するのが上手でした。「ウォークマン」は、どこにいても自分の世界が常に音楽に包まれているという、それ以前にはなかった体験をユーザーに提供したのです。


ページの先頭へ