名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイルス・デイビスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイルス・デイビスのプロフィール

マイルス・デイビス。アメリカのジャズトランペッター。イリノイ州出身。13歳からトランペットを開始。15歳のときにクラブで演奏するようになる。その後、数々のジャズプレーヤーとセッションし、世界的なジャズトランペッターになった。

マイルス・デイビスの名言 一覧

いい演奏をする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ。


創造し続けようと思う人間には、変化しかあり得ない。人生は変化であり、挑戦だ。


古いやつが聴きたかったらレコードを聴いてくれ。


マイルス・デイビスの経歴・略歴

マイルス・デイビス。アメリカのジャズトランペッター。イリノイ州出身。13歳からトランペットを開始。15歳のときにクラブで演奏するようになる。その後、数々のジャズプレーヤーとセッションし、世界的なジャズトランペッターになった。

他の記事も読んでみる

吉田穂波

忙しいときこそ、自分が楽しめることをあえて組み込むことで、ストレスが相殺されます。モチベーションを保つ上でも欠かせません。


岡藤正広

経営者というのは、いかに社員の力をひとつの目標に向かって集結させるかが大事。


高橋祥子

起業のきっかけは、このビジネスモデルを日本に創ったらどうなるのか、どんなに研究が進むのか、を自分の手で創って自分の目で確かめたいという好奇心です。「生命科学分野の研究を発展させたいという想い」と「世界中の研究成果をきちんと社会に役立てる仕組みを作りたいという願望」が根底にはあるのですが、いろんな人に無理なんじゃないのって反対されても起業してしまったのは、好奇心という完全に自己満足的な欲求です。どう考えても今やるしかないと思い込んでしまったんですよね。


五島昇

金儲けは易しいが、経営とは違う。世のためになって利益を上げるのが経営。だから経営は難しい。


北尾吉孝

経営トップというのは、即決即断で仕事を処理していかなければなりません。直観力や知識・経験に基づいて判断していますが、どうしてもそれだけでは判断がつかないこともあります。そのときに私が頼るのが、パソコンのトランプゲーム「ソリティア」です。3回勝負するのですが、「もし2勝できればA案にしよう」とか「負けたら諦めよう」とかルールを決めておきます。やり込んでいるから、それなりの確率で勝利できるのですが、負けてしまった場合には天の啓示だと思って、謹んでその結果を受け入れます。


松尾豊

技術面では若い20代をいかに活躍させるかですが、意思決定は30~40代が担った方がいいのではないかと思っています。例えば今、日本のメーカー系の大企業の人達と話して思うのは、30~40代の中間管理職が、経営層に説明するコストが重すぎるということです。ITの話はものすごい勢いで進んでいますから、自分もギリギリわかるかどうかのところで取り組まないといけません。中間管理職が経営層に説明できるくらい咀嚼できている時にはもう遅いんです(笑)。20代の人は完全にわかっていて、30~40代は「ん? そうなの? でも、やってみたら?」、というぐらいのスピード感でやった方が、本当はいい。ただ、20代の人は組織や事業をどうつくるかがわかりませんから、それをサポートするといった形で役割分担をすることが大事です。


尾崎裕

既存のビジネスを元気にしていくことはもちろんですが、変化の早い社会の中で、新しいことに挑戦していかなければ、当然ながら発展はない。成功事例が出てくれば、次々と大阪にやって来る挑戦者も増えるでしょう。


住野よる

自分の持ち味は、作風でいうと会話文だと思うんですけど、心の持ちよう的にいうと、小説を特別視していないところだと思います。僕は小説と変わらないぐらい音楽も好きだし、マンガも映画も好きなんです。あるバンドマンの方が、ひとつのジャンルしか聞いていないミュージシャンが作った曲はつまらないと言っていました。いろいろなジャンルに耳を傾けることで出てくる良さがもしあるのだとしたら、僕の小説の中でも同じようなことが起きているのかもしれないなと思います。


廣内武

日常生活の中にヒントがある。その意味でも五感を磨くことが大事。


ビル・ゲイツ

会社が成長するにつれ、組織内に小さな組織をどんどん増やしていった。少人数のチームはコミュニケーションも効率的だし、組織が大きすぎるためにスピードが落ちるといった障害もない。


福沢諭吉

仕事のほうからやってきて人を求めることはない。こちらから進んで求めるのでなければ、結局は仕事にはめぐりあえないだろう。


増田昌子(セットデザイナー)

ターニング・ポイントとなったのは、駆け出しの頃に仕事をもらった『ジュラシック・パーク』。私の担当は、ジュラシック・パークの象徴「ビジターセンター」内の大階段だったのですが、当時はまだパソコンは使われておらず、階段のカーブや中二階との連結など、どう実現するかはすべて手計算でした。高校で習った三角関数やら円周率を駆使し、手すりのデザインもあわせて試行錯誤。あまりに面倒なので、最終的に、まだ勉強中だったパソコンを使い、背水の陣で仕上げました。私の設計図をもとに、コンストラクション(建造)担当の人たちが階段を創り上げ、それにペインターの人たちが色を塗って、完成です。不安だった私は、完成した階段を見て、「エンジニアもいないのに、できちゃった!」と感心しました。もちろん皆、経験はあったし、元建築士のデザイナーもいましたが、そのときは、全員が専門家でもないのに立派なセットが出来上がることが、とても面白かったのです。完成試写会では、スタジオで見てもリアルだった樹脂製の恐竜たちも本物さながらに動き回っており、それは感動しました。その後、挫折しそうなことも多々ありましたが、『ジュラシック・パーク』で味わった興奮と感動が、私を前に進ませました。