名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドのプロフィール

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。ロスチャイルド財閥の創始者。ドイツのフランクフルト出身。父の金融業を継ぎ、ウィルヘルム9世の資金運用を任されるまで事業を成長させる。その後、ナポレオンがドイツを占領し、ウィルヘルム9世が亡命したので、マイヤーが全財産を管理する管財人に任命される。その権限を利用しロスチャイルド財閥の基礎を固めた。

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの名言 一覧

多くの仕事をしようとする人は、いますぐ一つの仕事に集中しなければならない。


マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの経歴・略歴

マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。ロスチャイルド財閥の創始者。ドイツのフランクフルト出身。父の金融業を継ぎ、ウィルヘルム9世の資金運用を任されるまで事業を成長させる。その後、ナポレオンがドイツを占領し、ウィルヘルム9世が亡命したので、マイヤーが全財産を管理する管財人に任命される。その権限を利用しロスチャイルド財閥の基礎を固めた。

他の記事も読んでみる

小山田浩定

医療では事故や訴訟も起きますが、そうした局面で原点が問われます。よく言われるのは、経営や効率を優先しすぎて、患者さんの方を見ていなかった時に起きるケースが多いということです。


ますい志保

成功されている若い経営者の方には、自分の日々の生活を、ブログやSNSでオープンにされている方が多い。「どこの店で飲んでいるかまでばれちゃうのが困る」と言いながらも、プライベートも弱みも見せるわけです。そうすることで、周囲はその人に裏表がないと感じとるのです。私生活を見せる文化の内に本ですから、このような自己開示も、上に上がるためのひとつの手段ではないでしょうか。


窪山哲雄

リピーターのお客様への案内状をお送りするとき、高級ホテルだからといって、重みのある文章にはしません。できるだけ親しみやすく、平易な文章で表現するようにします。それにより、一層ホテルに親しみを感じてもらえるようになるのです。


三谷宏治

私は「自分はこうなりたい」といったビジョンより、「自分はこう生きたい」という哲学を大事にしてきた。その哲学を満たし、家族さえ食べさせられれば他のことはどうでもいい。いまでもそう思っています。


井上高志

大事なのは事実です。若い担当者が「大したことないですよ」と軽んじているようなことでも、経験豊富な上位者が見ると「このままでは大変なことになる!」と青くなるような場面があるのです。だから担当者の主観だけでなく、別の見方もきちんと調査したうえで、妥当な判断をしなければいけません。


村上太一

IT業界はあらゆる物事のスピードが速いため、求められる技術やスキルが次々に変わっていきます。立ち止まった瞬間に終わってしまう。だからこそ大切なのは、実際の仕事からどれだけ学べるかという吸収力。その吸収力に繋がるのが「自分はこれをしたい」という強い思いです。その思いは能力を超えるものだと私は考えています。


新井田傳

今、タイに5店舗出店しています。ですが、これは将来の海外展開の布石という認識です。国内の飲食業や小売業を見ていると、国内で1千店舗くらいになると、チェーン内で業績を食いあうようになります。だいたい、国内1千店舗というのが限界のようなのです。そうなったら積極的に海外に出て行く。今はその準備段階です。


田中和彦

ワークライフバランスという言葉が普及した成果、自分の時間を仕事とプライベートの二つに分けて考える人が増えてきました。しかし人生は二分法で切り分けられるほどシンプルではありません。会社で働く自分、遊んでいる自分以外にも、もっと多様な自分がいるはずです。


盛田昭夫

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。


小飼雅道

「自分たちの強みはこれなんだ」と思うからこそ、社員たちは逆風にもめげず、開発に情熱を燃やせる。


内藤誼人

心理学でアンダードッグ効果という言葉があります。これは不利な状況にある人に手を差し伸べたくなる人間の心理の表れです。怒りに燃えていても、相手が涙目、大汗、紅潮……と必死に謝罪をしてくれば、まあ今回は大目に見るか、と丸く収まることもある。そんな芝居じみたオーバーアクションなんかできないという人は多いですが、いざというときはトライしてみる価値はあります。


吉山勇樹

私は一年間のうちに230日ほど研修や講演で全国を飛び回っています。そんな移動の最中にタクシーや飛行機の中で少しでも時間に余裕ができると、行動管理手帳を何度も繰り返し見ています。私が手書きの手帳にこだわる理由もここにあります。一時期、パソコンを使ったこともあったのですが、飛行機の中では使用禁止です。いつでも開くことができる手書きの手帳がやはりベストです。