名言DB

9412 人 / 110637 名言

マイケル・ブルームバーグの名言

twitter Facebook はてブ

マイケル・ブルームバーグのプロフィール

マイケル・ブルームバーグ、米国の富豪、政治家。証券会社大手のソロモンブラザーズを経て起業。ウォール街企業へ情報端末を販売し巨万の富を築く。2002年から第108代ニューヨーク市長。市長の給料を受け取らず無償奉仕で行政改革にいそしんでいる(法律の関係で毎年1ドルだけ報酬を受け取っている)。市民からの信頼が厚い

マイケル・ブルームバーグの名言 一覧

考えるということは、あらゆる作業のなかでいちばんの重労働なのですが、そこを省いてしまう人が多い。そこを楽しようとしても、何も手に入らないのですが。


我々が生きている世界は、○か×かのデジタルな世界ではない。どちらでもない部分のほうが多いのです。例えばある研究者が一生かけて何かを探求し ようとしたとします。結局、彼の人生は一生かけても欲しいものを手に入れることはできないかもしれない。でも彼は盲目的に探していくわけではないですよね。どこかで欲しいものに近づいていると思うからこそ彼は生きていくのではないでしょうか。


ソフトは書き換えればいい、データは集め直せばいい、顧客だって失ったときには新しい顧客を探すことができますが、良い従業員はなかなか手に入らない。良い従業員がいてくれることが、わが社の最重要資産なのです。


私はオプティミスティックで過去を振り返らないタチだから。今日が自分にとって最良の日であるといつも思ってやってきた。


マイケル・ブルームバーグの経歴・略歴

マイケル・ブルームバーグ、米国の富豪、政治家。証券会社大手のソロモンブラザーズを経て起業。ウォール街企業へ情報端末を販売し巨万の富を築く。2002年から第108代ニューヨーク市長。市長の給料を受け取らず無償奉仕で行政改革にいそしんでいる(法律の関係で毎年1ドルだけ報酬を受け取っている)。市民からの信頼が厚い

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

起業で成功したいなら、第一に「好きなこと」をやることが大事なのではないかと思います。よく「起業したいけど、やりたいことがわからない」と言う人がいますけど、みんな本当は、やりたいことが何かしらあるのではないでしょうか。その思いを大事にしてチャレンジすることが重要で、二の足を踏んでしまうようなら、それほど好きではないということです。


伊藤絵美

そもそもストレスは、「シマウマがライオンを見つける」→「ストレスを感じる」→「逃げる」といった、生き延びるために、ある瞬間だけ出る反応でした。しかし、文明社会となった今、私たちは刺激に囲まれ常にストレスを感じています。言い換えると、ストレスを感じずに生きることはできないのです。ならば、できるだけストレスを感じないよう対処をすることが、今の世の中でより健やかに生きる方法と言えるでしょう。


稲盛和夫

私も人生を振り返ってみると、どんな環境にあろうとも、たとえ怖いと思うときでも必死に努力をするしかないと思って、それを実践してまいりました。今の若い人たちも含めてですけれども、いい会社に入れなかったといったちょっとしたことでも、すぐにくすんでしまう人が多いと思います。けれど、どんな環境に置かれようとも必死に努力さえすれば、必ず変化にも対応できますし、結果もおのずとついてくると私は信じています。


小山昇

何かの問題について、今日決断を下して対策をするのか、それとも一週間じっくり考えたうえで決断し、対策を打つべきか。正解は、今日です。一週間程度で頭が急に良くなることはないのだから、今日決めようが一週間後に決めようが、答えは同じ。答えが同じなら、少しでも早く取りかかって早く結果を出したほうがいい。


築山節

何度もやったことがある仕事なら考えなくてもできます。だいたい1万時間も仕事をすれば一人前にはなります。ただ、それはサッカーで言えば試合に出られる選手になったというだけのことで、ゴールを決められるかはまた別の問題です。


柄澤康喜

全員が賛成するのを待っていては手遅れになってしまう。誰もが賛成するころにはどの会社もやっている。その前に、半分以上が反対でも決断して初めてスピード感が出る。


寺尾玄

外国を放浪して精神的にたくましくなりましたよ。意外に思われるかもしれませんが、それまでは小さなことでよく悩み、勇気がなかった。そんな私が異国で野宿しながら、過ごしたわけです。「自分の力で生きていける」という自信がつきましたね。


藤間秋男

企業の経営アドバイスなどを行なうなかで、近ごろは閉塞感に悩んでいる人がじつに多い、ということに気づきます。理由の一つに、会社が夢を語っていないことがあると思います。「こういう会社にしよう」と経営陣が口にすることで、社員も目標を持てるようになります。目標を持つことができれば、毎日の仕事は楽しくなるでしょう。


いっこく堂

何かを始める前、必ず最後に笑っている自分をイメージする。たった、それだけです。失敗しても「この失敗は成功のためのもの」と考える。いつか絶対に成功できる、細かな失敗や紆余曲折は当たり前なのだから、何でも受け入れるっていうポジティブな気持ちで。成功した時の笑顔を具体的に映像化し、毎晩、寝る前にイメージして、潜在意識に沈み込ませる、刻み込む意識でやってほしいです。そして、それを否定する自分がいたら、すぐに打ち消さないといけない。成功を本気で信じ続けること。努力を積み重ねてきた自分を信じること。それができれば絶対に大丈夫です。


萩原利男(経営者)

失敗を恐れて前例を踏襲しているだけでは、何も変わりません。現状維持は停滞でしかないのです。常識を疑い、リスクを取る人間しか成功できない。私自身、数え切れないほどの失敗を積み重ねて、今があります。もちろん、現状に甘んじるつもりはありません。海外展開も視野に、布石を打っているところです。


由井常彦

全体として見ると日本はそんなに悪くないし、そんなに悲観するのはおかしいのです。それはちょうど、バブルのときに「日本は世界一」と言ったことの裏返しなのです。


栗原博

お客様に興味があるというレベルでは、いい提案はできません。せいぜい「うちの新商品は、こんな機能があります」という程度。一方、お客様のことを知り抜いて好きになると、「お客様の業務はここに課題があるから、うちの商品のこういう機能を使えば改善できます」と深い提案ができるようになる。


柴田励司

私は複数の作業を同時にやるようにしています。ある資料を作りながら別の資料も同時に作ったり、メルマガの原稿を書きながら新聞に寄稿する原稿を書く、といった具合です。「それでは集中できないのでは?」と聞かれますが、ひとつの作業に何時間も集中していると、目の前のことにのめり込んでしまい、かえって単純なミスをしてしまったり、ひとりよがりな内容になってしまうことも多いのです。でも、いったん別の資料を作り、また元の資料に戻ると、改めて客観的に見ることができ、「何かおかしいぞ」と気づくことができるのです。


鈴木敏文

常に自分で少し先を見て、それからもう一度、自分の手元、足元を見直していく。そして仮説を立て検証していく。その繰り返し。


進藤孝生

最も大事なことは、内容と熱意です。相手が「聞きたい」内容を、熱意をもって伝える。留学先では下手な英語でも、聞くに値する内容で、熱意があれば、皆最後まで真面目に聞いてくれると、身をもって体験しました。