名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・ブルームバーグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ブルームバーグのプロフィール

マイケル・ブルームバーグ、米国の富豪、政治家。証券会社大手のソロモンブラザーズを経て起業。ウォール街企業へ情報端末を販売し巨万の富を築く。2002年から第108代ニューヨーク市長。市長の給料を受け取らず無償奉仕で行政改革にいそしんでいる(法律の関係で毎年1ドルだけ報酬を受け取っている)。市民からの信頼が厚い

マイケル・ブルームバーグの名言 一覧

考えるということは、あらゆる作業のなかでいちばんの重労働なのですが、そこを省いてしまう人が多い。そこを楽しようとしても、何も手に入らないのですが。


我々が生きている世界は、○か×かのデジタルな世界ではない。どちらでもない部分のほうが多いのです。例えばある研究者が一生かけて何かを探求し ようとしたとします。結局、彼の人生は一生かけても欲しいものを手に入れることはできないかもしれない。でも彼は盲目的に探していくわけではないですよね。どこかで欲しいものに近づいていると思うからこそ彼は生きていくのではないでしょうか。


ソフトは書き換えればいい、データは集め直せばいい、顧客だって失ったときには新しい顧客を探すことができますが、良い従業員はなかなか手に入らない。良い従業員がいてくれることが、わが社の最重要資産なのです。


私はオプティミスティックで過去を振り返らないタチだから。今日が自分にとって最良の日であるといつも思ってやってきた。


マイケル・ブルームバーグの経歴・略歴

マイケル・ブルームバーグ、米国の富豪、政治家。証券会社大手のソロモンブラザーズを経て起業。ウォール街企業へ情報端末を販売し巨万の富を築く。2002年から第108代ニューヨーク市長。市長の給料を受け取らず無償奉仕で行政改革にいそしんでいる(法律の関係で毎年1ドルだけ報酬を受け取っている)。市民からの信頼が厚い

他の記事も読んでみる

木暮太一

私の知人は、就職して以来ずっと人事部にいることを「何の特技もない」と嘆いていました。でも私からしたら、それは宝の山。そのノウハウがあれば、採用活動や社員教育に関するコンサルタントとして重用したい会社が必ずあるはず。


二宮尊徳(二宮金次郎)

よく徳に報いる者は、将来の繁栄のことはさておき、今日ただいまの丹精(心を込めて励むこと)を心掛けるから自然と幸福を受けて、富貴がその身を離れない。


エラン・カッツ

人はどういうときに物事に集中し、注意を払うのでしょうか? それは珍しいものを見たとき、プレッシャーを感じているとき、そしてあるものが自分の興味のあるものと結び付いた、つまり連想でつながったときです。


宮沢俊哉

熱意が重要だということは職種を問わず言えることですが、営業などはとくに結果が鮮明に出やすいですね。なまじ知識があるベテランは常識的判断に基づいて、「そのご予算では難しいです」と言ってしまうところでも、やる気勝負の新人は「考えてみます!」と答える。結果はどうあれ、その姿勢はお客様の好感につながります。それが積み重なれば、ときにはベテランを超えるような成果を出せる。やる気には、そんな大逆転の可能性があるのです。


川村元気

映画も小説も、必要以上に海外を意識してつくっても、いいものになりにくい。自分たちが素直に面白いと思えたものや、日本人にしか見えない景色や感覚に向き合ってつくれば、自然と海外につながっていきます。


田中仁(経営者)

物事を拡大して見ることで、人生を無限に広げていけるような、そんな商品やサービスを提供していかないと成長は難しい。


水谷豊(俳優)

現在の自分と若い頃を比べ、ギャップの大きさに打ちひしがれる人もいますが、昔の自分と比べる必要はありません。人生は「いま」が大事なんですよ。


佐藤尚之

高度成長の大量消費時代は「モノを買うこと=豊かな生活」で、モノは作れば飛ぶように売れました。「俺はこんな人間だよ」とアピールするだけで、その商品に魅力があれば、いとも簡単にモテました。しかし、低成長期へ転換した現在では「モノを買わないロハス的生活=豊かな生活」へと変化し、作り手は消費者からそっぽを向かれ始めたのです。


佐藤光男(薬学博士)

やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


堀之内九一郎

成功には成功のロジック(理論、筋道)があるのです。そのロジックとは、どうやら3つのようです。

  1. 社会が信用するノウハウを持っているか。
  2. 社会が信用する経済力があるか。
  3. 社会が信用する人間性があるか。

どんなに立派な精神論も、いずれは、この三つに集約させなければ意味がありません


清家篤

福沢は学者は国の「奴雁(どがん)」であるべきだと唱えています。雁の群れが餌をついばんでいる時1羽だけ四方の様子をうかがい警戒する雁を奴雁という。学者もそういう役割を果たすべきで、人々が時勢に流されているような時に一人歴史を顧み現状を冷静に分析し、将来のために大切なことは何かを考えるべきだと言うのです。


佐々木かをり

家族や恋人に愛されていて幸せなら、上司や取引先に怒られても、嫌な感情を引きずりませんよね。自分がハッピーでいれば、気持ちの切り替えが早い。