名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・デルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・デルのプロフィール

マイケル・デル、米国の事業家、PC直販のDELL創業者。PCの普及に大きな役割を果たす。初商売は12歳のころ雑誌に広告を出し切手カタログを販売し2000ドルの儲けを出す。テキサス大学学生だった19歳で学生寮の自室を使い、デルの前身PC’sリミテッドを立ち上げる。たった4年で米ナスダックに上場。さらに4年後フォーチュン500入りを果たす

マイケル・デルの名言 一覧

あら探しの好きな人、わがままな人、厄介な質問をする人に申し上げます。ありがとうございます。


「すること」を決めるのは簡単だ。難しいのは「しないこと」を決めることだ。


当社が提供するシステムの場合は、業界標準の技術を採用しているため、それほど多くのサービスが必要とはならない。むしろ、インストールやメンテナンスに関して、顧客の負担を少なくしたいと考えている。ここが他社とは大きく異なる。これが顧客から支持を得ている要因だといえるのではないでしょうか。


確かに当社のやり方はバーチカルインテグレシーョン(垂直統合)ではありませんが、水平分散という形でもない。むしろ、バーチャルインテグレーション(仮想統合)という手法を採用していると考えている。


幼いころから、私は不必要なステップを省略するのが大好きだった。だから、私が卸売業者の排除を基本とする会社を設立したのも、当然といえば当然だと思う。


仕事が上手くいっても、10億分の1秒だけ祝って先に進むのだ。


私の意思決定にはデータ重視のものと、直感重視のものがある。ただ、感情で決めることはない。最も単純なやり方が最も優れている場合が多い。


「変化に対処する」という表現は「変化はたまに生じる厄介ごとで、それを処理したり封じ込めることが可能だ」という含みが感じられる。だが、実際にはそれは正しくない。変化の時代にチャンスを見出すカギは、変化そのものを心から受け入れることなのである。


優れたアイデアをすべて自分で着想することなど誰にもできない。大切なのは、学習するスピードであり、優れたアイデアを実行する能力である。約束は控えめに、実行はたっぷり。


非常に大きな市場機会に出会った場合、それに対処する道はただ一つ、「分割して攻略する」ことである。


新しいデータを受け入れるのに時間がかかればかかるほど、その人は自分の感情に左右されているのである。


型破りな発想をするためには、天才でなくても、ビジョンがなくてもいい。大卒である必要さえない。ただ、構想と夢を持っていればいいだけの話だ。


究極のセグメンテーションは、顧客をそれぞれ個別に扱うことである。(覚書き|セグメンテーション=市場細分化のこと。また市場を細分化してターゲットに合った戦略を施すこと)


個人にとっても組織にとっても、向上や改善に決して終わりはない。これこそが当社の勝利の文化である。自分が成功することが会社の成功をもたらすのであり、その逆ではない。うちの会社には下手な言い訳をする社員はいない。


本当のところ、私にとってはむしろ学生でいることのほうが賭けでした。大学にいる間に、このチャンスを取り逃がすかもしれないんですからね。(覚書き|なぜ大学生を辞めて会社を作ったのかの問いに対し)


何をやるのかを決めるのは簡単。何をやらないのかを決めるのが大事。そして、何をやらないのかを決めることは難しい


当社の事業のやり方の特徴は、常に顧客との話し合いを通じて、そこから導き出される戦略を選択しているという点だ。いま、顧客からは独自技術の戦略に囲い込まれたくない、という声があがっている。ベンダーは、独自技術によって、利益を得ることはできるが、顧客はそこから離れられなくなる、移行が難しくなるという状況に追い込まれる。また、独自技術の場合、その製品には多くのサービスが必要になり、投資負担が増える例が多い。しかも、特定の企業からしかサービスが提供されないということになる。


各社ごとにビジネスモデルはさまざまであり、日本の企業のすべてが垂直統合を採用しているわけではない。例えば、先日、中国のサプライヤーパートナーのところを訪問したが、そこでも日本のメーカー向けの製品が作られている。むしろ、依然として、競合他社の方が我々のやり方を追いかけているのではないだろうか。当社のモデルが成功しているということは、日本市場での実績を見ても明らかだ。日本では、昨年の段階で第 3位のシェアとなり、前年比25%という業界平均を大きく上回る成長を遂げている。これは上位4社のなかでは最も高い成長率となっている。


マイケル・デルの経歴・略歴

マイケル・デル、米国の事業家、PC直販のDELL創業者。PCの普及に大きな役割を果たす。初商売は12歳のころ雑誌に広告を出し切手カタログを販売し2000ドルの儲けを出す。テキサス大学学生だった19歳で学生寮の自室を使い、デルの前身PC’sリミテッドを立ち上げる。たった4年で米ナスダックに上場。さらに4年後フォーチュン500入りを果たす

他の記事も読んでみる

クリス・アンダーソン

起業した誰もが儲けられるわけではないが、私の会社は1万個市場(ニーズがあっても潜在顧客が1万人以下のニッチな市場)の中で利益を上げている。1万個市場は大量生産するには小さすぎるため、手つかずのままだったが、顧客が1万人いれば十分に儲かるビジネスがつくれる。いまの状況は20年前のウェブ革命と同じで、今後新たな市場が膨らむことで生産者も消費者も恩恵を受けることになる。


井上智治(コンサルタント)

本来、ビジネスマンは仕事ができることが第一です。自分の部下が仕事において有能であれば、少しくらいプライドが高くても、出身や経歴を鼻にかけるきらいがあっても、私はあまり気にしません。要は仕事で質の高いアウトプットを出してくれればいい。その際、やり方についてはそれぞれの人のスタイル、個性があってかまわないと思います。


松原泰道

人の一生にはいろんなことがあるでしょうが、修行の道であるという気持ちを持ち続けて生きることが大切。


石渡美奈

細かい業務指示は現場リーダーに任せる。私は、私の立場から求められる関与を大切にしている。当社は採用時に、私の考えに共感・共鳴した人が入社している。その時、示した私の考えは、共鳴してくれた社員にとって重要な指針であり、これから先も、揺らぐことなく守っていかなくてはならない。この会社の強いチームワークの根源はここにある。だからこそ、どんな時でも社員は嬉々として働いてくれる。


香山リカ(精神科医)

私は基本的にその日のことしか考えないようにしているのです。「今日は、これとこれをやったら終わり!」と思えば、どんなに忙しい日でも、なんとか乗り切れるじゃないですか。


辻庸介

著名な起業家の方と会うと、そのパッションに圧倒されます。「自分はまだまだ足元にも及ばない」と感じて、ショックを受けることもしばしばですね。


野口実(ABCマート)

私はこの仕事しかしないという縦割りになってしまうと、やっぱりコストもかかります。本社の定休日は金曜日で、週末はみんな店に出ます。私も日曜祝日は必ず店に出ています。「一人二役は必ずみんなでやろう」とやっています。


野村克也

怒りに感情を左右されないためには、敏感さを磨くことだな。怒りで我を忘れるのは、いわば鈍感である証拠だ。カッとなって平常心を失ったら自分の力は発揮できない。そんな当たり前のことに気づけないのは、鈍感そのものだからなんだ。自分のキャリア、仲間からの信頼……。そうして積み上げたものを、怒りの感情は一瞬にして台無しにしてしまうことがある。日頃から丁寧に仕事を積み上げてきたならば、そんな無謀なことができるはずがない。では、敏感さはどう磨けばいいか、といえば、それは丁寧に仕事をするしかない。


名越康文

自分の中で、「このままでいいのだろうか」という迷いがあり、なんとなく惰性で続けているところがあるなら、一度しっかり心の声に耳を傾けるべきです。できれば一週間、一人旅でもして自分がいま本当にやりたいことは何かを考えてみるといいでしょう。


クリス松村

インストラクターを始めたとき、最初はなかなか生徒さんが集まらなくて。1回のレッスンに集まるのはほんの数名程度。さみしい光景でした。そんな、ある日、先輩のインストラクターから、こんなことを言われたんです。「クリスって、普段はオネエ言葉ですごく面白いのに、どうしてレッスンになると、普通の人になっちゃうの? いつものクリスのほうが断然いいよ」そうなんです。私、親しい人の前ではオネエキャラを出してたんですけど、生徒さんの前では普通の男性を演じてたんです。なんだかんだ言っても、知らない人にカミングアウトするのって、勇気がいるんですよ。けれども、先輩の言葉でふっきれました。よし、オネエ全開でやってみよう。どうせなら、昔から自己流でやってたアイドル・フィットネス(歌手の振り付けをベースにしたダンス)も取り入れようと心に決めました。数日後のレッスンで私は大変身。オネエキャラ100%で踊りまくりました。すると、スタジオには活気と笑い声が充満。翌日から、生徒さんがどんどん増えて、あっという間に連日超満員のクラスになりました。そうこうしているうちに、オネエのインストラクターとしてテレビに出ることになり、いまの私に至っています。あのときに本来の自分をさらけ出したからいまの私がある。


山崎将志

最近は、部門や会社をまたいだ会議が頻繁になってきています。そうした言葉の解釈にズレが生じやすい会議では、ホワイトボードを使って言葉の確認作業を行うことが、より必要になってくるでしょう。


柳井正

困難な時代だからこそニーズが産まれる。