名言DB

9425 人 / 110833 名言

マイケル・ガーバーの名言

twitter Facebook はてブ

マイケル・ガーバーのプロフィール

マイケル・E・ガーバー、米国・スモールビジネスの経営コンサルタント。主な著書に『はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術』『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』など

マイケル・ガーバーの名言 一覧

自分の会社をどんな業種にするかということはあまり重要ではない。あなたが真にやるべきことは、起業家の仕事であり、組織を築くことであり、自分の会社を世界中のどの会社とも差別化できるシステムを作り上げることだ。


事業を立ち上げる唯一の理由は、それを売ることだ。


優良企業は非凡な結果を生みだす方法を知っている。平凡な人々が非凡なシステムを使うことで途方もないことをやり遂げる方法を。


マイケル・ガーバーの経歴・略歴

マイケル・E・ガーバー、米国・スモールビジネスの経営コンサルタント。主な著書に『はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術』『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』など

他の記事も読んでみる

塩野七生

私の書くものは、読者にちょっと考えてもらうところがある。読者の質はいいけれども、読者の数が少ないのはしょうがない。私の作品って、実務では役に立たないから。ただ、世の中に対する見方が広くなってもらえればいいと思っています。視野が広がると、別のところに視点を置けるようになります。でも、ビジネスに役立つ本を求めるのなら、ドラッカーを読んだ方がいい(笑)。


笹氣健治

ここ5から6年の傾向ですが、若手ビジネスマン向けに、仕事のノウハウを伝授する本がよく売れました。この手の本は、仕事術を教えると同時に、失敗回避意識を強く刺激します。無駄なことをやっていると勝ち残れないぞというメッセージを送ってくるのです。そのせいでしょうか、効率的なやり方にこだわるあまり、仕事の肝心な部分を先送りしてしまう人が増えています。


佐藤益弘

目的をはっきりさせて、その実現に最適な商品を選ぶことで自然と分散投資が実現できる。


ジェームズ・ポンソルト

私は人間の善性を信じていますし、あらゆるテクノロジーも基本的には善のためにデザインされていると考えています。もちろん、それを悪用しようとする人は存在しますから、テクノロジーの巨大な力を利用するためには公的なチェック機能と説明責任は不可欠でしょう。


瀬口清之

様々な古典書があるが、私がビジネスパーソンの皆さんにまず読んでほしいのは『論語』『老子』『孫子』の3つ。『論語』は儒教の始祖である孔子と弟子たちとのやり取りを記した書で、人を率いるとはどういうことか、人間としてどう生きるべきかなど人生の指針を学ぶことができる。どちらかというと人生上り坂の時に読むといい。逆に心落ち込んだ時に読みたいのが『老子』。自分の原点に立ち返り、「また一から頑張ろう」と、気持ちを奮い立たせてくれる。そして、具体的に人生をどう切り開くか、企業戦略をどう立てるべきかを示してくれるのが『孫子』だ。


キケロ

人が友情を望むは、自己と無力と貧しさのためではなきか。すなわち、お互いに尽くし合い、自己のみでできかねることを、他人から受け、あるいは当方からも仕返しする、ということではなきか。


坂根正弘

「日本経済はもうダメだ」などという悲観論が蔓延していますが、冷静にみればまだまだ競争力を失っていません。国を挙げてやるべきことをやれば日本企業は今後も十分発展できます。


ドストエフスキー

苦しむこともまた才能の一つである。


篠原雅直

不動産という「材料」を、その時その時の最適な方法で「調理」していくことを常に考えています。ですから再生した物件も転売せずに長期保有するなど、ケースバイケースで考えています。


高原豪久

初心忘れるべからずという言葉がありますが、そういう言葉があるということは、人は初心を忘れやすいということですよ。