マイケル・ガーバーの名言

マイケル・ガーバーのプロフィール

マイケル・E・ガーバー、米国・スモールビジネスの経営コンサルタント。主な著書に『はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術』『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』など

マイケル・ガーバーの名言 一覧

自分の会社をどんな業種にするかということはあまり重要ではない。あなたが真にやるべきことは、起業家の仕事であり、組織を築くことであり、自分の会社を世界中のどの会社とも差別化できるシステムを作り上げることだ。


事業を立ち上げる唯一の理由は、それを売ることだ。


優良企業は非凡な結果を生みだす方法を知っている。平凡な人々が非凡なシステムを使うことで途方もないことをやり遂げる方法を。


マイケル・ガーバーの経歴・略歴

マイケル・E・ガーバー、米国・スモールビジネスの経営コンサルタント。主な著書に『はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術』『起業家精神に火をつけろ!―会社のために働くのではなく、あなたのために働いてくれる会社をつくる7つのルール』など

他の記事も読んでみる

観音寺一嵩

世話になった人から押し付けられた無理難題を断るときは、会社の方針とか、その場にいない上司などを理由に依頼を断るといいでしょう。たとえば「この規模の案件だと本部長に相談する必要があるので、明日まで待ってもらえますか」といったん告げて、翌日、「申し訳ありません。本部長に相談したのですが、その条件ではちょっと呑めないという結論になりました。お力になれなくて大変残念です」とやるのです。もちろん、本部長に相談はしなくていいのです。一晩くらい寝かせて、自分も努力したことをわからせる方がいいのです。


井元章二

最初に手数料等が発生すると、顧客は困っていても本音を言いません。しかし、相続や事業承継といった問題は、先延ばしすれば問題が大きくなるだけです。それが地方の病院だった場合は、相続税の納税資金が足りずに経営が行き詰まるだけではなく、地域住民の健康状態を大きく損ねることにもつながりかねません。だから、まずは正しい情報を的確に伝えることを目的に、あらゆる相談に応じて、信頼関係を築き上げていきます。遠回りでも地道にコツコツと積み上げる方が性格的にも合っています。


新将命

「あなたは何のために生きていますか」と質問されて即答できる人の方が少ないかもしれませんが、そこが曖昧なままでは、根無し草の人生になる。人生の目的地が決まっていれば、途中で困難に直面しても、心の火を絶やさずに前に進めます。


小野誉之

安定した経営を維持していくためには、常に人の目を意識して細かいことにも目を配っていく必要がある。


ヴォルテール

何の仕事にも携わっていないのは、人間にとって存在してないことと同じ。


茂木健一郎

これからの会社にどうしても必要な人材とは、「点」にこだわる人ではなく、「点」と「点」をつないでいくような人であろう。逆に言えば、そのようなイメージで自分の能力を高め、人脈を築いていけば、いつまでも会社にとって必要な人材でいられる。


吉田章宏

教えるとは学ぶ人の世界を豊かにし、それによってその人の自我を豊かにすること。それとともに教える人自信も、その世界と自我を豊かにし、それによって教える人と学ぶ人がともに育つことである。


越智直正

創業時、「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」という理想を掲げましたが、そんな理想はアホちゃうんかと自問自答してしまうほど、最近の業界は狂っています。商売人がお客をバカにして、品質が悪いものを低価格で売ることが横行している。800円で売るべき品質のものを、700円で売っていこうというのが本当の競争です。いまは違います。見かけは800円のものを300円以下の品質で堂々と出してきて、「どや、安いやろ」と300円で販売している。これでは、競争になんかちっともならんのです。


森雅彦

我々は現在、月に約1000台の機械をお客様に納品しています。一方、多くの競争相手は50台くらい。我々は、月に1000の現場での最新事例を勉強できるのです。


廣瀬元彦

才能を持つ人は、それを追求する事で結果を残せますが、特別な才能がない人でも他者と様々なカルチャーと「クロス」する事によって輝ける可能性は無限大にある。


ナイチンゲール

すべてを思い通りになしとげるのでなければ、何もなさなかったと同じです。


大串亜由美

一生懸命話しているのに、聴き手はみんな下を向いてしまっている。それをみて心が折れ、「とにかく早めに終わらせよう」と投げやりになってしまう。そんな失敗を経験したことはないでしょうか。聴き手の顔が下がっていたら、上げさせる工夫をしなければいけない。


山地章夫

私の座右の銘は「変化こそ常道」です。


柴田励司

誰かが提示した情報を知ったり覚えたりすることは、本当の意味での勉強ではないと私は考えています。世の中に流通している情報のほとんどは、誰かが体験したり聞いたりしたことをまとめた二次情報にすぎません。二次情報には必ずその誰かの主観や意図が入り込んでいますから、それをいくら取得したところで、対象の本質を知ることにはならないのです。


植松努

私は「どうせ無理」という言葉が大嫌いです。小学生の頃、「将来はロケットを創りたい」と夢を語ったら「どうせ無理。叶えられる夢を言え」と先生に叱られました。くやしくってね。僕は自ら証明したいんですよ「どうせ無理」はウソだよって。


ページの先頭へ