名言DB

9412 人 / 110637 名言

マイケル・ヒルティの名言

twitter Facebook はてブ

マイケル・ヒルティのプロフィール

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

マイケル・ヒルティの名言 一覧

事業の成功の秘訣ですか?第一は土木や設備など建設現場のプロ向け製品にフォーカスしたことです。第二に創業当初からメーカー直販システムを貫いている点が挙げられます。このふたつは当社の最大の特徴であるイノベーションとも密接に絡んでおり、極めて重要な柱だと考えています。


イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。


第一号製品の特性が、そののちの事業体制の構築に大きく影響しました。最初に手掛けたのは鉄骨やコンクリートにくぎを打ち込む銃型の工具ですが、当初は釘が固い壁などにはじかれ危険でした。そこで私たちが考案したのは、たとえ釘がはじかれても人とは反対側に落とす技術です。これによって、ユーザーの安全は確保できます。しかし、その特徴と使い方をきちんと説明するには代理店では難しい。それが直販システム導入のきっかけでした。


マイケル・ヒルティの経歴・略歴

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

他の記事も読んでみる

武豊

問題はジョッキーが出すゴーサインを馬が理解してくれるかどうかでしょう。理解している馬なら叩こうが叩くまいが、しっかりともうひと伸びするものです。調教段階からゴーサインをきちんと教えていれば、ムチなんて使わなくても自然と理解して伸びてくれるものなんですよ。


矢野博丈

以前当社は店頭上場しようと準備をしていました。でも、私の判断で上場予定日の二か月前にキャンセルしたんです。いまでも、いつでも上場できる状態にあります。しかし、上場すると投資家からの目を意識して短期のことばかり考えるようになります。結果として、この土壇場の上場中止があったからこそ、いまの大創産業があります。


ケリー・マクゴニガル

取りかからなければならないことをグズグズと先延ばしにしている学生には、なぜそれがその人にとって大事なのか、説明してもらいます。もしうまく説明できないようなら、間違った目標を設定している可能性があります。その人が本当に求めている目標(ゴール)や目的でないから、やる気が出ないのです。


依田宣夫

家計の健全性を侵害して消費に走っても、その消費の結果は決して満足をもたらすものにはならない。企業は、倒産すれば解散するだけだが、家庭は倒産できない。人生から退職することもできない。そういう意味で、家計の健全性を維持することは極めて重要だ。ただし、一時的に健全性が失われても、それを家族全員でリカバーすることを決意でき、その見通しが立つのであれば、一時的な健全性の喪失を過剰に恐れる必要はない。


大宮英明

経営会議の内容は議事録にして、各地の事業所長にも回します。議事録というと、個条書きで簡潔に整理されたものがよくありますが、字面を見ても議論の経過はわかりません。誰がどんな議論をし、それに対して誰がどう答え、どんな議論を重ねて結論に至ったのか、しっかり書きとめて伝えます。それを読めば、出席していなくても議論が揉めたのかどうか、どんな考え方で集約されていったのか手に取るようにわかります。この情報を共有することで、思考のベクトルが揃い、事業所での意思決定も迅速に行われるようになるのです。


テリー伊藤

よくさ、「上司を出せ!」っていうお客がいるでしょ。絶対出しちゃダメだよ。この仕事は私が仕切ってるんだから、私が責任を持ちますって気概、とても大事。仕事への情熱は客に伝わるからさ。


佐藤勝康

社員の成長があってこそ、会社の成長がある。


小嶋淳司

カン(勘)のない経営ほどあかんものはない。現場に立ち、どうしたらお客様が今より満足してくださるかを考える。カンはそこから出てくる。


小阪裕司

「この商品をどう売ろうかな?」ではなく「この商品を買うという行動をお客さんにしてもらうためには、何をすべきか?」という発想で考える。そうすれば、売れない商品の問題点と改善点がわかる。


弘兼憲史

販売助成部の部長は本当に厳しい方でしたから、みんな、少し遠ざけていました。でも私は、電車で帰る時、たまたま本社の最寄り駅のホームに一人でいらっしゃるのを見かけたので、「お話を聞かせてください」と近づいてみたのです。はじめはギョッとされていましたが、新人の私がいろいろ聞くと、懇切丁寧に教えてくれました。そのうち気に入ってもらえたのか、カバン持ちで大阪ミナミの宗右衛門町の料亭などに連れて行ってもらいました。最初はよく怒られたのですが、最後はわりと目をかけてもらったと思います。
【覚え書き|松下電器時代を振り返っての発言】


北島忠治

選手にああしろへこうしろといえば、その選手はある程度までは伸びるかもしれない。でも、それまでですよ。他のスポーツもそうでしょうが、ある時期までは教えることができても、そこから先は自分でやるしかないというときが必ずあるんですよ。周りの指導ではどうしようもないときが。


ジッド(ジード、ジイド)

改革すべきは単に世界だけでなく、人間である。その新しい人間は、どこから現れるのか。それは外部からでは決してない。友よ。それを君自身のうちに見出すことを知れ。


堀口英樹

商品を作るだけでなく、商品への顧客の理解を深める取り組みも重要。フォアローゼズ社長時代、SNSで商品の魅力を広め、最初の1年で売上高を5倍に増やしました。その後に社長を務めた小岩井乳業では広報部を新設し顧客とのコミュニケーションに力を注ぎました。


鈴木敏文

給料には社員のモチベーションを高める役割がありますが、それは単に金額の問題ではない。一生懸命頑張って成果を出したのに給料が上がらなければ、モラール(士気)は下がりますが、昇給で同期より、たとえ10円でも高ければ、それは小さな差であっても、認められたことになる。重要なのは納得性です。評価の物差しが明確かどうかです。


中野信子

同僚が出世するのが許せないというのは、人として当然の気持ちです。ただし相手をおとしめるより、自分を高める方向に考えるのが大切。この機会に自分が同僚を上回るには何をすればいいか、洗い出してみましょう。