名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・ヒルティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ヒルティのプロフィール

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

マイケル・ヒルティの名言 一覧

事業の成功の秘訣ですか?第一は土木や設備など建設現場のプロ向け製品にフォーカスしたことです。第二に創業当初からメーカー直販システムを貫いている点が挙げられます。このふたつは当社の最大の特徴であるイノベーションとも密接に絡んでおり、極めて重要な柱だと考えています。


イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。


第一号製品の特性が、そののちの事業体制の構築に大きく影響しました。最初に手掛けたのは鉄骨やコンクリートにくぎを打ち込む銃型の工具ですが、当初は釘が固い壁などにはじかれ危険でした。そこで私たちが考案したのは、たとえ釘がはじかれても人とは反対側に落とす技術です。これによって、ユーザーの安全は確保できます。しかし、その特徴と使い方をきちんと説明するには代理店では難しい。それが直販システム導入のきっかけでした。


マイケル・ヒルティの経歴・略歴

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

他の記事も読んでみる

深澤真紀

女性は真面目な人が多いので、一生懸命習い事に通うのですが、いつまでたっても上達しないという人もまた多い。それは「これを人に教えよう(披露しよう)」という意識がないからなのです。教える相手は友人や家族で十分ですから、意識してみましょう。


樋野興夫

ある女性は、遺産のことで悩んでいました。自分が死んでからどのように分配すべきか、家族がきちんと話し合ってくれるのか、不安で仕方がないというのです。これに対する私の答えは「ほっとけ」です。自分が死んだあとのことは、なるようにしかなりません。もし何か対策を講じたいなら、遺言書を書けばいい。ですが、きっと彼女の悩みの本質は、家族とのコミュニケーション不足によるものでしょう。


村上龍

私の場合、同じことを繰り返すと飽きてしまうのです。だから常にテーマというか小説のモチーフとして、私自身を刺激してくれるはずだと確信するものを選びます。そのモチーフが困難なものか、それとも案外安易なものかは関係なく、刺激してくれるものを選ぶわけです。なので、モチベーションを維持する上で、悩んだり、困ったりしたことはないです。


池森賢二

来年は広告費を2倍にしよう。最初は赤字になるかもしれないが、ワクワクするだろう。

【覚え書き|引退し経営から退くも、業績悪化のため会長に返り咲いたときの言葉】


ローレンス・サマーズ

長期的に考えれば日本経済復活のカギは教育、そう、勉強することにあると思います。


グレッグ・ピーターズ

我々が競争相手と考えるのは、ユーザーを取り囲むあらゆる娯楽だ。それはSNSかもしれないし、雑誌やゲームかもしれない。


中内功

日本は全然豊かじゃないですよ。たしかに家庭用電気製品とかはいっぱい部屋にあるけれど、本当に生活をエンジョイするような時間的、空間的なゆとりがあるだろうか?日本人は何か後ろから追いかけられているような感じで、周囲が気になり自分自身を見失っています。


林義郎(経営者)

仕事は、経験値がたまると、官僚化していく。ならば、自分から新しいことをやる部署に行けばいい。そうすれば、自分のやりたいことに挑戦しやすい。


及川智正

販売現場から農業を変えようと思い、青果店を営むことにしました。すると、生産者であった時には1円でも高く販売したかったにも関わらず、販売者になってみると1円でも安く買おうとしている自分に気が付いた。立場が逆転しただけでこんなにも意見が変わってしまうのかと、我ながら驚きました。そして、この水と油の関係は、両方を知った人物でなければコーディネートできないと考えたのです。


大坪勇二

「1か月に50件契約を取る!」と「成果」にフォーカスすると、逆に行動が減ることが多い。50件という結果が出ないと、人は後ろ向きになりますからね。ところが「1日4件は面談を入れる!」と「行動」そのものにフォーカスすると、1日4件程度ならクリアできる。目標件数を達成できると楽しいから、行動量が増えるんです。


御手洗冨士夫

大切なのは正しく評価するということです。私も工場にいたことがありますから、お題目を唱えるだけでは駄目なことはよくわかっています。わかるまで何度も説明し、お題目が実行されるような仕組みを作ることも大事です。


三浦正臣(飲食店プロデューサー)

私達が手掛けるお店は、料理が美味しいのは当たり前で、楽しい、連れていきやすいといった「空間づくり」を大切にしています。それでいて設備投資は必要最小限にして「稼げるお店」にもこだわっています。