名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・ヒルティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ヒルティのプロフィール

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

マイケル・ヒルティの名言 一覧

事業の成功の秘訣ですか?第一は土木や設備など建設現場のプロ向け製品にフォーカスしたことです。第二に創業当初からメーカー直販システムを貫いている点が挙げられます。このふたつは当社の最大の特徴であるイノベーションとも密接に絡んでおり、極めて重要な柱だと考えています。


イノベーションで最も重要なのは、オープンな企業文化です。役員以下すべての従業員が同じテーブルで自由に語り合い、互いのチャレンジ精神を引き出す。そんな開かれた風土が不可欠です。全員でどうしたら上手くいくかを議論します。そう、日本のカイゼンと似ています。ただ、ヒルティでは、このカイゼンを2万人全員が行っているのです。


第一号製品の特性が、そののちの事業体制の構築に大きく影響しました。最初に手掛けたのは鉄骨やコンクリートにくぎを打ち込む銃型の工具ですが、当初は釘が固い壁などにはじかれ危険でした。そこで私たちが考案したのは、たとえ釘がはじかれても人とは反対側に落とす技術です。これによって、ユーザーの安全は確保できます。しかし、その特徴と使い方をきちんと説明するには代理店では難しい。それが直販システム導入のきっかけでした。


マイケル・ヒルティの経歴・略歴

マイケル・ヒルティ。リヒテンシュタイン公国の経営者。世界的ファニング(建設用留工具)メーカーのヒルティ・グループ会長。スイスのサンクトガレン大学経済・法学・社会学学部を卒業後、チェースマンハッタン銀行に入社。与信・審査部で銀行業務に従事したのち、家業のヒルティに入社。マーケティング担当などを経て社長・会長を務めた。ヒルティ財団理事。父は創業者の一人のマルティン・ヒルティ。

他の記事も読んでみる

村尾隆介

スターブランドが掲げているテーマに「むやみに拡大しない勇気」というのがあるんです。もちろん僕らも、ある程度のサイズは必要だと思っていますけど、むやみに組織を大きくしてしまうと、時代の変化に対応できなくなってしまうので。売れる商品やサービスのスパンが、極端に短いですし。


村瀬治男

どの企業でも、上のポジションに行けばいくほど応用問題を解くことを要求されます。そのとき、新しい分野で自分のポテンシャルを広げられるかどうかは、常日頃からの幅広い知識の習得にかかっています。


ジム・ロジャーズ

投資対象が見つからないうちは、観察とリサーチを怠らず、お金を貯めておけばいい。


ケリー・マクゴニガル

成功するために服装を考えるなら、他人だけでなく、自分の心に焼きつくように装いましょう。逆説的に言えば、自分に自信が持てる服装、自分がしっくり感じる服装を身にまとっていれば、他の人にも好印象を与えているものなのです。


チャップリン

妙なもので、舞台が失敗と決まると、かえって気は軽くなり、心の重荷も降りた。アメリカには、ほかにチャンスがいくらでもある。どうして舞台ばかりに噛り付いているのだ?何も芸術に一生をささげたわけじゃない。商売をかえろ!私はようやく自信を取り戻しだした。そうだ、どうなろうとアメリカで頑張ろう。そう私は決心した。
【覚書き|最初のアメリカ巡業が失敗に終わったときを振り返っての発言】


井上亮(オリックス)

社員一人一人が会社で輝けるようにするのが、社長である私の重要な仕事のひとつだと思っています。


増田宗昭

データベースで人を幸せにするような集団になりたい。


阿部サダヲ

あまり最初から傑作にするぞと意気込まないように心がけています。もちろん、どの作品でも気合いを入れて取り組んでいますよ。でも、舞台も映像も、作品は共演者やスタッフの方とみんなで作り上げるものですからね。「アイツ、一人だけ熱いなあ」みたいな感じになるとまずい(笑)。なるべく周囲との温度差がないような、フラットな関係でいたいんです。自分を冷まして、周りを温めるぐらいでいい。


小澤征爾

できる者ではなく、最低の者のレベルを上げることこそ教える者の技である。


石上芳男

いかに需要を掴み、短期間で売りさばき、在庫を抱えないようにするか。回転率や収益率など数字に強いだけでなく、センスも求められる。


佐藤優

外務省で働いていた頃、部下を見分けるのに「小さな嘘をつかないか」「約束を守れるか」で判断していました。嘘をつく部下は要注意。小さなごまかしをする、約束を反故にする人はいつか大事な場面でミスを犯す。


井筒和幸(映画監督)

常日頃から部下に嘘をつかないことも大事。でないと「責任をとる」と言っても信じてもらえんよ。