名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・バークの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・バークのプロフィール

マイケル・バーク。フランスの経営者。ブルガリ・グループCEO(最高経営責任者)。フランスEDHEC経営大学院でMBAを取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。北米ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、フェンディなどのCEOを歴任した。

マイケル・バークの名言 一覧

リーマンショックでは多くの企業が苦境に立たされた。2011年の東日本大震災では、地震と津波によって日本経済も大きな打撃を受けた。しかし、その間にも我々は世界各地で、そして日本でも投資を続けてきた。それが、いまの好業績に反映されている。


「単一化」や「模倣」の罠に陥らず、自分たちの持つ独自性を守り、磨きをかけること。「ほかと違う」という勇気を持つことこそ、いま、あらゆる産業に求められていることだろう。


決してほかには真似ができない要素があるか。これを基準にグループに加え、そして買収後は各ブランドの持つ独自性を一層伸ばすように心がけてきた。ほかとは違う、独自の世界観があるからこそ、消費者はそれぞれのブランドに魅了されるのだ。故に、我々のグループは成長を遂げている。


LVMHグループのアルノー(ベルナール・アルノー)CEO(最高経営責任者)は日頃から、「ブランドの持つ特徴を最大限に生かして、根源に戻れ」と繰り返している。実際、LVMHグループを見ると、買収したブランドのすべてに強い歴史があり、創造性や卓越性、独自性を備えている。


「創業家による家族経営から、コングロマリットの傘下に入るとブランドの魅力が失われるのではないか」。こんな質問を受けることも多い。だが我々LVMHグループは、過去にも数々のブランドを傘下に収め、再生を遂げてきた。クリスチャン・ディオールやセリーヌ、ロエベ、フェンディ、そしてブルガリ。これらすべてのブランドが、LVMHグループに加わってから、さらなる成長を遂げている。これは、各ブランドが持つ特徴や強みを最大限に生かしてきたためであろう。


マイケル・バークの経歴・略歴

マイケル・バーク。フランスの経営者。ブルガリ・グループCEO(最高経営責任者)。フランスEDHEC経営大学院でMBAを取得。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社。北米ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、フェンディなどのCEOを歴任した。

他の記事も読んでみる

トム・ピーターズ

リーダーシップを発揮する機会は、誰にでも、そして毎日ある。


柴田昌治(コンサルタント)

深く考えたうえでの即断即決なら問題はありません。危険なのは、過去の成功体験をもとに、深く考えずに答えを出してしまうこと。


高木芳紀(髙木芳紀)

自分の名刺をつくるときは、名刺にどんな仕事をさせるかを考え、目標設定をすることが大事。たとえば、ビジネスに結びつけるのか、勉強仲間を募るのか、一緒に趣味を楽しむコミュニティーをつくるのか、と。


江田麻季子

業界全体、社会全体が先に進まなければ当社の成長もありません。業界全体とともにイノベーティブな取り組みを進めています。いわば業界を交えた「共創」によって、お互いが盛り上がっていこうというわけです。


鎌田富久

海外の企業が作るロボットもカッコいいのですが、あまり可愛らしい製品は多くないですよね。少し首を振るとか、しっぽを揺らすといった、ちょっとした可愛さの感覚は、日本人の得意分野でしょう。


弘兼憲史

僕は頼まれた仕事はつい引き受けてしまう。その結果、睡眠時間を削るありさま。やりたいことをやっているから構わないのですが、それでもいくつか自分で決めていることがあります。その1つが、「やらないことリスト」の作成です。「やらないことリスト」には、「テレビ出演はしない」に加え、「パソコンゲーム」はしない(笑)。一時期、仕事中に少し飽きるとゲームをやっていました。ゲームは本当に時間を食うばかりで何の役にも立たない。しかも目をかなり動かすから、すごく疲れる。目のピントが合わなくなって「これはダメだ」と思いました。投資関連の講演も「やらないことリスト」の1つです。僕自身が投資を全く知らないし、興味もないことがその理由です。


鈴木純(経営者)

米CSPの買収も実は残念な例でもあります。買収自体は成功ですが、1年早く帝人が買収を提案しておけば、相対の交渉に持ち込めた。お互い拠点も近くてよく知っている会社だったのに、CSPがオークションになってから、当社が手を挙げる形になってしまった。


瀬戸薫

「社訓」の最初に記されている「ヤマトは我なり」とは、「自分自身=ヤマト」という意識を持ちなさいということを意味し、経験を踏めば踏むほど、味わいの出てくる言葉だ。特に当グループの場合、セールスドライバーが車で外出して一人になったとき、何を行動の規範にすればいいのか迷うことがある。だが「自分自身=ヤマト」であり、自分がこの地区でヤマトを代表する存在だということが分かっていれば、どうすればお客様に喜んでもらえるのか、そのためにどんな行動を取るべきか、おのずと答えが出てくるはずだ。社員たちは、日々の仕事のさまざまな場面で、「『ヤマトは我なり』とは、こんなことを言っているのか」と感じているのではないかと思う。


富田直美(経営者)

お客様と一緒に考えて、ロードマップを書いていくが、その通り行かないのが先端技術です。いきなり出来てしまうこともある。ここが面白いところ。


森本千賀子

事業そのものをマネジメントする力も必要です。ベンチャー企業のように人的・物質的資源が足りない組織で事業をマネジメントした経験がある人。たとえばマーケティングの部署がある大企業なら、セールス部門のマネジャーはセールス領域に特化した仕事に集中できますが、人的資源の少ないベンチャーでは、セールス部門のマネジャーでも、マーケティングを含めてカバーすることもあります。そうした守備範囲の広い経験が評価される傾向にあります。


兒玉義則

毎年1月と7月に全社員がボランティア活動を行う日を設けています。病院で患者さんの洗髪をしたり、店舗の近くの公園を掃除したり、それぞれの店舗ごとに考えてやっています。こうしたボランティア活動を通じて得られるのは、人に対する優しさや感謝されることの喜び。その経験が、日々の仕事の中で自然とお客様へのホスピタリティとなって表われるのだと考えています。


渡邉美樹

夢を定めたら自分の生き方は、その夢に向かって努力する日々である。そして、夢が実現した時、自分の生き方自体が説得力あるものになった。夢のために何が必要か学ぶべきものを見極め、そこに根を張った。こうしたひとつひとつの努力の体験が、夢は必ずかなえられるという信念に成長していくのである。