名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

マイケル・サンデルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・サンデルのプロフィール

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

マイケル・サンデルの名言 一覧

優れた企業のリーダーは、自社の公共的な役割について考え抜くことを決して忘れない。彼らは公共善の追求を含めてリーダーシップを発揮できる広い視野を持っているはずです。


既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


私は、企業の本来の活動目的は公共善の追求であるべきだと思っています。すべてを市場に委ねれば上手くいくとした、ミルトン・フリードマン氏に代表されるような新自由主義の経済学者は、企業の唯一の目的は株主価値の最大化であり利益の追求だ、と主張してきました。それは企業の役割を矮小化していると思います。企業にとっては株主だけでなく、顧客や取引先、従業員、さらには地域社会も重要です。


マイケル・サンデルの経歴・略歴

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

他の記事も読んでみる

百鬼丸(切り絵師)

切り絵をあしらった手拭いを、江戸の物売りの格好をして売り歩いています。どこかに卸してもいいのですが、街にこういう人間が現れたら、見ている人は楽しいだろうし、ぼくも手拭いが売れればうれしい。みんなが喜ぶことをしたい。


板東英二

芸能界へ足を踏み込むことになったのは本当に偶然。現役をクビになり、名古屋で解説の仕事をしていたとき、昔から仲良くしていた上岡龍太郎さんが関西のテレビに呼んでくれた。それが始まり。ただ、下地はあったんやと思います。元々、お笑い、漫才が大好きで、関西へ行ったときはよしもとを見て、東京へきたら寄席に通っていた。おしゃべりでしたし、現役時代から「野球の選手にしてはおもろい」とは言われていたんです。でも、上岡さんはこうアドバイスを。「おもろいと言ったってたかがしれている。たかだか野球選手やないか。だけど、元野球選手にしてはおもろいという位置は誰もが得難いもんや」と。とくに高校野球の姿勢が大事やと。なぜなら高校野球を見て、人が感銘を受けるのは、勝ち負けではなく、一生懸命、健気にやっていること。だから、お笑いでも何でもいいから懸命にやりなさいというわけ。そしたら、野球というベースがあるから世間は「なんやあいつ」と注目してくれる。だから、「普通の人の3割は得をしているんや」と。


プラユキ・ナラテボー

欧米では、誰もが瞑想の実践によってクオリティ・オブ・ライフの実現が図れるとの認識が定着している。ブッダの「気づきの瞑想」は「マインドフルネス・トレーニング」と呼ばれ、精神医療の現場では有効なストレス軽減法として、また、グーグルやインテルなど多くの企業では社員のメンタルヘルスと仕事のパフォーマンス向上を目的として、取り入れられてきている。


中山和義

命令をしているだけでは、人は育たない。自分自身で考えてもらうことが成長には必要。


山田昭男

経営者が知恵をしぼって従業員が働きやすい環境をつくり、従業員が意に感じて一生懸命に働くという、ごく当たり前の経営のあり方が、残業問題のみならず、全国の7割にものぼる赤字企業の、黒字化への何よりの処方菱になるだろう。うちはべつにユニーク経営をしている会社ではなく、普通の会社なんだよ。


安藤俊介

私たちの持つ価値観は、正解も不正解もない。自分にとっては「メールの返事は1日で返す」が正解でも、人によっては「3日ぐらいは大丈夫」が正解かもしれません。「あの人なりのものさし」を許容できれば、人生はずいぶんラクになる。


幸田真音

30代の生き方次第で人生が決まるといってもいいくらい。この時期に逃げずに頑張った人と、小賢しくショートカットした人とでは、後で必ず差が出てきます。悩み、苦しみ、いろんな挫折も味わっておくと、将来間違いなく生きてきます。だから、30代は思いっ切り「ジタバタ」を楽しんで!


みうらじゅん

世間的な価値はないかもしれないけれど、いつか誤解されたり、世の中が変化したりして、誰かに評価されることがあるかもしれません。「ゆるキャラ」だって初めは地方自治体から「うちはゆるくない」って抗議が殺到したんです。でも、今では「おもしろい」ということになっている。そうやって価値観は裏返ることがあるんです。それも違和感があればあるほど大きく裏返る。


豊田佐吉

金は借りやすいところから借りてはいかん。慎重な貸し手は相手の人格を見て、仕事の内容を検討する。そんな人は、こちらが悪くなるとさらに金をつぎ込んでくれる。その反対に、安易に金を貸してくれる人は、こっちが一番金が欲しいときに返済を迫ってくる。


元谷外志雄

私が書いた『理論近現代史学Ⅱ』も中国から非難され、ずいぶん物議をかもしました。しかし、私には負けない自信があった。本の内容は、決して思い込みではなく、史実をくわしく調べ、理論武装していました。攻撃されても反論できるように備えていたんです。


林修

学生たちには失敗を恐れずに挑戦して、たくさん恥をかいて糧にしていってほしい。それがお金を払う学生の強み。お金をもらう立場になったら、もう失敗は許されないから。


伊集院静

昔、酒場で知らない人に、「あなた、若いかみさん亡くしたらしいね、いや実は俺もね」などと話けられても、最初の頃は同情とか悪い意味にしか受け取れなかった。「俺の気持ちが分かるものか」と。だけど七回忌を迎える頃は、知らない人に「大変でしたね。頑張って下さいよ」と言われると、素直に「ありがとう」と言えるようになった。かつ、それまでカッコつけてできなかったのに、自分も哀しみに沈んだ人に自然に声をかけられるようになっていた。時間がクスリとはよく言ったもので、別離をしたことで何かが備わる。これが「さよならの力」。