名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・サンデルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・サンデルのプロフィール

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

マイケル・サンデルの名言 一覧

優れた企業のリーダーは、自社の公共的な役割について考え抜くことを決して忘れない。彼らは公共善の追求を含めてリーダーシップを発揮できる広い視野を持っているはずです。


既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


私は、企業の本来の活動目的は公共善の追求であるべきだと思っています。すべてを市場に委ねれば上手くいくとした、ミルトン・フリードマン氏に代表されるような新自由主義の経済学者は、企業の唯一の目的は株主価値の最大化であり利益の追求だ、と主張してきました。それは企業の役割を矮小化していると思います。企業にとっては株主だけでなく、顧客や取引先、従業員、さらには地域社会も重要です。


マイケル・サンデルの経歴・略歴

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

他の記事も読んでみる

竹田和平

世の中は因果応報です。人に与えたものが返ってくるんです。だから自分が楽しみたかったら人のために働けばいい。そういうことでしか楽しめないよ うに、人間はできているんです。働くとは他を楽にさせる『他楽(はたらく)』ことだといいます。他を楽しませると自分に楽しい事が返ってくる。仕事の本質 はそれです。


原田泳幸

私の持論は常に「現場主義」です。たとえばアップルコンピュータ時代に真っ先に行なったのは、現場を知ってもらうために多くの社員を現場に派遣しました。


板東英二

「ウサギとカメ」じゃないけど、ゆっくりした足どりでも働かないよりはマシです。カメだって人の倍働いたら、絶対差がつけられるはずです。


和田勇(積水ハウス)

社内で孤立に苛まれそうになったら、まずは実績作りに専念することっです。それが自信になり、新しい挑戦をする意欲へとつながっていきます。


本多忠勝

思量(思慮)なき人も、思量ある人もともに功名を上げる。思量ある人の功名は士卒を下知(指揮)し、大なる功名を遂げるものなり。


大賀昭司

当社の「最安値の追求」というコンセプトがお客様に支持されているのだと思います。それが可能なのは、商品を絞り込んで大量に仕入れてきたからです。一店当たりの商品点数は約4500で、同規模の競合店の約3割にすぎません。選択と集中でスケールメリットを出し、その分を価格に反映させてきました。


山田昭男

社員を鼓舞させるのがノルマの狙いのはずが「給料は少なくていいから適当に働こう」と考える人が出てくるのが落とし穴。だから、うちは年功序列で給料が上がる。「こんなに給料をくれるなら、もっと頑張らなきゃ」と積極的に動いてくれる。


枡野俊明

余計な思考を限りなくシンプルに削り、本質を見出せば人はもっとラクに生きることができる。


松井忠三

私たちは良い物件を選ぶ上で、デベロッパーといかに上手に付き合って、良い情報を早めにもらえるかが勝負。私も現地に行った際は、こうした人たちと必ず昼夜をともにします。一緒に食事をすれば友達になりますからね。


佐久間昇二(佐久間曻二)

最終的に松下には37年間在籍しましたが、とんとん拍子に昇進したのは最期の10年だけでした。しかし、人の後ろを走る状況にあっても、仕事には常に一生懸命に取り組んできました。すると不思議なことに、必ず誰かが私を助けてくれたのです。山下(俊彦)社長もその一人でした。


清水信次

私にとっての海図はお客様。いくらいい店をつくろうと、いい商品を置こうと、お客様がつかなくてはつぶれてしまう。


福田秀人

不確実なこんな時代は動かないのが鉄則。まして誘いがないのに、自分から辞めるのは大間違い。大きな成果を追えば、失敗したときにリストラされるリスクが大きくなし、成功しても後が大変。目標はいったん上げたら下げるのが難しくなる。給与やポストも上がる代わりに、さらに大きな業績を期待される。ノルマもどんどん上がっていく。