名言DB

9419 人 / 110788 名言

マイケル・サンデルの名言

twitter Facebook はてブ

マイケル・サンデルのプロフィール

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

マイケル・サンデルの名言 一覧

優れた企業のリーダーは、自社の公共的な役割について考え抜くことを決して忘れない。彼らは公共善の追求を含めてリーダーシップを発揮できる広い視野を持っているはずです。


既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


私は、企業の本来の活動目的は公共善の追求であるべきだと思っています。すべてを市場に委ねれば上手くいくとした、ミルトン・フリードマン氏に代表されるような新自由主義の経済学者は、企業の唯一の目的は株主価値の最大化であり利益の追求だ、と主張してきました。それは企業の役割を矮小化していると思います。企業にとっては株主だけでなく、顧客や取引先、従業員、さらには地域社会も重要です。


マイケル・サンデルの経歴・略歴

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

他の記事も読んでみる

桃谷誠一郎

新工場設立後OEM事業を始めた。自社ブランドの製品は急には増やせないからだ。OEM事業を開始するにあたって、新しい工場は武器になった。取り引きを検討している会社に見学してもらい、「今度はうちも試してみませんか」と胸を張って言うことができた。


大谷竹次郎

勲章を胸にかけて思ったことは、この勲章は決して私個人のものではない。私と共に歩んだ演芸、映画人およびその背景にある仕事が頂戴したのだと思う。
【覚書き|文化勲章を授与されたことに対するコメント】


久米信行

ツイッターやブログは「また会いたくなる人間」になるためにぜひ活用して欲しい。それは「仕事の話だけ」でつながっている人よりも「仕事の話+趣味や遊びの話」でつながれる人のほうが、明らかに「また会いたくなる人」になるからですよ。


村田昭治

すぐれた経営者の言動には学ぶところが多い。大激動に揺るがない志は、独自の価値創造となった姿だ。その鋭さ、軽重をいま経営者は問われていると思う。


ヴィルヘルム・ミュラー

チャンスを待て、しかし時を待つな。


小泉光臣

現場の社員がサボるとか、そういう恐怖ではないんです。大きなジャッジメントが必要な課題であっても、元をたどれば、現場の一つ一つの小さな問題・課題が寄せ集まってできている。現場から離れたことが原因で、大きなジャッジメントに狂いを生じさせたくなかったのです。


山田満(経営者)

人マネして同じような商品を作ってもどこも高く買ってくれない。


古森重隆

人類がここまで進歩したのは、競争の存在が大きいと考えている。競争で優勝劣敗が決まり、栄枯盛衰が決する。厳しい生存競争という自然界の原理原則――。それゆえに人類は知恵を絞り、創意工夫を巡らせ、向上・発展に努めてきた。それは企業も同じだ。


大野裕

気持ちが動揺したときには、考え方が極端になりすぎていないか確認してみましょう。そうすれば、自分をより客観視できるようになります。


上村光弼

早い段階で夢や目標があることは素晴らしいことです。とくに医者や弁護士になりたい、あるいは起業したいなど、専門家志向や独立志向の強い人にとってはそうでしょう。しかし、会社員、それもいまいる会社でキャリアを積んでいこうと考えている人にとっては、むしろ夢や目標が邪魔になることもあります。20代のまだ未熟な夢にしばられて、変に挫折感を感じたり、その後の生き方が狭く、窮屈なものになってしまうことが往々にしてあるからです。