マイケル・サンデルの名言

マイケル・サンデルのプロフィール

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

マイケル・サンデルの名言 一覧

優れた企業のリーダーは、自社の公共的な役割について考え抜くことを決して忘れない。彼らは公共善の追求を含めてリーダーシップを発揮できる広い視野を持っているはずです。


既得権益を切り崩して進めるべき改革には、2つのポイントがあります。まずは、いくつかの分野でもう少し競争を促し、市場メカニズムを上手く使うことです。しかし、それだけでは十分ではありません。民主主義をもっと強化するためには、政府の持っている情報を市民や地域が共有する必要があります。そうした情報の共有なくして改革を進めることはできません。確かな情報もなく意思決定をしたり意見を述べたりすることは不可能だからです。


私は、企業の本来の活動目的は公共善の追求であるべきだと思っています。すべてを市場に委ねれば上手くいくとした、ミルトン・フリードマン氏に代表されるような新自由主義の経済学者は、企業の唯一の目的は株主価値の最大化であり利益の追求だ、と主張してきました。それは企業の役割を矮小化していると思います。企業にとっては株主だけでなく、顧客や取引先、従業員、さらには地域社会も重要です。


マイケル・サンデルの経歴・略歴

マイケル・サンデル。米国の哲学者、政治学者、倫理学者。ハーバード大学教授。専門は政治哲学。ミネアポリス出身。米国ブランダイス大学卒業後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジで博士号を取得。ハーバード大学で教鞭をとった。大統領生命倫理委員会委員なども務めた。著書に『自由主義と正義の限界』『リベラリズムと正義の限界』『公共哲学 政治における道徳を考える』『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『完全な人間を目指さなくてもよい理由 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理』ほか。そのほか、氏が出演したテレビ番組『ハーバード白熱教室』でも知られている。

他の記事も読んでみる

野村文吾

社員が失敗を恐れず取り組むようにするため、まずは小さく始めて、その行動を繰り返し続けることが大切。


向井理

意見の相違は、もちろんないほうがいいと思います。けれど、良い作品を作るためには、自分の意見を主張することもあります。


今井繁之

部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


織田信長

藤吉郎(秀吉)は何が不足なのか。浮気など言語道断です。あんな禿げネズミ、どこをどう探したってあなたのような女性には二度と巡り合えないというのに。しかし、やきもちはいけない。夫の世話をちゃんとして、言いたいことがあっても言わない方がいいでしょう。【覚書き|夫に対する愚痴を信長にぶちまけた秀吉の妻ねね(おね、高台院)に送った手紙より】


藤井義彦

グローバル化が進み、コンプライアンスがますます重要になるなどビジネス環境が急速に変化かつ複雑化する中で、企業トップには、スピードを上げて戦略を策定、実行することが強く求められるようになりました。大きな夢、ビジョンを示し、それに社員全員を巻き込み、戦略を実行し、成果をあげなければなりません。


伊東孝紳

僕はリーマンショックによって救われた、と感じるんですよ。危機感が共有されていたあの時期だったから、関係各所をひとつひとつ説得する必要もなく、新たな開発を一気に進められた。組織の仕組み、開発のあり方。リーマンショックはそれらを舵を切って大きく変えるうえで、ちょうどよいタイミングになったんです。


平井伯昌

不調な時に感じた思いほど大切にしなさい。その悔しさが厳しい練習を乗り越え、大きな大会で勝負するためのパワーになる。


石川康晴

リーダーは「胆力」「行動力」「創造性」「論理性」この4つの道具をもって前に進んでいくべきなのではないかと思っています。


アンティステネス

政治には火に対するごとくすべきなり。火傷せぬためには近寄るべからず。凍傷せぬためには遠ざかるべきなり。


辻野晃一郎

私も情報が多すぎて判断に迷うことはよくあります。でも、新しい情報に出会うたびに振り回されていたら判断ができませんから、自分なりの判断の軸を持つことが大事です。


塚越寛

地球の直径は1万2742km。あなたの目の前にはそれを直径120cmまで縮尺した地球儀があるとする。では、その地球儀で空気の厚さはどのくらいになるか。答えは1mmだ。地球を俯瞰したとき、私たちはこのごく薄い層の中にいる。日々の勝った負けたがいかにちっぽけなことか。


青木定雄(兪奉植)

毎日、午前7時に無線室に入り、運転手とお客様に向かって話しかけることもしました。もう40年以上、一日たりとも休まずに続けています。我が家では元日の朝、家族で食卓を囲んだことが一度もありません。


日比野隆司

大事なのは逃げないこと。逃げる人と、正面から向かっていく人との差は非常に大きくなる。


桑原豊(経営者)

たとえば「約束を守ること」を自分に課し、習慣づける。すると、だんだんとそれがクセになり、40代になる頃には、本当の自分の人格になっていきます。「靴を揃える」でも「あいさつをする」でもいい。こうしたことを日課にして、習慣づけることをお勧めします。


村岡恵理

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり。そして、人生の計について深く思索するには、今の季節がやはり適していると思います。凛とした静かな冬の夜空をひとり眺めていると、またたく星が何かを告げてくれそうな、そんな気さえしてきます。


ページの先頭へ