名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・オーウェン(サッカー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・オーウェン(サッカー)のプロフィール

マイケル・オーウェン(マイケル・ジェームス・オーウェン)。プロサッカー選手(FW)。イギリス・チェシャー州出身。幼少期から注目を集め、17歳でプロデビュー。イングランド代表チームでキャプテンを務めた。

マイケル・オーウェン(サッカー)の名言 一覧

たとえ試合の半分しかチャンスが残ってなくても。僕らはいつだって準備しておかなければいけない。


ストライカーは決して自分のスイッチを切ってはいけない。


マイケル・オーウェン(サッカー)の経歴・略歴

マイケル・オーウェン(マイケル・ジェームス・オーウェン)。プロサッカー選手(FW)。イギリス・チェシャー州出身。幼少期から注目を集め、17歳でプロデビュー。イングランド代表チームでキャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

中島聡(ソフトウェアエンジニア)

気分転換は、「数独」など、数字のパズルをやることですね。プログラムの仕事をしているのとほとんど同じ作業をしているのに、不思議なくらいに肩の力が抜けて気晴らしになるんです。


樋口裕一

異なる価値観を持つ人を理解するための訓練に、いろいろな価値観の集積の場である新聞の投書欄を利用することをお勧めします。そこに掲載されている記事を読むだけでも、職業や年齢によってずいぶん違う考え方があることがわかるはずです。さらに思考を深めようと思うなら、自分とは最も遠い意見を選んで、賛成と反対、両方の立場に立ち、それぞれ根拠を2つずつ挙げるということをやってみるといいでしょう。これが自然にできるようになれば、どんな価値観の人の話も正確に聞けるし、自分のことも客観視できるようになります。


枡野俊明

終わったことは断ち切り、失敗の原因を自分なりに明らかにすることを大事にする。その経験を積み重ねれば、同じようなお題を突きつけられた時に、判断を見誤らなくなる。


勝海舟

西郷は実に漠然たる男だった。この難局を俺の肩に投げかけておいて行ってしまった。「どうかよろしくお頼み申します。後の処理は勝さんが何とかなさるだろう」と言って、江戸を去ってしまった。この漠然たる「だろう」には俺も閉口した。実に閉口したよ。西郷の天分が極めて高い所以は、実にここにあるのだよ。【覚書き|大政奉還直後、幕府から新政府へ政治が引き継がれる途中、一時的に無政府状態になったときの話。西郷隆盛は旧幕派の海舟に事後処理を任せ薩摩へ帰った。信頼した人物に仕事を一任するという、西郷の仕事のやり方を良くあらわしたエピソード】


高橋恭介(経営者)

社員のうち本当に優秀なのは上位2割だけ、などとよく言われますが、評価制度に納得感がないと、この上位2割の人材から離れていきます。社員の働きを正しく評価できる制度がない会社は、淘汰されると言っても過言ではないでしょう。


高見のっぽ(ノッポさん)

小さい人(子供)は、すべてをお見通しです。大人たちは、相手が3歳、4歳児であっても、名前を聞く時には「恐れ入りますが、お名前をお聞かせ願えませんでしょうか」と言うくらい敬意を払ったほうがいい。小さい人は言葉が分からなくても、自分よりずっと大きな人間が敬意を払っていることは分かります。


山内溥

異業種には絶対手を出すな。


橘玲

相手の左目を見て話すと、右脳に刺激を与えるので好感を持ちやすいとか、身体の向きや目線の動かし方で印象が変わるとか、潜在意識に働きかける方法は想像以上にたくさんあります。ビジネスの世界では、いまや潜在意識を操作していない分野を探す方が難しくなりました。


赤江珠緒

同系列の局とはいえ、社風の違いにも戸惑いました。ABCは、おバカなことをやっても、笑いを取れば「よっしゃ、いいぞ、赤江」みたいなところがあったわけですが、テレ朝はそうではなくて(笑)。ただ、(テレビ朝日出向は)1年間という約束だったので、早く環境に慣れなくちゃ、という思いは強く、スタッフとの飲み会にはせっせと通いました。ABC時代、特にスポーツアナの先輩たちから「宴席では必ず最後まで残れ」と体育会系の教えを受けていたので、その通りにしていたら「そのノリは東京では珍しい」と好評で。それでどうにか東京砂漠で暮らせたような気がします(笑)。その後、1年の約束が「もうちょっと、もうちょっと」と延び延びになって、3年が経過。「そろそろ大阪に帰りたいです」と伝えて、ABCに戻りました。


丸山輝

他社がやりたがらない。そこが当社の強み。


小田兼利

この粉(水質浄化剤「PGα21Ca」)を開発したときは「世界の貧困層を救おう!」なんて思っていなかった。きっかけは、阪神大震災。神戸で被災したんだけど、翌日から飲料水が手に入らない。でも目の前には池の水がある。そこでひらめいた。「この汚れた水を飲料水にできないか?」と。いわば好奇心だね。アイデアを考え、形にするのが好きなんです。


石黒不二代

シリコンバレーでは、周囲の学生はほとんど起業のことしか考えていませんでした。男性も女性も全く関係ありません。それまで知らなかった景色が見えて、起業のほうが自分を生かせるのではないかと思いました。