マイケル・オーウェン(サッカー)の名言

マイケル・オーウェン(サッカー)のプロフィール

マイケル・オーウェン(マイケル・ジェームス・オーウェン)。プロサッカー選手(FW)。イギリス・チェシャー州出身。幼少期から注目を集め、17歳でプロデビュー。イングランド代表チームでキャプテンを務めた。

マイケル・オーウェン(サッカー)の名言 一覧

たとえ試合の半分しかチャンスが残ってなくても。僕らはいつだって準備しておかなければいけない。


ストライカーは決して自分のスイッチを切ってはいけない。


マイケル・オーウェン(サッカー)の経歴・略歴

マイケル・オーウェン(マイケル・ジェームス・オーウェン)。プロサッカー選手(FW)。イギリス・チェシャー州出身。幼少期から注目を集め、17歳でプロデビュー。イングランド代表チームでキャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる


船川淳志

そもその頭を使う習慣がないのは、本人のせいだけではありません。上司に「なぜですか」と聞くと、「余計なことを考えるな」と言われる。こうした職場環境で5年も10年も勤めていると、思考停止してしまうのも無理はありません。


福井威夫

人間は厳しい状況におかれないと、突き詰めて考えようとはしません。最悪なのは一度こっちへ行って、駄目ならすぐ諦め、今度はあっちへ行こうとすることです。それでは永遠に目的地に到達できないでしょう。


和田浩子

P&Gでマーケティングマネジャーになるまで、一度も残業をしたことがありませんでした。残業になりそうだと思っても、6時ごろには家に帰って、翌朝早く起きて仕事をするとか。見栄っ張りだから、髪を振り乱して仕事する姿を人に見せたくないんです。私の美学に反します(笑)。


中村雅哉

ベンチャー企業の支援が重要だと言われていますが、私はベンチャーを助けることにはあまり積極的ではないんです。というのも、自らの経験から、自分で苦しんでこそ企業は力をつけていくと考えるからです。


内田和成

自社が市場を開拓したとしても油断はできません。みなさんはホームベーカリー(家庭用パン焼き器)を最初に世に送り出したメーカーをご存知でしょうか。いまやホームベーカリー市場は年間出荷数43万台に成長しましたが、この市場を切り開いたのは船井電機でした。しかしその後、大手メーカーが続々と参入し、船井電機は早々に市場から撤退を余儀なくされました。市場性が高ければ、他社にとっても魅力的な新規事業になります。たとえブルーオーシャン(競合なし市場)を見つけたとしても、その後の競合との戦いに負けてしまえば元も子もありません。


中田宏

目の前の任された仕事を必死でこなし、期待以上の成果を出す。それを繰り返してきただけです。


山内溥

任天堂はポケモンと心中するつもりはない。巨額の制作費をかけた映画なんか作らない。せいぜいアニメ映画である。ポケモンセンター構想は、いろいろな21世紀戦略のひとつに過ぎない。(覚書き|上記発言は任天堂の戦略だけでなく、現スクエアエニックスがファイナルファンタジーの映画化で大損害を受けたことも皮肉っている)


ページの先頭へ