マイケル・オンの名言

マイケル・オンのプロフィール

マイケル・オン。実業家、投資家。「MiLOCグループ」CEO(最高経営責任者)。シンガポール出身。レスター大学法学学士。

マイケル・オンの名言 一覧

常にほかより優れたもの、新しいものをつくり続けることが成功へのカギ。


私はこれまで、自分の会社の人間を「従業員」と呼んだことは一度もありません。同じ目標を掲げて働くチームメンバーだと思っています。


自社のプロダクトについては、いつも「これはまったく新しいコンセプトです」と紹介します。そう紹介できるものしかつくっていないという自信もあります。新しいコンセプトの商品にはライバルがいないから、他社の話をする必要もないのです。


仕事上のミスなど、注意すべき場面はたしかにありますが、問題が起きてもすぐには手も口も出さず、部下が自分で解決するチャンスを与えること。そのうえで、うまくいかなかったときは叱りつけずに責任をとってやること。何を語るかより、リーダーとしての姿勢のほうが重要ではないでしょうか。


私が先頭に立つ「リーダー」ではありますが、「ボス」ではない。それを理解していれば、偉そうな態度をとるのはおかしいし、部下や後輩の前でカッコをつけたり、自分を取り繕ったりするのもおかしいとわかるはずです。


ビジネスの話以外はすべて無駄話です。中国ではタバコを吸い、お酒を飲むのがビジネスマンのスタンダード。それがないと、コミュニケーションがとれないとまで言われています。しかし、私はそのどちらも嗜みません。それでもビジネスが成立しているのは、きちんとした仕事をしているから。結果で評価されているのです。


マイケル・オンの経歴・略歴

マイケル・オン。実業家、投資家。「MiLOCグループ」CEO(最高経営責任者)。シンガポール出身。レスター大学法学学士。

他の記事も読んでみる


高橋基治

せっかく問題集を買っても使い方を間違えている人が多い。一通り解いて答え合わせをして、そこで満足している。これはその時点の実力を測定しているにすぎません。そうではなく、特に間違えた問題に着目し、なぜ間違えたのかを把握。正しく答えられるようになるまで何度も何度も同じ問題をこなすことが大切です。時間をおいて再トライしたときに、スムーズに正解できるようになって初めて、実力がついたと言えるでしょう。ただ解くだけではなく、積極的に関わることが大事です。


木村惠司(木村恵司)

仕事の前途を切り開きたいときは、会社内外の先を行く人に情報の提供を求めることです。自分と同様のテーマについて先行している人、いわば先人です。まず社内で探し、さらに同業他社などで、情報を持っていて、自分よりもよく考え抜いているらしい人にあたります。こうして自分自身の才覚と足で稼いでこそ、情報は生きてきます。


ニーチェ

愛したいと激しく求める念が私のなかにあって、それ自身が愛の言葉になる。


荒木水都弘

鮨にかぎらず、商売は人と人のつながりで成り立っています。人をたどればたどるほど仕事に広がりや深みが出て、そのつながりの中で自分が鍛えられ、磨かれていきます。


羽生善治

先のことを考えるのは、楽しいといえば楽しいものです。でも、だいたいは、考えてもそのとおりにならない。いろんな人がいろんなことを予想していますが、まずそのとおりにはなりませんよね。あまり予想なんかしても仕方がないとさえ思います。


成毛眞

娘が大学に進学したとき、私は体育会系の部に入ることを勧めました。訳知りの企業なら、体育会系の人材を最優先に採用します。なぜなら、体育会系の人材は挑戦することに慣れているし、体験から学ぶ訓練ができているからです。そして多くの仕事は、論理的に教わろうとすると習得するのに時間がかかります。とにかく無茶苦茶に向かっていけば早く覚えられます。頑張りさえすれば勝てるとは限らない実社会において、負け方を知っていることも強みでしょう。


桂三枝(6代目桂文枝)

若い頃は、いかにもっと売れるか、いかに売れ続けるか、毎日考え続けていました。


ページの先頭へ