名言DB

9490 人 / 112001 名言

マイケル・ウッドフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ウッドフォードのプロフィール

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

マイケル・ウッドフォードの名言 一覧

コスト構造にメスを入れ、良い製品をつくることが出来れば必ず黒字化は達成できる。


営業の成功の秘訣は、製品、お客様、競合を知ること。そして、一生懸命に歩くということ。


もしも、その人が他にいろいろな欠点があったとしても、一生懸命働く人であれば私はその人を尊敬します。


私は仕事というものはハードワークが基本だと考えており、社長としても自分自身が一生懸命に働いているということを実際に例として示しています。他の人はそうした姿を必ず見ていますので、必ず伝わるものだと信じております。


多くの人は美味しいケーキだけを食べたいと考えているものです。つまり、いい仕事、いいお給料が与えられて、8時間だけ仕事をすればいい……そんなポジションがあったらいいなと考えてしまいますが、そこまで甘えがあってはいけないと思います。やはり、一生懸命に働くことが大事ですし、そうした社員がいる限り、会社は大丈夫だと思っています。


赤字克服には、やはり、コストの削減とお客様が買いたいと思うような強い製品を市場にお届けするということです。調べたら、アメリカとヨーロッパで売上高がほぼ同じなのにアメリカはコストがヨーロッパの2倍かかっていたことが分かりました。ここにメスを入れれば、収益を立て直すことができると信じています。


もしも1000億円の利益をあげていたとしましたら、法人税として400億円を支払うということになっていたわけですが、実際、これが社会貢献の一番の道だし、一番の助けになること。こういったお金が入りますと、学校や病院なども建て易くなります。つまりは力強いコーポレート・ジャパン、企業日本をつくることになるし、国全体を助けていく。つまり利益が国を助けることにもなります。


マイケル・ウッドフォードの経歴・略歴

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ビル・トッテン

目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


植木義晴

会議で疲れ切った後、休憩室で話していると議論に新しい視点が加わることは結構あります。会議では発言しにくかったことも、ほっと一息ついて、気兼ねなく話せるからでしょう。


宮本慎也

トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。


麻田キョウヤ(麻田響也)

あのとき(バンドの解散)は挫折以外のなにものでもなかったです。解散しても音楽を続けられればよかったんだけど、立ち直るのに1年くらいかかってしまった。なんとかソロ活動をはじめたけど、音楽だけでは食べられないので、IT関係の会社で派遣社員をやりはじめました。


園山征夫

「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


泉谷しげる

ある程度有名になってくると、何かにつけてみんな周りの人がやってくれて、自分のことを自分でやらなくなるんですよ。そういう怠惰な状況が続くと、全てがダメになる。想像力もです。だからあの時期は、鍛え直しですね。音楽から離れて、自分自身を鍛え直して、表現のアイデア探しをする時期だったんだと思う。

【覚え書き|音楽活動をストップして俳優業に専念していた時期を振り返って】


アデマール・エスマン

自己への信頼こそ成功の秘訣である。


伊藤保次郎

これからの私は、できるだけ若い人たちのためにお役にたちたいと願っている。それには、なによりも結婚の世話と就職の協力だと思っているが、結婚の世話はすでにこれまで30組ぐらいにのぼっている。


冨田英揮

求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


村田昭治

大きな夢、でっかい目標を持てば、少しくらいの障害にぶつかっても、そこでへこたれてしまうことはない。あきらめずに克服して、前進しようとする健全な精神状態が生まれてくる。


小池百合子

評論家ばかりいても、世の中は良くならない。本当に何かを良くしていこうと思ったら、何らかの大きなムーブメントにつながるような努力をすることも必要。塹壕の中に閉じこもっていても、何も変わらない。


金光サリィ

多くの人が間違うのですが、あがり症を治したいと思うと、つい上手に話すことを目指してしまいがちです。上手に話すことを目指しても、あがり症はなかなか克服できません。一見、上手に話せていても、実はあがり症で困っている人もいます。