名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・ウッドフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ウッドフォードのプロフィール

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

マイケル・ウッドフォードの名言 一覧

コスト構造にメスを入れ、良い製品をつくることが出来れば必ず黒字化は達成できる。


営業の成功の秘訣は、製品、お客様、競合を知ること。そして、一生懸命に歩くということ。


もしも、その人が他にいろいろな欠点があったとしても、一生懸命働く人であれば私はその人を尊敬します。


私は仕事というものはハードワークが基本だと考えており、社長としても自分自身が一生懸命に働いているということを実際に例として示しています。他の人はそうした姿を必ず見ていますので、必ず伝わるものだと信じております。


多くの人は美味しいケーキだけを食べたいと考えているものです。つまり、いい仕事、いいお給料が与えられて、8時間だけ仕事をすればいい……そんなポジションがあったらいいなと考えてしまいますが、そこまで甘えがあってはいけないと思います。やはり、一生懸命に働くことが大事ですし、そうした社員がいる限り、会社は大丈夫だと思っています。


赤字克服には、やはり、コストの削減とお客様が買いたいと思うような強い製品を市場にお届けするということです。調べたら、アメリカとヨーロッパで売上高がほぼ同じなのにアメリカはコストがヨーロッパの2倍かかっていたことが分かりました。ここにメスを入れれば、収益を立て直すことができると信じています。


もしも1000億円の利益をあげていたとしましたら、法人税として400億円を支払うということになっていたわけですが、実際、これが社会貢献の一番の道だし、一番の助けになること。こういったお金が入りますと、学校や病院なども建て易くなります。つまりは力強いコーポレート・ジャパン、企業日本をつくることになるし、国全体を助けていく。つまり利益が国を助けることにもなります。


マイケル・ウッドフォードの経歴・略歴

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

樋口宏江

好奇心は旺盛なほうなので、手にするもの、目にするもの、すべてが新鮮で楽しかった。それは今でも変わりません。この食材をどうしたら美味しく食べていただけるのか、そういうことを考えているだけで楽しくなってきます。


吉田穂波

見切り発車でもいいので「やる」と決めて始めてしまえば、時間はあとから生まれてきます。


大塚寿

成功体験をすることは、自信がつくなど、ビジネスパーソンとしての骨格をつくるのに必要ですが、失敗体験をすることでその成功の意義をより立体的に捉えることができるのです。また、こうすると失敗するという経験により予知能力のようなものが身につき、意志決定をする立場になったときに適切にそれができる。失敗をしていないと、とにかく事なかれ主義に陥り、前例踏襲型の判断になってしまう。結果的にパフォーマンスが高いものになりにくい。


山中伸弥

再生医療に限らず、科学にはすべて功罪をもたらす二面性があり、いわば諸刃の剣です。iPS細胞もうまく使えば人類の健康と福祉に貢献しますが、人工的に新しい生命すらつくることができますから、使い方を間違えれば恐ろしいことが起こりえます。どこまでが許され、どこからが許されないのか。これは非常に大きな問題です。ですから、それを研究者だけで決めるわけにはいきません。文系の方、倫理の専門家、一般市民、患者さんやその家族、そういった方々と一緒に議論を進めていく必要があると思っています。


北尾吉孝

週末には、仕事が一段落したら一度頭の中を空っぽにし、思索にふける時間が大切。落ち着いた雰囲気の中に浸ると、遠大な境地に到達します。静かな落ち着いた雰囲気の中でふっと次の夢や明日への意欲が湧いてくるのです。多忙の中ではそのような境地に至ることは難しい。


ディオン・ワイズラー

開発陣には毎年新しい製品が出てくるたびに、「素晴らしい。でも、もっとだ」と言い続けた。長年慣れ親しんだものづくりの発想を抜本的に変えるには、トップが妥協してはいけない。


鴻池善右衛門宗利(三代目善右衛門)

ご先祖より譲り受けた家督を首尾よく相続していけないようでは、ご先祖への不孝にあたり、子孫の繁栄はない。万一、品行や身持ちの悪い者があれば、外聞も悪く、気の毒なことではあるが、許しておいては子孫の繁栄が実現できなくなるため、相談のうえで遠慮なく追放し、ほかに相続人を立てるようにすること。


田中ウルヴェ京

心身を一体として整理できているからこそ、勝負の場で真価を発揮できる。


佐々木洋寧

リフォーム業は、お客様に提供する商品に差がない。だからこそ、お客様のために考えたらどうなるかという差別化がとても大事。


円山法昭

自分が顧客だったらして欲しいと思うことをやればいいだけ。


藤井康男(龍角散)

技術集約や知識集約の度合いが高まるにつれ、働く時間が長ければ成果が上がるという図式はとうに崩れている。問題を絶えず追及する人間にとって、オフ・ビジネスの時にひらめきを見出す例が多い。


新宮康男

起業家精神を持って仕事に取り組め。上の人間から言われたことをソツなくこなすだけでは駄目。一人ひとりが自分は何をやるべきかを考え、積極的に実行すべし。