名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

マイケル・ウッドフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ウッドフォードのプロフィール

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

マイケル・ウッドフォードの名言 一覧

コスト構造にメスを入れ、良い製品をつくることが出来れば必ず黒字化は達成できる。


営業の成功の秘訣は、製品、お客様、競合を知ること。そして、一生懸命に歩くということ。


もしも、その人が他にいろいろな欠点があったとしても、一生懸命働く人であれば私はその人を尊敬します。


私は仕事というものはハードワークが基本だと考えており、社長としても自分自身が一生懸命に働いているということを実際に例として示しています。他の人はそうした姿を必ず見ていますので、必ず伝わるものだと信じております。


多くの人は美味しいケーキだけを食べたいと考えているものです。つまり、いい仕事、いいお給料が与えられて、8時間だけ仕事をすればいい……そんなポジションがあったらいいなと考えてしまいますが、そこまで甘えがあってはいけないと思います。やはり、一生懸命に働くことが大事ですし、そうした社員がいる限り、会社は大丈夫だと思っています。


赤字克服には、やはり、コストの削減とお客様が買いたいと思うような強い製品を市場にお届けするということです。調べたら、アメリカとヨーロッパで売上高がほぼ同じなのにアメリカはコストがヨーロッパの2倍かかっていたことが分かりました。ここにメスを入れれば、収益を立て直すことができると信じています。


もしも1000億円の利益をあげていたとしましたら、法人税として400億円を支払うということになっていたわけですが、実際、これが社会貢献の一番の道だし、一番の助けになること。こういったお金が入りますと、学校や病院なども建て易くなります。つまりは力強いコーポレート・ジャパン、企業日本をつくることになるし、国全体を助けていく。つまり利益が国を助けることにもなります。


マイケル・ウッドフォードの経歴・略歴

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田正弘(経営者)

基本的に私はそれぞれの分野で経験のある方に相談して必要なことを考えていこうと決めていましたので、スタジオを利用するプログラムの内容を決めるときには現役の講師に意見を仰ぎ、スイミングスクールについても既に経験のある人材をトップに迎え、子供を集めるための戦略を練りました。


辻本憲三

家庭用ゲーム機では7割ぐらいが海外です。当社は90年代から海外を視野に入れたビジネスを行ってきました。91年に発表した『ストリートファイターⅡ』が大ヒットして、自分たちで40億円ほどかけて実写版の映画をつくったんです。この映画は25年経った今でも世界中でプロモーションしているから、未だにロイヤリティ収入も入ってきます。一般的なゲームであれば5年も人気は続かないと思いますが、映画を作ってプロモーションすれば、25年経っても売れるんですね。


小島慶子

示されたいくつかの情報の中からどれを選択するかは、自分の生活の優先順位に照らして自分で決めるしかない。人によって優先するべきことは違うから、万人にとっての正解を求めるのは現実的ではない。


堀場雅夫

部や課を率いるグループの長は、それぞれが中小企業のおやじさんのような意識、すなわちオーナーズ・マインドを持たなければならない。何かプロジェクトを動かそうというときに、資金はどれだけ必要なのか、投資効率はどうか、従業員のマインドやスキルはどうなるのか、といったことにまで目配りしたうえで、自分の部署に責任を持つ。つまり社長の役割をきっちり分担することが求められる。


鳥井信宏

「やってみなはれ」とは、成功するまでずっとやり続けるということではなくて、たとえうまくいかずに失敗しても、自ら責任を取って、しっかり仕事に取り組むということ。


坂本光司

営業利益率が高い企業ほど、福利厚生制度を現状より充実させたいと考えている。そうした結果が出ています。理由としては、「従業員や家族の幸福度を高めるのに役立つ」「従業員のモチベーション向上により業績向上が期待できる」などが挙げられました。


和崎信哉

お陰さまでテニスと言えばWOWOWというくらいに認知されてきている。ところが私が来た頃、営業はテニス中継に反対していました。実はテニスの試合は編制泣かせなんです。1試合にかかる時間が2時間もかからないこともあれば、5時間かかっても終わらないこともある。これでは番組編成が組めません。だから地上波は撤退していったんです。当時、WOWOWでは、全米、全豪、全仏の3大会は中継していたのですが、全英選手権、つまりウィンブルドンは中継していませんでした。そこで、「やるなら徹底してやる」として、全英も中継することにしました。


佐藤慎次郎

新たなイノベーションが起きている。従来と同じことを続けるだけでは成長は望めない。研究開発体制を改めて強化し、イノベーション力を高めていく。新しいものを生み出す努力を続けていることこそテルモの強み。


前刀禎明

ウォークマンは当初、「録音機能もなくスピーカーもない音楽再生専用機が売れるはずがない」と、他社から冷ややかな目で見られていました。けれども結果はご存知の通り。いまでは世界中の人が当たり前のように街で音楽を聴いています。自分たちが欲しいものにとことんこだわる。市場がなければつくってしまえ。かつてのソニーのエンジニアにはこういう気概があったのです。


ネルソン・ロックフェラー

アートは私の精神生活を満たし、どの分野でも年齢に関係なく観察し、理解し、楽しみ、健全な考え方を持たせてくれる私の暮らしの源になっています。


吉田たかよし

寝ていたいとか、楽をしたいというのは人間の本能や自己愛。しかし朝の時間を律することで、前頭前野が早くに働き出し、理性や創造力など、より高度な人間の思考が優位に立つ。


森田仁基

やらない言い訳を考える時間があるなら、とりあえずやってみる。やってみたら簡単だったということは、誰にでもよくあることです。