マイケル・ウッドフォードの名言

マイケル・ウッドフォードのプロフィール

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

マイケル・ウッドフォードの名言 一覧

コスト構造にメスを入れ、良い製品をつくることが出来れば必ず黒字化は達成できる。


営業の成功の秘訣は、製品、お客様、競合を知ること。そして、一生懸命に歩くということ。


もしも、その人が他にいろいろな欠点があったとしても、一生懸命働く人であれば私はその人を尊敬します。


私は仕事というものはハードワークが基本だと考えており、社長としても自分自身が一生懸命に働いているということを実際に例として示しています。他の人はそうした姿を必ず見ていますので、必ず伝わるものだと信じております。


多くの人は美味しいケーキだけを食べたいと考えているものです。つまり、いい仕事、いいお給料が与えられて、8時間だけ仕事をすればいい……そんなポジションがあったらいいなと考えてしまいますが、そこまで甘えがあってはいけないと思います。やはり、一生懸命に働くことが大事ですし、そうした社員がいる限り、会社は大丈夫だと思っています。


赤字克服には、やはり、コストの削減とお客様が買いたいと思うような強い製品を市場にお届けするということです。調べたら、アメリカとヨーロッパで売上高がほぼ同じなのにアメリカはコストがヨーロッパの2倍かかっていたことが分かりました。ここにメスを入れれば、収益を立て直すことができると信じています。


もしも1000億円の利益をあげていたとしましたら、法人税として400億円を支払うということになっていたわけですが、実際、これが社会貢献の一番の道だし、一番の助けになること。こういったお金が入りますと、学校や病院なども建て易くなります。つまりは力強いコーポレート・ジャパン、企業日本をつくることになるし、国全体を助けていく。つまり利益が国を助けることにもなります。


マイケル・ウッドフォードの経歴・略歴

マイケル・ウッドフォード。経営者。「オリンパス」社長。イギリス・リバプール出身。ミルバンク・ビジネススクール卒業。イギリスの医療機器メーカー・キーメッドに入社。キーメッド社長、オリンパス・キーメッド・グループ取締役、オリンパスメディカルシステムズ取締役、オリンパスメディカルシステムズ・ヨーロッパ社長、キーメッド会長、オリンパス欧州法人社長、オリンパス執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

夏川賀央

大切にしているムダのひとつは、コミュニケーションです。コミュニケーションを効率化しようとすると、雑談をせずに仕事の話しかしなかったり、部下との会話が報連相だけになったり、直接顔を合わせずにメールだけでやりとりになったりします。しかし、それだけでは不十分なのです。コミュニケーションこそムダが必要です。


おおたわ史絵

私は内科医ですから、外科医と違ってメスもなければ他の道具も持たず、患者さんを治療するための最大の武器は言葉です。いかに患者さんに心を開いてもらえるか。聞く耳を持っていただけるかどうか。患者さんに「この医者を信頼してみよう」と思っていただけないと治療は良い方向に進みません。


森川亮

何千万人というユーザー目線で考えて、老若男女が好むものを生み出そうとすると、結局、既にある同じようなものになりがちです。もちろん、何千万人が好む独自のものが作れれば最高ですが、多くの人はできません。「自分目線」で、自分にしかできない特徴を出せないか、そこの検討に注力しましょう。それが強い競争力になります。自分にできることで、「最大公約数」のユーザーを引きつけるのです。それが結果を出す秘訣です。


西川りゅうじん

人が集まる場所には、さらに人が集まる。「みんなで渡れば怖くない」という日本人は特にその傾向が強い。誰しも周囲には影響されるので、人気が出だしたコトに目をつけよう。しかし、既に皆が知っていればもう終わりだと心得てください。


甘利信忠(甘利昌忠)

小辱を甘んじて大道を捨つるは狂するに似たり。


久米信行

私は、経営者やビジネスマンはもっと遊ぶべきだと思います。昔はみんなが同じような遊びをしていましたが、いまや型どおりの遊びには飽きてしまい、マラソンに挑戦したり、フェイスブックでオタクな投稿をしたりと、遊びが多様化しています。商品やサービスを売るなら、消費者が何を面白いと感じるのかを、自分も遊びをとおして実体験として楽しんでおく必要があります。そのためにも、多くのパラボラアンテナをもち、興味関心の対象を増やしながら、公私混同で仕事に取り組むのがいいと思うのです。


細野真宏

あらゆる状況で「仮説を立てて」「論理的に検証し」「答えを導き出す」。この思考手順は、あらゆるビジネスシーンで共通して使える手順です。


松井順一

部下が指示どおりに仕事をしなかったとき、ミスとして叱る上司がいます。しかし、それは指示の出し方に問題があることもある。この場合は「上司から部下への仕事の与え方」を見直す必要があります。具体的には、手順ではなく「目的」で指示するよう改善します。達成すべき目的を明示し、手順は部下の裁量に任せれば、現場として最も効率的でやりやすい方法で仕事を進められます。たとえ上司が考える手順と違っていても、目的さえ達成すれば、それはミスではなく「成功」と評価できるはずです。


似鳥昭雄

まず商品が一番。お客様が買うか買わないかを決めるのは商品次第。いろいろな要素がありますが、まずはいい商品でなければならない。


坂本光司

発想の根本的な転換が必要です。目的を「業績」ではなく、「社員の幸福」に置くこと。それを実行すれば、社員は力を尽くし、社会に対して良い働きをし、結果として会社に利益が生まれます。会社はそれをまた、社員の幸せのために使えばいいのです。そのサイクルを作れる企業こそ、真の優良企業だと言えます。


おちまさと

アイデアは「記憶の複合体」だと僕は考えます。僕の企画はすべて記憶を素材としたもの。かつて見た、経験したあの風景とあの要素を組み合わせたら面白い、という着眼が、新たな発想を生んでいます。


永井義男

ここ数年、多くの人が過度に江戸を美化していると感じます。江戸時代の現実は、多くの人が思い描いているイメージとはかけ離れています。最近は過労死やブラック企業が問題視されていますが、江戸時代はさらに過酷でした。当時、庶民の子供は11、12歳を過ぎれば奉公に出るのが当たり前。商家や武家屋敷などで住み込みで働き、休日は1年に2日あるかどうか。江戸の商家はブラックなのです。現在のブラック企業を江戸時代の人が見たら、まだマシだと思うのではないでしょうか。


坂井宏行

日頃から整理整頓する。失敗は不注意や散漫な心から起きるもの。常に段取りよくやる姿勢で日々臨めば、周囲に迷惑をかけるようなミスを防げる。


柳弘之

管理はゆるくても、商品を作るうえで絶対に妥協はしません。妥協しなくても外れの商品ができてしまうことはありますが、妥協の産物は必ず外れます。


渡邊真也(医師)

イライラするという感情を消そうとするのではなく、怒りを冷静に捉える努力をしてみましょう。コツは、「ここで腹を立てたらどんなことが起こるか」を想像してシミュレーションすること。たとえば、部下に対してイライラしたとき、ここでガツンといえばスッキリするかもしれないけど、部下はこれから自分をずっと恐れるのではないか。そうすると、チーム全体の雰囲気も悪くなってしまうのではないか……。といった具合です。そのときカッとなっている感情が抑えられますし、続けていれば、イライラを客観的に受け止めることができるようになります。


ページの先頭へ