名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)のプロフィール

マイケル・ウィリアムソン。イギリス人経営者。「ヒルトン東京」総支配人。イギリス・ニューカッスル州出身。ダラム&ニューカッスル大学卒業。ヒルトンホテルズ&リゾーツ主要ホテルで総支配人を歴任。「ヒルトン東京」総支配人を務めた。

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の名言 一覧

ディスカッションにかける時間とアクションにかける時間とでは、後者により多くの時間をかけるべき。


ホテルはホスピタリティ産業。お客様を最優先に考えなければなりません。


チームメンバーは皆、経験豊かなプロフェッショナル集団であり、自分たちで判断し問題を解決できます。ですから、私が夜中に呼び出されるような事態は過去1年間に1回だけ。私の役割は彼らに指示を与えるというよりサポートすること。皆が同じ方向を向いて働くための環境づくりであり、私のスケジュールもそのために組み立てているのです。


ミーティングでは、場を支配するよりも、人の話を聞くことと、質問されたことに対して曖昧な返事はせず、明確に、正直に答えるよう心がけています。それが結果的に時間の無駄を省き、信頼関係を築くことにもなるからです。


トップとして勝手に仮定を立てて決定を急ぐのではなく、スタッフに合わせて時間をかけることも必要だと考えています。辛抱強く待つことによって、様々な意見が聴けるというメリットもあります。


自分の母国のやり方をスタッフに押し付けることはしません。自分が日本に来ている外国人だということを、常に忘れないようにしています。日本人のメンバーが十分に話し合い、納得し、共通の理解を得たうえで決定に到る……それを辛抱強く待ちます。


日本人との違いを感じる点が一つだけあります。結論に達するまでの時間の長短です。物事を話し合って決定するまでに、日本人のほうがより多くの時間をかけていると感じます。それに対し、我々英国人は、何か事が起こった場合、仮定をベースに決定を下すという慣習があります。こうすれば時間の短縮が可能です。


予定をあまり詰め込みすぎると、自ら直接現場を見る時間がなくなり、すべてが机上論に終始することになってしまいます。そこで、スケジュールに必ず「フリータイムを設ける」ことを常に心がけています。


オンライン化が進むと、逆に手書きのメッセージが重要なコミュニケーションの一つになる。お客様へのウエルカムや、スタッフやお客様への感謝のメッセージは、受け取る側が「自分のことを考えてくれている」ということがわかってもらえるよう、あえて手書きにしています。


スケジューリングで一番重要なのは、自分が運営しているビジネスで実際何が起きているか、きちんと把握できる体制にしておくこと。そのために、複数のミーティングを週単位、月単位でスケジューリングしています。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の経歴・略歴

マイケル・ウィリアムソン。イギリス人経営者。「ヒルトン東京」総支配人。イギリス・ニューカッスル州出身。ダラム&ニューカッスル大学卒業。ヒルトンホテルズ&リゾーツ主要ホテルで総支配人を歴任。「ヒルトン東京」総支配人を務めた。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

一般論としては、朝のほうがいいのでしょう。しかし、それが万人に通じるとは限りません。少なくとも僕の場合は、夜のほうが効率的に勉強できた。巷には脳の働きをよくする勉強術や思考法があふれていますが、盲信するのは危険。実際に試したうえで、自分に合ったやり方でいくべきです。


ビル・ゲイツ

メール・マージというソフトの初期バージョンは非常に複雑で、顧客が助けを求めて電話をかけてくるたびに、我が社のサポートはカウチ(寝椅子)に座って電話を受けた。長話になることがわかっていたからだ。つまりソフトに問題があったということだ。


山岡鉄舟

真理であるものは彼とこれとを隔絶分割するものではない。しかもよくかれこれ相通じて存すること、彼の太陽の幽谷と村落とにへだてないというけれども、しかも幽谷にあっては幽谷を照らし、村落にあっては村落を照らし、決して相違しないようなものである。


中村四郎

企業経営の心は現場で支える従業員の苦労を知ること。


劉強東

起業した理由はとても単純です。私は農村に住んでいて、家はとても貧しかった。祖母が病気になっても薬を買うお金がなかったのです。早くお金を稼いで祖母に薬を買って病気を治してもらいたい。そう考えて店を構えました。


東国原英夫(そのまんま東)

僕は走っていることが面白くて仕方がありません。煩悩を我慢するのではなく、小さな煩悩よりも、もっと快感が得られるものに出会うことができました。自分の価値観を転換して、もっと面白いものへと移っていくからこそ、こうやって楽しく続けられるのです。雑多な日常を忘れて、無我夢中で走っていると、生きるのに最低限必要なものがわかります。まず空気と水。それと食糧、睡眠、休憩といったものが残り、とりあえずカネとか肩書きなんて必要なくなります。


塚越寛

大事なのは、他社よりも大きく成長することではなく、ずっと成長し続けること。


辻野晃一郎

僕はシーンとしている職場は嫌いです。オフィスがあんまり静かだと、意識的に「なんでみんなもっと話さないの?」と文句を言います。職場で皆が仕事に集中してサイレントな状態であるならわかりますが、それも何日も続くのは異常です。


山田満(経営者)

今に満足すれば成長は必ず止まる。


寺畠正道

失敗をしてもすぐにやり直せばいい。変化を起こそう。待ちの姿勢では、遅きに失してしまう。


弘兼憲史

実際に自分で見聞きし、体験するからこそ、分かる世界があります。寿司でも懐石料理でもフランス料理でも一流と呼ばれる店に行くと、空間の作り方や器の選び方、盛りつけ、サービスに至るまで、おもてなしのために厳選されたものが揃っている。自分の仕事とは異なる環境で働く職人の心に触れ、彼らにリスペクトを覚えることで、様々な気づきがあるはずです。


井植歳男

小さいながらも会社をこしらえ、その社長ともなると、責任は急に重くなった感じである。事業の成否は、すぐさまこれを取り巻く多くの人々の幸福につながっている。必ず発展させなければならないと誓いを新たにした。
【覚書き|三洋電機を株式会社化したときを振り返っての発言】