名言DB

9429 人 / 110879 名言

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)のプロフィール

マイケル・ウィリアムソン。イギリス人経営者。「ヒルトン東京」総支配人。イギリス・ニューカッスル州出身。ダラム&ニューカッスル大学卒業。ヒルトンホテルズ&リゾーツ主要ホテルで総支配人を歴任。「ヒルトン東京」総支配人を務めた。

マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の名言 一覧

ディスカッションにかける時間とアクションにかける時間とでは、後者により多くの時間をかけるべき。


ホテルはホスピタリティ産業。お客様を最優先に考えなければなりません。


チームメンバーは皆、経験豊かなプロフェッショナル集団であり、自分たちで判断し問題を解決できます。ですから、私が夜中に呼び出されるような事態は過去1年間に1回だけ。私の役割は彼らに指示を与えるというよりサポートすること。皆が同じ方向を向いて働くための環境づくりであり、私のスケジュールもそのために組み立てているのです。


ミーティングでは、場を支配するよりも、人の話を聞くことと、質問されたことに対して曖昧な返事はせず、明確に、正直に答えるよう心がけています。それが結果的に時間の無駄を省き、信頼関係を築くことにもなるからです。


トップとして勝手に仮定を立てて決定を急ぐのではなく、スタッフに合わせて時間をかけることも必要だと考えています。辛抱強く待つことによって、様々な意見が聴けるというメリットもあります。


自分の母国のやり方をスタッフに押し付けることはしません。自分が日本に来ている外国人だということを、常に忘れないようにしています。日本人のメンバーが十分に話し合い、納得し、共通の理解を得たうえで決定に到る……それを辛抱強く待ちます。


日本人との違いを感じる点が一つだけあります。結論に達するまでの時間の長短です。物事を話し合って決定するまでに、日本人のほうがより多くの時間をかけていると感じます。それに対し、我々英国人は、何か事が起こった場合、仮定をベースに決定を下すという慣習があります。こうすれば時間の短縮が可能です。


予定をあまり詰め込みすぎると、自ら直接現場を見る時間がなくなり、すべてが机上論に終始することになってしまいます。そこで、スケジュールに必ず「フリータイムを設ける」ことを常に心がけています。


オンライン化が進むと、逆に手書きのメッセージが重要なコミュニケーションの一つになる。お客様へのウエルカムや、スタッフやお客様への感謝のメッセージは、受け取る側が「自分のことを考えてくれている」ということがわかってもらえるよう、あえて手書きにしています。


スケジューリングで一番重要なのは、自分が運営しているビジネスで実際何が起きているか、きちんと把握できる体制にしておくこと。そのために、複数のミーティングを週単位、月単位でスケジューリングしています。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)の経歴・略歴

マイケル・ウィリアムソン。イギリス人経営者。「ヒルトン東京」総支配人。イギリス・ニューカッスル州出身。ダラム&ニューカッスル大学卒業。ヒルトンホテルズ&リゾーツ主要ホテルで総支配人を歴任。「ヒルトン東京」総支配人を務めた。

他の記事も読んでみる

柴山政行

部下に与える仕事の内容や難度は、おおむね年数に応じたものがいいでしょう。仕事を1年こなせば、1年分のキャリアはついてくると思うからです。そして、その経験に応じて価値が高まります。バランスシート上の数字には表れないものの、会社の目に見えない財産は着実に大きくなっていきます。


三浦善司

リーダーは、イエスかノーかを速く判断することが大切です。明確に言えなくても「明日決める」など、何かしら答えを出しています。


ショーペンハウエル

最後に凱歌を挙げるのは死である。


夏野剛

僕がドワンゴの取締役としてニコニコ動画の黒字化担当を引き受けた決め手は、「これだけのユーザーの支持があるのだから、黒字化できないわけがない」という直感でした。その直感を現実の戦略に落とし込む際に、数字を積み上げて考えていったのです。逆にいえば、直感を働かせずに数字だけ眺めていては何もわからないし、新しい何かが生まれることもないでしょう。


木下敦

当社の考え方の基本は、同じ医療に携わる企業として「患者さんのためになる」というのは当たり前なのですが、それに加えて「病院のためになっているか」という意識を常に持っているかどうかです。


大儀見浩介

自らの目標と近づくプランを考えて内発的動機を高めることが重要。すると、仕事が楽しい、事業を良くしたいなどのモチベーションが自然に生まれ、継続的な努力が可能になる。


濱田秀彦

「なぜだと思う」「どうすればいいと思う」というように尋ねると、自ら考える習慣を身につけさせることができる。


糸井重里

株価については考えないようにしています。自分で決めようがないですから。上場による変化は自分が一番知っています。今何をやっているのか、何に苦しんでいるのか、何がうれしいかを自分は分かっているけれど、株価はそれとは全く関係ないところで動いている。ですからあまり気にしない。高いからといって喜び過ぎないよう、低いからといってドタバタしないよう、心掛けています。


泉谷直木

本社が100の売上予算を付けたのに、実績は80%だったとします。しかし、結果を見て営業部隊を叱咤する前に、商品と施策と資金の裏付けが100にふさわしいだけあったのかと考えます。もし商品(ラインナップ)などの準備が80しかないとしたら、マイナス20の責任は本社にある。100を売るためには、100の裏付けをしないとダメだということです。


小杉友巳

ある程度お年を召された同じ年齢の方でも、パソコンや携帯電話を使える方と、苦手だという方に分かれます。その違いは何でしょう?それはきっと、それらの道具を使う必要性があるかどうかということだと思います。目的・目標を達成するために、その道具が必要だからこそ使えるようになるのです。