名言DB

9412 人 / 110637 名言

マイク・マードックの名言

twitter Facebook はてブ

マイク・マードックのプロフィール

マイク・マードック。アメリカの牧師、教師。

マイク・マードックの名言 一覧

将来の秘密は、毎日の平凡な習慣の中に隠されている。


マイク・マードックの経歴・略歴

マイク・マードック。アメリカの牧師、教師。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

悩み抜いていたからこそ、人の話を真摯に受け入れる準備ができていたのでしょう。大事なのは、本当に謙虚になって、アドバイスを受け入れる準備ができているかどうか。


高橋一生(俳優)

与えられる役の密度が高くなってくると、その役を、責任を持って完遂するためには、最後までブレずに突き抜けることが大事。壁の一点に同じ角度で刃を当て続けていかないといけないと思っています。ちょっとでも斜めになったら、刃はパキーンと折れるので。何かを打ち出す時は、迷ってはいけない。今、それをやっているような気がします。


高橋克実

テレビドラマや映画で活躍する同世代の演技をみると、追い抜かれたとか妬みみたいなマイナス感情は湧いてこなくて。むしろその逆。「かっこいいな」「うまいな」って、1ファンみたいになるんです(笑)。僕はそうやって今日までやって来た気がします。年齢や容姿や雰囲気が被る役者が出てくると、ライバル視して焦る人がいるみたいですが、僕は不思議と感じたことがなかったですね。


田原総一朗

雑談上手な政治家を挙げるとすれば、中曽根康弘さんかな。総理大臣だった頃によくインタビューに行った。すると、時の総理がわざわざ大学ノートを取り出してメモを取りながら、いちジャーナリストである僕の話を熱心に聞いてくれるんだ。当然、こちらも熱を入れて話してしまう。まさに聞き方の達人だね。


加藤夏希

弱点、ありますね。忘れやすいところとか(笑)。でもそういう性格ゆえに、嫌なことがあっても次の日には忘れていることが多いですね。


高原良午

当社はいわゆる「お花屋さん」です。オールドマーケットの業態の中、様々な独自サービスやノウハウを駆使することで成長を続けています。


松永安左エ門

私自身は闘争的でいったん競争になるとどうしても勝つまで戦う執念があり、策も弄するが、これは喧嘩のための喧嘩ではなく、究極は平和であり、理不尽・不合理を否定する。いうなれば一殺多生の一殺であるから徹底的に戦う主義である。


大屋晋三

常に先制の妙を発揮せよ


五十嵐茂樹

サービス産業でエクセレントカンパニーと言われるマリオットやディズニーランドが成功している共通点は、一人ひとりの人間力が圧倒的に高いことです。難しい部分ですがここが戦いになるので、会社内の体制を含め、従業員のモチベーションが高まる施策をさらに徹底していく所存です。


小林喜光

どんなに複雑な事実でも、ポイントを凝集させれば、短い言葉に置き換えられるはず。短文で表現しようと頭を巡らせることは、情報の整理や理解にも役立つ。


羽鳥慎一

入社してしばらくは、僕はこの仕事に向いていないんじゃないかと、かなり真剣に悩みました。実況放送を任されても、言葉が出てこない。頑張って喋れば、「なぜそこでそんなことを言う」と先輩に怒られる。しかも怒られる理由が理解できないのです。入社2年目ぐらいまでは本当につらかった。


熊本昌弘

生の情報を得て自分で判断するのは大変です。しかし、企業のトップにとって、これが最も大切な能力です。東西貿易の情報を独占して巨利を手にした東インド会社や、徹底的な情報収集で勝利を収めた日論戦争、楽市楽座を開いて全国の情報を集めた織田信長の例を出すまでもないでしょう。


中西浩太

本当に効果がある研修を突き詰めると、講師とコンテンツに行きつきます。当社の講師は非常に高いスキルがあります。また、クライアントごとにゼロベースから作成するフルカスタマイズのコンテンツにも自信があります。使用したコンテンツはクライアントに元データで納品します。それを活用して研修を内製化してもらえばいいのです。


坂本幸雄

それ(仕事のし過ぎで十二指腸潰瘍になり血を吐いて入院する)までは毎月の予算を達成するために、週に二日は徹夜をするほど仕事に追われました。結果に対してセンシティブになり、最後の最後までやらないと気が済まない。体力があった分、逆に限界を超えてしまったのです。それからは最大限の努力をして、そのうえで結果が悪かったら仕方がないと思えるようになりました。


角田太郎(経営者)

大学を出て就職したのがCDショップのWAVEです。音楽はずっと好きでした。その後、2004年頃からプライベートでカセットテープを集め始めたんですね。その過程で海外のコレクターともつながり、アマゾンを辞めようと思ったときにはコレクションが1万本を超えるくらいになりました。ある日、そのコレクションを眺めていて、カセットを使って何かビジネスをやったら、世の中にない面白いことができるんじゃないかと思ったんですよ。