名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

マイク・マクナマラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイク・マクナマラのプロフィール

マイク・マクナマラ。「フレクストロニクス」CEO(最高経営責任者)。

マイク・マクナマラの名言 一覧

いまや技術革新や時代の変化により、世界が一変する「Disruption(破壊)」の時代。立ち止まって、考えている時間はない。


急成長したEMS(電子機器の受託生産)は、今、正念場を迎えています。ライバルの戦略を追いかけるのか、それとも業界の枠から一歩飛び出し、全く新しいビジネスモデルを自ら作り上げるか。リスクもありますが、我々は後者を選びました。


当社は「スケッチ・トゥー・スケール」を掲げています。商品のイメージを描いただけのスケッチの段階から、スケール(量産)までをサポートする、という意味です。顧客が持つたくさんのアイデアを、商品化にまで持っていくのが私たちの仕事です。


現在、受託製造を手掛ける分野は13にまで広がっています。新たに参入したのが今後9兆ドルの市場になると言われる建設・建築業界です。もちろん住宅そのものを作るわけではありません。当社に強みがあるサプライチェーンの管理ノウハウなどを生かし、建築業界向けにクラウドベースの設計ソリューションを提供していきます。最終製品の製造だけでなく、こうした設計・開発部門向け支援ツールの販売も今後増えていくでしょう。


足元では顧客の多様化を加速しています。EMS(電子機器の受託生産)は一部の大手メーカーに依存しがちで、1社の業績の変化に売上高が連動するリスクが高いことが課題でした。現在の実績を見ると、上位10社の顧客が売上高の46%を占めており、1社で10%を超える顧客はいません。スタートアップのような小さなビジネスを増やしていきたい。


マイク・マクナマラの経歴・略歴

マイク・マクナマラ。「フレクストロニクス」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

高畑正幸

仕事効率を高めるのはITだけではありません。アナログのノートを使うことで解決できることもたくさんある。


佐々木かをり

自分がしたいことをする時間をあらかじめ決めておき、実行していくことで、自分で自分をマネジメントしているという満足感が得られる。その満足感が、自分を良い状態へと導く。


辻庸介

日本人は誰かが「こっちだ」と言わない限り、みんなが動かないところがあります。だからリーダーシップがすごく重要なんですが、幸運なことに今のフィンテック業界は、金融庁の森(信親)長官が強力なリーダーシップを発揮されている。結果、官民学がうまく協業して、1つの方向を向いている。とても良い状況にあると思っています。


水越豊

数字を見る際、陥りがちな落とし穴は「平均」だけを見て「分布(ばらつき)」を見ないことです。平均が悪いわけではありませんが、多くの場合、ヒントが潜んでいるのは分布です。クラスの平均点が50点だったとしても、100点と0点の生徒がそれぞれ10人ずつなのか、30点から70点の間に散らばっているのかによって、先生がとるべき教え方はまったく異なるでしょう。「どんな分布でこの平均値になっているのか」を考えることが大切です。


高井英幸

30代って生意気じゃないと駄目だと思うんです。生意気は自信がなければできないし、能力がなければできない。僕は生意気な部下にはどんどんボールを放りますよ。そんな生意気いうなら、やってみろと。そうされることで、生意気な奴はますます力をつけていくのです。最初から自信のなさそうな部下には、誰もボールを投げません。だから30代は生意気な方がいいんです。


斎藤敏一

なんでも自分の言いなりになる上司は、メンター(師)ではありません。私も、メンターから逆に試練を与えられたこともあります。そういう人だからこそ、困ったときに判断を仰ぐに値するのです。


斯波義将

人目のないところでも垣根や壁を人の目と心得て不作法なことをしてはいけない。


綾辻行人

(『深泥丘奇談』は)オチのない話を書いてみる、というところからスタートしたんです。僕が書いてきた小説はミステリにしろホラーにしろ、何かしらの「解決」があるんですね。それをあえて排除して、オチのつかない投げっ放しの小説を、と。いつもはトリックから考えるんですが、このシリーズは真逆。こんな景色が出てきたら「変」だろうな、というところから作りました。面妖な風景や現象を思いついたら勝ち、みたいな。読者にどう受け止められるか不安だったんだけど、意外に好評でした。


リンダ・グラットン

グローバル化によって世界の様々な人たちが繋がれば、意思決定が複雑になり、企業の成長を阻害します。それを防ぐためにグローバル企業が実践しているのが「経営陣のスリム化」です。例えばユニリーバでは7人以上は増やさないと決めています。


嶋津良智

一般的にコミュニケーションは時間よりも回数が重要だと言われています。たとえば60分1回、膝をつきあわせて話し合うより、10分の軽い面談を6回やったほうが関係は深くなります。上司は、毎日少しずつでいいから部下と直接顔を合わせて会話をする機会をつくるべき。継続していけば、そのうち部下も本音を漏らすようになるでしょう。


古沢良太

人とワイワイやったり、人と関わったりすることも大事だけど、一人で自分の世界を掘り下げて、他の人が届かないところにまで届かせる、そういう時間をたくさん持てた方がいい仕事ができるんじゃないかな。


澤田秀雄

おそらく、実験を通して問題点がいっぱい出てくると思います。でも、実用で使ってみないと、何を改良すべきか見えてきません。研究段階ではよくても、いざ実用に振り向けてみると、使えない機能や技術がたくさんありますよね。だから、開発を担当している企業さんには、どんどん実証実験してくださいと言っています。