名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

マイク・マクナマラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイク・マクナマラのプロフィール

マイク・マクナマラ。「フレクストロニクス」CEO(最高経営責任者)。

マイク・マクナマラの名言 一覧

いまや技術革新や時代の変化により、世界が一変する「Disruption(破壊)」の時代。立ち止まって、考えている時間はない。


急成長したEMS(電子機器の受託生産)は、今、正念場を迎えています。ライバルの戦略を追いかけるのか、それとも業界の枠から一歩飛び出し、全く新しいビジネスモデルを自ら作り上げるか。リスクもありますが、我々は後者を選びました。


当社は「スケッチ・トゥー・スケール」を掲げています。商品のイメージを描いただけのスケッチの段階から、スケール(量産)までをサポートする、という意味です。顧客が持つたくさんのアイデアを、商品化にまで持っていくのが私たちの仕事です。


現在、受託製造を手掛ける分野は13にまで広がっています。新たに参入したのが今後9兆ドルの市場になると言われる建設・建築業界です。もちろん住宅そのものを作るわけではありません。当社に強みがあるサプライチェーンの管理ノウハウなどを生かし、建築業界向けにクラウドベースの設計ソリューションを提供していきます。最終製品の製造だけでなく、こうした設計・開発部門向け支援ツールの販売も今後増えていくでしょう。


足元では顧客の多様化を加速しています。EMS(電子機器の受託生産)は一部の大手メーカーに依存しがちで、1社の業績の変化に売上高が連動するリスクが高いことが課題でした。現在の実績を見ると、上位10社の顧客が売上高の46%を占めており、1社で10%を超える顧客はいません。スタートアップのような小さなビジネスを増やしていきたい。


マイク・マクナマラの経歴・略歴

マイク・マクナマラ。「フレクストロニクス」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

岡田正大

CSV(共有価値の創造)を成功させるには、自社と顧客だけでなく、公的機関や非営利組織を含めた「ビジネスエコシステム(生態系)」を築くことが不可欠。長い年月をかけて、営利非営利の垣根を超えた関係性を築くことで、他社にとって模倣困難となり、高い参入障壁を築くことができる。


森藤正浩

店舗の改装を研究するために、自分たちで飲食店をやるうと思いました。一般住宅のほか、店舗リニューアルの工事も受注し始めていましたから。


岩田彰一郎

お客様の求めるままに学習し進化する。
【覚書き:小売店の販売網が邪魔をして改革が進んでいなかった文具流通を改革し、アスクルの立上げを行った。さらにオフィス用品の通販から、オフィス工事、医療通販など業務を広げたことについて語った言葉】


伊藤雅俊(味の素)

味の素は、ふたつの分野で世界一を目指しています。ひとつは調味料とそれを生かした加工食品の分野、もうひとつはアミノ酸技術の分野です。さらに医療・健康の分野も手掛け、グローバルに事業展開をしています。


三浦善司

「この人は信頼できる」とわかれば、任せた以上黙っています。少々失敗しそうでも大事に至らなければ口出ししません。明らかに悪い方向に進んでいるとわかったときだけ、必要な人員やお金をつぎ込むようにしています。


木川理二郎

建設機械専業では危ないというアナリストもいますが、当社は建設機械しかやりません。いや、建設機械だけで十分範囲が広く、製品もマーケットもどんどん広がっています。それを証明するように、いま日立建機の市場は中国を中心とした新興国の比率が大きくなっています。


岸見一郎

人には、「すべきこと」「したいこと」「できること」という三つの課題があり、その中で今すぐに取り組めるのは、「できること」しかない。少しでも目標に近づくためには、自分の足元を見つめ、一歩でも二歩でも前に進まないといけないので、とりあえず今日できることから始めましょう。そうやって毎日を積み重ねていけば、理想を現実に変えていくことができるはずです。


井原裕(精神科医)

最も重要なのは、毎日、同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きること。1日24時間の周期に合わせて、一定のリズムで生活すること。時刻が決まっていれば、何時に寝てもかまいません。


星野佳路

私たちが世界で戦っていくときには、世界のホテルの真似ごとをしていても勝てるはずはなく、ローカリゼーションこそが我々の生きる道だと考えてきました。


永野毅

人材育成というのは、上が下を育てるというものではなくて、自分はこうなりたい、こうしたいという本人の思いが一番大事。つまり、人は自ら育つもの。


内藤忍

仕事では、重要なポイントを先に押さえて、そこを深掘りすれば、最後には形になっていきます。


奥田務

改革前に比べ、営業利益は3.3倍、経常利益は3.8倍になりましたが、一瞬でも手綱を緩めたら、すぐ後戻りします。企業風土の改革は時代の変化に対応できる力を埋め込むこと。ですから執念深く永遠に続けると宣言しました。