名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

マイク・トッドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

マイク・トッドのプロフィール

マイク・トッド。アメリカの作家。

マイク・トッドの名言 一覧

私は貧乏だったことがない。ただ金欠だっただけだ。「貧乏」とは心の有り様を言い、「金欠」とは一時的な状況を言う。


マイク・トッドの経歴・略歴

マイク・トッド。アメリカの作家。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

大半のビジネスパーソンは、40代半ばになれば、先の道筋もおおよそ見えてくるはず。「自分は経営者や子会社役員になれそうもない」と考えたら、定年後を見据えたキャリアプランを再設計し、仕事のやり方も転換すべきです。具体的には、自分の得意なスキルに磨きをかけ、社内よりも市場価値を意識して仕事をするべきでしょう。


新宅祐太郎

「利益を高めていく」という思想が企業を変えていく。


荒川静香

高速スピンはお客様からの評価がとても高く、歓声がわーっと沸き起こります。でも、選手からすると、意外と簡単な技だったりするんです。選手は簡単な技より難しいものを見せたいのですが、解説が入らない限り、その難易度がお客様にいま一つ伝わらないことは往々にしてあります。


辻野晃一郎

日本はもともと鎖国していた国です。だからガラパゴス化しやすいのは当然ですが、小さな世界の中だけで繁栄をエンジョイすることはもはやできません。いままで以上に、グローバルな視点を意識することが大切です。


張富士夫

教育と訓練は違います。教育は本を読み、先生の話を聞いて頭で学ぶことです。訓練は何度も繰り返して体験することです。人を育てるには何よりも実践が必要です。


藤森義明

GEでは、自分の可能性を引き出したいという気持ちがなくなった瞬間、後ろからヒュッと追い越されていく、ある種の競争原理が働いていることがあります。だから、誰も気を緩めない集団が出来上がっています。緩んだら会社を去るしかありません。


松﨑正年(松崎正年)

米国では2年ほど前から、当社の販売拠点とシナジー効果が期待できる地域で、IT環境の構築、インフラ管理を提供する現地企業の買収を行ってきた。複合機とITサービスをそろえることで、社内にITの専門部署を持っていない顧客に対しても、ネットワーク機能の進化した最新の複合機を提供することができる。実際、米国では複合機の売り上げの50%以上は、このようなITサービスが付随したものとなっている。


岩本貴

初めは、有志の思いやアイデアをかたちにするべく、事業を仕組み化することに頭がいっぱいで、周りから「ビジネス臭が……」と煙たがられるようなこともありました(笑)。でも、患者さんも含めて、交流する人たちからたくさんのことを教えてもらい、助けてもらって、私自身も成長できたと感じています。これからも、患者さんの声に寄り添ってケアの体制を充実させながら、社会に対して、私たちの経験や知見を発信していきたいですね。


岡野雅行(岡野工業)

「痛くない注射針」は、もう特許は切れたけど、いまだ誰も真似できない。俺しか作ることができないからさ。これが本当の特許なんだ。


寺門ジモン

ダチョウ倶楽部のなかでも、ボクは一番面白くない存在でいいんですよ。一番つまらなくて存在感のない人間でね。リーダーと竜ちゃんが気持ちよく仕事ができて、周りから「いやぁ、竜ちゃんって面白いよね」って評価されれば、ボクの勝ちでもあるんです。3人が3人とも、「面白い、面白い」となったら、どうなりますか? 面白いことでも面白く映らないじゃないですか。有吉(弘行)に「ジモンさんはダチョウ倶楽部の二軍だ」と言われても(笑)、「ハイ、二軍のジモンです」と言って笑いがとれればいいんです。どんな世界でも、華やかにホームランを打つ人がいれば、地味にバントを決める人も必要なんです。


上田哲則

従来の営業基盤である九州、さらにその先のASEANという地域を見据え、これからの会社成長の柱をそこに打ち立てることを考えた時、異口同音に皆から声が上がったのは「北九州」(に本社を移した方)が良いということでした。なぜかと言うと、いま売上高約600億円強のうちの200億円は環境ビジネスです。そうなると、我々よりも更に進んで環境未来都市として、世界に、とくにアジアにおいて非常に強い基盤を持たれている北九州市は、よく認知をしておりましたので、是非そこに本社を置いて、この地域にある企業の方々、あるいは行政の支援をいただき、我々の事業を伸ばして行こうと今回の決定に至りました。


小暮真久

英語学習では、耳ができるまでが一番つらいんです。英語が聴き取れず理解できないから、楽しくないし、モチベーションも下がりがち。しかし、いったん耳ができれば、英語が楽しくなり、習慣化しやすいはずです。僕の場合、留学先で周りの英語が理解できるようになるまでに、約半年はかかりました。このように、耳ができるまでが辛抱ですが、その期間を乗り越えるためにも、好きなことと組み合わせてみてはどうでしょう。