名言DB

9413 人 / 110706 名言

ポール・アレンの名言

twitter Facebook はてブ

ポール・アレンのプロフィール

ポール・アレン、米国の経営者、マイクロソフトの共同創業者。ビルゲイツとともに同社を世界的企業へと育て上げ財を成す。持病の悪化でマイクロソフトを退社、ポールアレン財団を創設。現在は投資会社バルカンを経営している。大リーグのシアトル・シーホークスとプロバスケットボールチームのポートランド・トレイルブレイザーズのオーナー

ポール・アレンの名言 一覧

世界初のパソコンであるアルテアのソフトウェアを開発した際、そのソフトウェアが動くのを確認した途端、ビルは次のステップである契約をどういう形で結ぶべきか考えていた。(覚書き|ビルゲイツが他大多数のプログラマと違った点は、良いプログラムを組むだけではなく、それを使ってビジネスをどう築くかということにフォーカスを当てていたという点だったようです)


後数年で全ての人が行くことができる宇宙観光は実現し、驚くべき時代となります。その時を私はとても楽しみにしています。きっとみなさんはすぐにでも宇宙に行ける事でしょう。


私はその雑誌を買って読み、ビルの寮まで走っていき、ビルに言ったんだ。おい、見ろよ、BASICですごいことをやるチャンスだぜ!(覚書き|1974年ポピュラーエレクトロニクス誌でマイコン組み立てキットを発見した時の言葉。このあとビルゲイツがBASICプログラムを完成させる。二人がPCのOS市場に参入するきっかけとなった)


ポール・アレンの経歴・略歴

ポール・アレン、米国の経営者、マイクロソフトの共同創業者。ビルゲイツとともに同社を世界的企業へと育て上げ財を成す。持病の悪化でマイクロソフトを退社、ポールアレン財団を創設。現在は投資会社バルカンを経営している。大リーグのシアトル・シーホークスとプロバスケットボールチームのポートランド・トレイルブレイザーズのオーナー

他の記事も読んでみる

廣内武

体幹を支える筋肉群を鍛えるトレーニングを、毎朝30分行っています。健康であれば頭がよく働くし、やる気が湧いてきます。


鈴木純(経営者)

事業のトップが既存事業の最大化と将来に向けての布石の両方を受け持つのが通常ですが、放っておけば未来への投資を削って、足元の収支の帳尻合わせをしてしまう。だからトップの統括は長期投資を、ナンバー2に当たる4人のグループ長が既存事業の収益性を監督する形にしました。


小池利和

メーカーは消費者に提供する商品を作っていますが、自分たちが商品について一番詳しいという「知り過ぎ」の常識から脱却しなければいけません。


佐藤優

いまの時代、しっかり自分の時間を意識しないと、どんどん他者に時間を取られてしまう。


倍賞千恵子

映画などのお芝居には演出家がいて、監督がいて、その人たちの指示に従うことが多い。そして、指示を100%、あるいはそれ以上で表現する。それがお芝居だと思っています。


小池百合子

留学先というと欧米が多いんですが、みんなが興味を持っている地域や分野は専門家も多く競争も激しい。手薄だけれども日本にとって重要なところはどこか、ということでアラブを選びました。


石川康晴

無謀な投資にならないよう、スタートアップする事業に全部キャップを付けています。例えば「KOE」なら50億円のキャップです。累積赤字が50億円出た段階で、どんなに将来性があっても、そこで終わりです。直営店も2年赤字で退店です。すべての事業が同様で、R&Dにどんどん突っ込み、店も拡大しても、ここまで来たら畳むと決めてある。だからこそ思い切り走ることができるのです。


干場弓子

社長の言動は自分が思う以上に社員に影響を与えている。


宮村眞平

ビジネス環境を先読みする力を身につけるために、従業員にはときに「他流試合」が必要です。製品は営業担当者だけで売るものではありません。つくる人も顧客の方を向くべきです。そして新事業を立ち上げたり、他社と提携を進めたりすることが、株主や取引先に満足感を与えます。


前村哲路

ダイエー、マイカル、長崎屋、そのほか各社の失敗の原因は全国展開にあるというのが私の仮説です。ユニーは中京圏を軸とし、1府19県以上には広げません。経営者の目が届く、身の丈に合った経営の方が利益を稼げます。そのかわり、他の地域では他社と組むことで利益を取り込みます。


小寺春樹

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。


波頭亮

成長することに執着する人は食らいついてくるし、必ず伸びますね。


森健次朗

集中するためにまず大切なのは、「うかつに勉強を始めないこと」です。直前まで取り組んでいたことや、勉強の前に起きた出来事を引きずったまま机に向かっても、集中できるわけがないからです。そこで重要になるのが、勉強モードにスイッチを切り替えるための「儀式」です。参考になるのは、アスリートが試合中に行なうルーティンです。野球のイチロー選手は打席に入ったとき、ピッチャーに向けてバットを立てるというルーティンを行ないます。自分の中で勉強前のルーティンを作っておくと、それを行なうだけで自然と集中力のスイッチを入れることができるようになります。


大山健太郎

数字的にどれだけ業績を上げたかということは、評価の半分にしか反映しません。なぜなら、たまたまいいお客さんに当たったりヒット商品に恵まれたりしただけで、その年の数字はボンと上がってしまうからです。ですから数字的な業績は半分だけにして、残りの半分は仕事の能力の高さや意欲を評価するようにしています。


豊田圭一

早めに提出した方がフィードバックを受けやすい。僕は単純に仕事が早くできたわけじゃなくて、自分が楽をするために、できる範囲でさっさと出しちゃう。ただそこで1つ必要になってくるのは、チャチなプライドを捨てること。「おまえそんなのしかできていないのか」と言われる可能性もありますが、そこは甘んじて受け入れます。後は、早く返した方が、クオリティが少し低くても許してもらえるんじゃないかという、弱い気持ちなんですよ。さっさと提出していたら、先方も「ここはもっとこうして欲しいな」と言える余裕がありますし、こっちにとっても楽ですよね。