ポール・アレンの名言

ポール・アレンのプロフィール

ポール・アレン、米国の経営者、マイクロソフトの共同創業者。ビルゲイツとともに同社を世界的企業へと育て上げ財を成す。持病の悪化でマイクロソフトを退社、ポールアレン財団を創設。現在は投資会社バルカンを経営している。大リーグのシアトル・シーホークスとプロバスケットボールチームのポートランド・トレイルブレイザーズのオーナー

ポール・アレンの名言 一覧

世界初のパソコンであるアルテアのソフトウェアを開発した際、そのソフトウェアが動くのを確認した途端、ビルは次のステップである契約をどういう形で結ぶべきか考えていた。(覚書き|ビルゲイツが他大多数のプログラマと違った点は、良いプログラムを組むだけではなく、それを使ってビジネスをどう築くかということにフォーカスを当てていたという点だったようです)


後数年で全ての人が行くことができる宇宙観光は実現し、驚くべき時代となります。その時を私はとても楽しみにしています。きっとみなさんはすぐにでも宇宙に行ける事でしょう。


私はその雑誌を買って読み、ビルの寮まで走っていき、ビルに言ったんだ。おい、見ろよ、BASICですごいことをやるチャンスだぜ!(覚書き|1974年ポピュラーエレクトロニクス誌でマイコン組み立てキットを発見した時の言葉。このあとビルゲイツがBASICプログラムを完成させる。二人がPCのOS市場に参入するきっかけとなった)


ポール・アレンの経歴・略歴

ポール・アレン、米国の経営者、マイクロソフトの共同創業者。ビルゲイツとともに同社を世界的企業へと育て上げ財を成す。持病の悪化でマイクロソフトを退社、ポールアレン財団を創設。現在は投資会社バルカンを経営している。大リーグのシアトル・シーホークスとプロバスケットボールチームのポートランド・トレイルブレイザーズのオーナー

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

当時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。成功者であることの重さが、再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。何事につけても不確かさは増したが、私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた。


山元賢治

外資系の社長をやっていると、100通のメールが来たら、そのうちの90通は、できれば開きたくない内容です(笑)。でも私は、イヤなメールほど先に開いて、早く解決してきたからこそ、生き残ってこられた。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


稲盛和夫

想定外の事態が起こったときに、その後、復活していくのには、その組織の末端が元気に生きていることが大事。トップの脳神経が壊れれば手足が麻痺するというのではなしに、それはもう下等生物みたいに、腕や足が切れても腕や足そのものが動いているということがありますね。つまり、全てが、全組織が生きているという状態であれば、想定外の事態に遭遇しても、それぞれが自発的に対処し動いてくれますから、復旧も早い。


三枝匡

私が効率よく問題点を探すことができた理由は簡単です。問題を整理するためのフレームワークを持っていたからです。事業再生の経験で、病気の事業の原因を見極める目が肥えていたのです。すなわち、過去の経験を「経験談」ではなく、フレームワークの形で蓄積していたことを意味します。行く先々で「このフレームワークが合うかな」と引き出しから出して、眼前の状況に当てはめていき、正常と異常の判定を次々と繰り返していったということなのです。


吉田和正

グローブ(インテル創業者アンディ・グローブ)に対して、「ご期待に沿えるように」なんて言うと、「なんだそれは」とまたキレられる。自分が聞きたいのは、「期待を越えます」だと。みんな歯を食いしばって、「どうやったらその期待に応えられ、さらにその期待を超えられるのか」と考え、実行する。この状況に、私自身、「慣れた」という気持ちを持ったことは一度もありません。上がり続けるバーに対峙する文化。そのバーを超えることをスタッフにも期待しています。


名越康文

「自分はこんなに頑張ってるのに評価されない」「頑張るだけの意味がある仕事だろうか」と、会社や周囲のせいにする人が多い。これを「他罰的な怒り」といいます。そのような心理を急に好転させるのは難しい。だから、仕組みを作ることが大事で、日々の習慣にひとつ新しいことを取り入れるだけで十分。


能町光香

心がけるべき「コミュニケーションの習慣」は「相手を観察すること」。いくら世代が違っても、相手の感じ方や価値観を知れば、どう接するべきかの答えはおのずと見えてくる。


池田義博

私も車のキーやテレビのリモコンの置き場所を忘れることはよくあります。こんなときはたいてい、考え事をしていたり、何かに気をとられたりしています。記憶力の大会でも、周囲の雑音に気を取られているときは課題がまったく頭に入ってこなくなります。覚えようとする意志は、集中力とも言い換えることができるのです。暗記の集中力を高めたいとき、私が行なうのは「腹式呼吸」。お腹を膨らませながら深く吸って、ゆっくりと息を吐き出すことを繰り返すうちに、心の緊張や滞りが解けて、目の前のことに意識が集中できるようになります。


須田健太郎(経営者)

欧米向けと同じ感覚ではアジアの観光客は取れない。


森本千賀子

私の場合、子供と一緒に過ごす時間は普通のお母さんの半分程度しかないので、その時間の質をいかに上げるかを考えます。私の母も働いていたのですが、思い返すと母は、授業参観や展覧会などの学校行事は、どんなに忙しくとも必ず来てくれていました。私自身、いまだにそのことを覚えていますから、学校行事には必ず参加しています。


知識賢治

トップが掲げる正しい戦略や情報を、いかに正確にスピーディーに組織の隅々にまで伝えるか。それが会社という組織が成功するためには欠かせないこと。


観世清和

人は年齢を重ね、様々な経験を積むと、「自分は大変頑張って、ひとかどの者になった」と思いがちです。「今まで見えていなかったものが見えてきた」という感覚になってしまいます。しかし、それは謙虚さが失せるということです。自分の未熟さに気づくためには、謙虚に周囲の声に耳を傾け、他人芸を観察することが欠かせない。


新田信行

当組合に来てから、金融業界をメガバンクの立場だけでなく、信組の立場と両方から見ているわけです。金融業界としてできていない部分、もっと頑張らなければならない部分が非常によく見えてきました。


佐々木かをり

私は毎朝、だいたい4時に起きています。それから原稿を書いたり、経営のことを考えたり。昼間はどうしても来客や会議の予定が入ってしまうので、一人でじっくり集中して考える仕事は、やはりこの時間帯が最もはかどります。


ページの先頭へ