名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ポール・J・マイヤーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ポール・J・マイヤーのプロフィール

ポール・J・マイヤー。アメリカの自己啓発家。カリフォルニア州出身。保険のセールスで財を成し、自身の成功哲学をプログラム化。サクセス・モティベーション・インスティチュートを創立。著書に『モティベーション日記 夢を実現する戦略的生き方の極意!』『成功への25の鍵』『ワールド・オブ・サクセス 世界各国の成功者たちの物語』。

ポール・J・マイヤーの名言 一覧

君の人生は、君の思い描いた通りになる。


ポール・J・マイヤーの経歴・略歴

ポール・J・マイヤー。アメリカの自己啓発家。カリフォルニア州出身。保険のセールスで財を成し、自身の成功哲学をプログラム化。サクセス・モティベーション・インスティチュートを創立。著書に『モティベーション日記 夢を実現する戦略的生き方の極意!』『成功への25の鍵』『ワールド・オブ・サクセス 世界各国の成功者たちの物語』。

他の記事も読んでみる

大西洋

変わらなければ生き残れない。強い危機感を抱き、根底からビジネスモデルを見直しました。百貨店不振の真因は、同質化と販売力の低下にあります。同質化を裏返すと独自性。そこで独自性を磨き、販売力を取り戻すための改革に着手したのです。


杉本隆一郎

現在はエンタテインメント系やビジネス系など様々なオンラインサービスが出て来ているので、欲を言えば、そうした新しいものを一通り触っておきたいです。ユーザーにとって何がどれだけ面白く、それを手がける会社はどうやってマネタイズしているのかが、気になりますね。


寺門ジモン

今52歳の私が育ってきた日本は、世界に類を見ない平和な国でした。でもこの先それでは済まないことは、様々な識者の予測が、そして私の野性の勘が告げています。ならば一瞬一瞬を大切に、今できることを全力でやっていく。そういう人生の楽しみ方をするしかないじゃないですか。私はそれこそが最も有効なサバイバル法だと思いますね。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

ダイバーシティーが「無秩序」になってはいけません。ダイバーシティーを推進しつつ、同時に極めて明確なゴールを持つべきです。


小山昇

残業削減にも、ずいぶん取り組みました。昔はバリバリ仕事をするのがよしとされていました。ハードな経験を通して鍛えられ、ダメな社員も一皮むけて成長を遂げました。過去ならそれで通用したでしょう。しかし、今の若い人は、それではついてきません。私は学生に聞いてみました。「仕事はキツいけど給料が高い会社と、残業はないけど給料がほどほどの会社と、どっちがいい?」みんな後者を選びました。これが世の中のトレンドです。だから武蔵野は、若い人の考え方に合わせて残業をしない方針に変えました。


堀之内九一郎

私と太くつながっている人たちは謙虚に真剣に相手の話を聞き、それを実行に移す人ばかり。「いわれた通りにやってみたら、こうなりました」と結果も伝えてくれる。そうなったら「もっとこうしたほうが……」と、こちらもさらに真剣味を増していく。


金子和斗志

東証一部上場は20年来の夢で、それが果たせたことはうれしいのですが、最近もっとうれしいのは、社員が皆、笑顔いっぱいで楽しく前向きに働いてくれていることです。


安田佳生

過去の歴史の流れを知るうちに、「どんなに世の中が変化しても、正しい思想や価値観は変わらない」ということでした。いまは魅力あるビジョンや人望より、金儲けのスキルがある経営の方が業績を上げていたりします。しかし、私は、これから成功する経営者はもっと別の方向に向かうと信じています。


小飼弾

ビジネス文書は、たいてい読み手が限られています。ただ、その場合も相手の想定は一人に絞った方がいい。たとえば部長に企画書を提出するなら、部長に向けて書くべきです。そのあと、本部長、役員が読むかもと考え始めるときりがありません。目の前の人を説得できずにその先にいる人を説得できるはずがありません。遠くを見すぎては駄目です。まず目の前の相手に語るべきです。


荒井正昭

営業現場で活動する社員には徹底したお客様目線が求められます。特に不動産仲介の現場では、知識や経験以上に、お客様のために一生懸命汗をかけるかどうかが成果に直結します。だからこそ、正直に頑張る人材は広く受け入れ、どの社員にも平等に成長の機会を与えます。


池野隆光

一部店舗にはコミュニティースペース「ウエルカフェ」を設置し、地域のサークル活動などに無料で開放しています。また、当社の薬剤師や栄養士が薬や食事の相談会を開き、プロとしての腕を磨いてもらう狙いもあります。


歌田勝弘

企業理念の確立は、トップ・マネジメントの仕事。
【覚書き:社長は企業文化を作ることに腐心しなければいけないという自信の経営哲学を語った言葉】